閉じる

From Editors
- No.051 2018年10月号(2018/8/25発売)

30 UNDER 30
世界を変える「30歳未満30人の日本人」

2018年10月号の見どころ

FEATURE STORY
30 UNDER 30 世界を変える「30歳未満30人の日本人」

Forbes US版が2011年からスタートした、各界で活躍する30歳未満のイノベーターを表彰するアワード「30 UNDER 30」。アートからテクノロジー、音楽、サイエンス、スポーツ、フード、社会起業家に至るまで、毎年20カテゴリーごとに30人、計600人の「次代を担う若者」を選んでおり、Forbesの名物企画となっている。

今年、Forbes JAPANは初の「30 UNDER 30 JAPAN」を開催する。1年目は、「アート」「エンターテインメント&スポーツ」「ビジネスアントレプレナー」「ソーシャルアントレプレナー」「ヘルスケア&サイエンス」の5つのカテゴリーで計30人を選出した。

いまのU30たちが何を大事にし、何に疑問を感じ、世界をどう変えたいと思っているのか──。この特集で届ける30人のストーリーと彼らのビジョンは、世代を超えてインスピレーションを与えてくれるはずだ。

ORONO NOGUCHI
ロンドン発、超多国籍バンドを率いるクレイジー18歳

「I’m not a Japanese!」 フジロックフェスティバル、入場規制がかかった超満員のステージ上で、野口オロノはそう叫んだ。

オロノは、ロンドンを拠点に活動するバンド・スーパーオーガニズムのボーカルを務める。父の影響で幼少期からアメリカ文化に多く触れ、中学生の時に渡米。日本で生まれた彼女が、なぜロンドンで多国籍バンドを組み、音楽活動をしているのか。そこには、父のユニークな教育方針があった。

SHOHEI YASUDA
「発酵食」で世界へ。
27歳シェフが営む“カビ”という名の料理店

国内外のミシュランレストランで修業を積んだ気鋭のシェフ・安田翔平が開いた「kabi」。「一皿ごとに会話が生まれる」というこの料理店は、いかにして生まれたのか。小説家の二宮敦人が綴る。写真は、発酵食材を染料に使用した古典技法「サイアノタイプ」で制作。

YUSUKE HORIE
「すべては作戦でした」
ヤフーと組むことにした新世代起業家の告白

世界No.1になる、1兆円企業を目指す──。メディアでは常に大きな目標を語ってきた、料理動画サービス「クラシル」を運営するdely CEOの堀江裕介。スタートアップ業界でも有数のビッグマウスとして知られるが、その本心はいかに。

THE YOUTH LEGEND
ザッカーバーグからケンドリック・ラマーまで
「世界を変えた20代」列伝

FacebookからAirbnb、InstagramにSpotifyまで。多くの人々が普段使っているアプリやサービスの多くは、U30の頭の中から生まれたもの。20代で世界を変えた8人を、豆知識と共に一挙ご紹介。

その他特集記事

・ENTERTAINMENT & SPORTS
 CHAI|井上尚弥|サニブラウン・アブデル・ハキーム|新田真剣佑|南谷真鈴
・THE ARTS
 YOSHI|井田幸昌|奥山由之|ノガミカツキ|吉田志穂
・BUSINESSES ENTREPRENEURS
 松井友里|内藤 聡|工藤慎一|加藤將倫|加藤直人|大山敏浩
・SOCIAL ENTREPRENEURS
 渡部清花 疑うことより信じることを。日本の難民を救う「ウェルカムの魔法」
 永井陽右|李炯植|久世大亮|川口加奈
・HEALTHCARE & SCIENCE
 西田 惇 身体をハックするテクノロジーで「人間の想像力」を拡張せよ
 風間正広|伊藤光平|片野晃輔|亀井 潤|和田夏実
・「30 UNDER 30」憧れの人・座右の銘・バイブル
・最年少は12歳起業家!スーパー・ティーンエイジャー15人
・アドバイザリーボード15人が20代で学んだこと

FOERBES SPOTLIGHT 1
やがて、コンテンツは「テンセント」に呑み込まれる

FOERBES SPOTLIGHT 2
探訪! 世界のイノベーションハブ

FORBES FASHION
Mr. Forbesの注目すべき靴・鞄

その他おすすめ記事

・探訪「PITTI IMMAGINE UOMO 94」
・世界最大級の起業家アワード なぜ一流は「共創の精神」を語るのか
・名店で味わう 夏のカクテル最前線

人気の連載記事

PEOPLE
・10年後のリーダーたちへ:高岡浩三 「新しい現実」を見よ
・私がこの起業家に投資した理由:中野慎三 → 劉 延豊 「視聴質」でテレビ業界の世界標準を
・イノベーション女子:加藤史子 無料SIMカードが救う「地域活性 訪日客」

OPINION
・編集長コラム:フォーブス女性特集に想うこと
・川村雄介の飛耳長目:日銀と中国の「五十歩百歩」
・伊藤隆敏の知彼知己:日米貿易戦争「4つのシナリオ」
・田坂広志の「深き思索、静かな気づき」:人類の幼年期の終わり

FORBES LIFE
・時の哲学:一生使い続けたい「機能美」 西野伸一郎
・美酒のある風景:エドワード7世に捧げられたジンジャー・リキュール
・紳士淑女の嗜み:冒険家のごとく、香りは探すもの 小暮昌弘 ✕ 森岡弘
・クルマの名鑑:2018年、最先端のテクノロジーにより進化した新型「G-Class」

INNOVATION
・電通BチームのNEW CONCEPT採集: ショートショート発想法──自分で描く物語から、未来を切り開く
・輝け!スモール・ジャイアンツ:エネフォレスト──紫外線で浮遊菌と戦う「空気の番人」

MONEY & INVESTMENT
・小山薫堂の「妄想消費」:心をつなぐ伝統芸能
・藤野英人の「投資の作法」:日銀「33兆円過大計上」問題で見えた“貧困化”する日本

BUSINESS FORECAST
・英国の聖地グッドウッドはポルシェ70年の轟音と速度で盛り上がる
・BoxとDropboxのどちらが上か、そろそろ決着をつけよう
・進む規制緩和に法整備。ビジネスジェットは日本の空を変えるか
・スキル向上も働き方改革もテクノロジーが叶える
・3.8兆円のリチウム電池市場に挑む元テスラ社員

LIFE STYLE&IDEA
・東洋医学のブラックジャック「幸せの処方箋」:中国最古の医学書が説く宇宙とのつながり 桜井竜生
・社長の生活考察―発想力の源を探る:視野を自在に操れると発想力が高まる 高橋祥子
・元GSバンカー、世界のゴルフ場を行く:ロイヤルを冠したリンクス 小泉泰郎
・成果を出すためのグルーミングアイテム:くすみを払拭する 高橋和義
・CEOがすすめる一冊:1,000個ある経営地雷の予習 杉山智行

CHARMING CHAIRMAN
・薮崎真哉 ジールホールディングス代表取締役 / プロサッカー選手から経営者へ。自身の後悔を若者を救う力に変えて

CLOSE UP&INFORMATION
・中小企業変革の鍵を握る家業イノベーションラボとは?
・ダイヤモンドがテック化する日本発のラボグロウンダイヤモンドの衝撃
・「アクティブライフ」という独自の着眼点でウェアラブルの急先鋒となった男
・銀座 日新堂。3つの“究極”が集まる時計店
・年ごとにスーツを新調!レナウン発、スーツの月額サブスクリプション「着ルダケ」が本格始動
・スイスの名マニュファクチュール、IWCが大阪・心斎橋に直営ブティックをオープンした理由
・「世界の発展と平和を担う人財」国際青年会議所のリーダー候補が姫路に集結

BUTTERFLY DOCTRINE
ブラックアウトした東京で、新たな「創造主」になるべく動き始めた最悪最強の女、運天亜沙美
バタフライ・ドクトリン 胡蝶の夢 波多野 聖

今なら最大50%オフの定期購読がお得。ぜひお買い求め下さい!