Forbes Japan

  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE

イノベーションの新聖地TEXAS

全米で最も雇用が増加している街はどこか。答えはテキサス州・ダラスだ。2014〜15年の1年間の新規雇用数はシリコンバレーの中心地であるカリフォルニア州・サンノゼを上回った。また、テキサス州の州都であるオースティンからは注目のスタートアップが続々と誕生している。なぜ、イノベーターたちはカリフォルニアでもニューヨークでもなく、テキサスを目指すのか。その理由を探った。

Dallas

北米拠点を置く日本企業、急増中

なぜ、ダラスに北米本社を置く
日本企業が急増しているか

COMING SOON

Austin

ポスト・シリコンバレーの筆頭格

スタートアップの新聖地を支える
「4つのコラボラティブ精神」
COMING SOON
バス版ウーバー、VR分析サービス…
注目のスタートアップ5選
COMING SOON

Other Stories from Texas

Reavans Voice

海外不動産投資の新たなトレンドとなるか?
いま、知っておくべきアメリカ不動産の魅力を紹介する。

アメリカ中古不動産の流動性を支える2つの安心
日本で不動産投資を行う場合、物件の価値は築年数によって大きく左右されるが、アメリカでは、築年数よりもその物件が建てられている周辺環境によって不動産の価値が決まる。ゆえに都市開発が進み、治安に優れたエリアは、築20年、30年の物件がリフォーム、リノベーションの繰り返しにより、新築物件と何ら変わりない価値を維持し続けることが可能となる。
READ MORE
数字で読み解く「不動産投資でアメリカが選ばれる」
3つの理由
不動産投資の潮流が、日本国内への投資から海外を含めた分散投資へと変わりつつある。海外への不動産投資先として、まずは人口の増減、経済成長率が投資判断の一つの目安となるが、リーバンス・コーポレーションCHAIRMAN/NICK ICHIMARU は、そこにこだわり過ぎてはいけないと言う。その上で絶対的投資先として、以下3つの理由からアメリカを挙げた。
READ MORE
企業と人の動きで知るテキサス不動産投資の魅力
海外不動産をポートフォリオに組み込む投資家が増えている。そのなかでも人気エリアとなっているのがアメリカだ。成長性、透明性、税制優遇など、アメリカの不動産ならではのメリットを、現地物件を数多く扱うリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN/NICK ICHIMARUに聞いた。
READ MORE