#1

Mobile Internet Capital

HASHILUS

VRの突出企業に見た可能性

ハシラスは施設型VRの企業としてその名を業界に轟かす。大手コンテンツメーカーとの協力によりさらに成長を加速する同社に、モバイル・インターネットキャピタルは可能性を見出した。
超個性派といえるハシラスの社長は、まったくベンチャーキャピタルの存在を重要視してはいなかった。しかし、現在この2社は阿吽の呼吸で見事なタッグを組んでいる。
果たしてお互いはその存在をどう捉えているのか?ハシラスの本社に押しかけ、その真意を聞いた───。

#2

ZIG-ZAG

#1

HASHILUS

#2

Mobile Internet Capital

ZIG-ZAG

日本のECを世界企業に変える野望

日本のECサイトには、事業規模の大小を問わず、年々多くの「海外から」のアクセスがある。ジャパンカルチャーはもとより、日本人が普段購入する「信頼できる商品」を求め、ワールドワイドウェブの名の通り世界中の多くの人が食指を伸ばすのだ。しかし、ほとんどのECサイトは海外からの注文や発送に対応できていない。すでに海外に支社や代理店など販売網を持つ大手でさえも全商品・全種類を展開できてないし、小規模店は問い合わせに困ると言っても過言ではない。この現状を「たった1行のJavaScript」で解決した男がいる。