• 人の間に入り、寄り添う ささやかな理想形の追求

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。「私の名義で住宅ローンを組んで、建てました」と、今年5月にオープンしたばかりの真新しいシェアハウスでそう説明する加藤木桜子に自宅のことを聞くと、彼女は苦笑 ...

  • エクストラ世代の自信が、失敗を成功に導く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。欧米のミレニアル世代は、自分のことを「エクストラ」と表現するという。スペシャル(特別)のさらに上、特上という意味だ。あるがままの自分を愛すことは自信となり ...

  • 紛争地帯から転身、休息を経て思い描く「平和のビジネス化」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。瀬谷ルミ子は「武装解除人」と呼ばれることに違和感をもっていたという。彼女は20代からNGO、国連PKO、在外大使館を職場とし、武装解除のプロとしてルワンダ ...

  • 先延ばしをやめた時に始まった、原点回帰からの快進撃

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。仲本千津は2015年にRICCI EVERYDAYを創業した。同社は、原色を大胆に使った、色鮮やかなアフリカンプリント布のバッグをウガンダで生産し、日本で ...

  • 男の同僚が先に昇進する本当の理由

    Adunola Adeshola ,

    あなたは、これまでにさまざまなプロジェクトに名乗りを上げ、一生懸命働き、一貫して成果を上げてきた。自分は目覚ましい活躍をしてきたとさえ自負できるほどだ。それでも、喉から手が出るまで欲しかった昇進は与えられなかった。そして今、あなたは自分が正当な評価を得ていないと感じていら立ちを募らせ、何がいけなかっ ...

  • 教育にイノベーションを!留学から始まったダイバーシティと自分探し

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。2017年度学部入学の合格率はわずか2%以下。14年設立だが、ハーバード大学よりも難関と言われるミネルヴァ大学大学院。橋本智恵は17年からデータサイエンス ...

  • 5年後から逆算、証券会社役員を辞め医療系スタートアップへ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。2017年2月。高岡美緒は8年勤めたネット証券大手、マネックスグループ執行役員新事業企画室長の職を退き、休職に入った。半年後に高岡が復帰したのは、長年歩ん ...

  • 「VERY」編集長が語る、30〜40代女性のリアル

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    街を歩く女性たちの声に直接耳を傾けては、いまを切り取り、時代を読む。徹底した読者調査によってヒット企画を連発してきた「VERY」編集長の今尾朝子が語る、30〜40代女性のリアルとは。行部数24万部を誇る女性ファッション誌「VERY」。2007年に35 歳の若さで社内初の女性編集長に就任した今尾朝子は ...

  • 世界で最もパワフルな女性たちの「気づき」の瞬間

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    多くの転機や困難な壁、子育てのカオスを潜り抜けたしなやかな筋肉は、イノベーションに必要な創造性と生産性に満ちている。輝く女性たちを世界中に追い求め、4度目を迎えるフォーブス ジャパンの女性特集では、仕事で人生で、多くの選択を迫られる女性たちの「判断軸」にフォーカス。そう、100を超える女性たちの「気 ...

  • 「コピー取りも世界一の努力を」日本人の父と母の教え

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米フォーブスの「最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング」に2年連続リスト入り。女性ベンチャーキャピタリスト、アン・ミウラ・コーは、いかに「ワールドクラス」になったのか。イェール大学で電子工学を学ぶ19歳のアンは、ある時、コピー取りのアルバイトをしていた工学部のオフィスから、講演に訪れたあるビジネ ...

  • 大自然の中の過酷な旅、過去を生き直す女性の実話

    大野 左紀子 , Official Columnist

    例年にない猛暑に見舞われた今夏、まだしばらく残暑は続きそうだが、お盆休みの旅行を返上し、今月の連休にレイトサマーを楽しもうと計画している人もいるのでは? 夏休みも終わり落ち着き始める国内観光地、早くも秋の訪れが感じられるヨーロッパ、南半球の島々はこれから春のバカンスシーズンだ。レジャー目的ではなく、 ...

  • 七大陸最高峰登頂を果たした21歳がこれから目指す先 #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    七大陸最高峰登頂に、北極点・南極点の到達を加えた「エクスプローラーズ・グランドスラム」という偉業を成し遂げた、南谷真鈴。20歳112日での達成は、世界最年少記録となった。若くして世界の頂点に登り詰めた南谷は、これから何を目指すのか。冒険家ではなく、早稲田大学に通う学生だからこそ掲げるこれ ...

  • おっちゃんたちとつくる、ホームレス状態のない日本 #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    8月25日発売号「30 UNDER 30 JAPAN」にて、「ソーシャルアントレプレナー」部門で受賞した川口加奈。14歳でホームレス問題に出合い、19歳で「ホームレス状態を生み出さない日本に」をテーマに、支援団体Homedoorを大阪で立ち上げた川口加奈。ホームレスの人たちがもつ自転車修理のスキルを ...

  • 仮想通貨の荒波をサバイブした女性投資家が見据える未来

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    過去4年間の仮想通貨分野を振り返ると、市場は乱高下を繰り返す激しい荒波のなかにあったといえるだろう。しかし、そんな状況下でも自分の信念を貫き、生き残ってきたベンチャーキャピタリストがいる。その一人にあげられるのがニューヨーク本拠の「フューチャー・パーフェクト・ベンチャーズ(FPV)」の創業者、ジャラ ...

  • AI活用で「誤診が少ない」乳がん検査を実現、インドを救う女性起業家

    Suparna Dutt D'Cunha , Contributor

    がん診断の領域は進化を続け、変化し続けている。だが、画像やデータの分析は時間と高度な知識を持った専門家のスキルや判断力を必要とすることから、診断医らは依然として、需要への対応に苦労している。そうしたなかで、診断にかかる時間を大幅に短縮し、より正確な判断を下すことを可能にしたのが人工知能(AI)、また ...

  • 中国人富豪はクレイジー? アジア系映画が全米で大ヒットした理由

    岩坪 文子 , Forbes JAPAN 編集部

    8月15日に全米で公開した映画、「Crazy Rich Asians」(邦題:クレイジーリッチ!)が話題を呼んでいる。公開初週は動員数1位で興行成績は3400万ドル(約36億円)を突破、通常2週目の動員数は大幅に下がるのにもかかわらず、本作品はわずか4%の落ち込みだ。ハリウッドでは「ジョイ・ラック・ ...

  • 女性が活躍する社会、「叶えるのは起業の道」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    女性活躍推進法が成立して間もなく2年となる。同法は、大企業に対して女性活躍のための数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表を義務付け、女性役員や経営幹部の登用を奨励している。一方、日本の女性役員の数は3%台で、10%以上を保つ先進諸外国との差は大きいままだ。世界経済フォーラムが毎年発表している男女格 ...

  • じつは貴重な期間限定? 人を惹きつける「改装中」の遊び心

    山田 茜 , Official Columnist

    松屋銀座店の向かいに位置する、シャネル銀座。改装中の店舗の1階が、パリ・カンボン通りにある本店を思わせるチャーミングな空間になっているのをご存知でしょうか?壁面や床には、カンボン通りをイメージした白と黒のイラストが描かれており、銀座中央通りから一歩足を踏み入れると、そこはまるでパリ。実際にベンチが置 ...

  • スマホで綺麗な写真が撮れる時代に、私が写真を撮る意味 #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「人生で何かに熱中したことがなかった私が、はじめて熱中できるものを見つけたんです」──。クールな容姿で嬉しそうに写真への愛を語るのは、26歳の写真家、吉田志穂。1992年に生まれ、インターネットと共に育った彼女は、大学生の頃に「インターネットで検索した写真と自分で撮る写真の違いはどこにあるのか?」と ...

  • 現役東大女子が挑む、スマホ世代のコスメ市場 #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Forbes JAPANは、次世代を担う30歳未満のイノベーター30人を選出する特集「30 UNDER 30 JAPAN」を、8月22日からスタートしている。「Business Entrepreneurs」カテゴリーで選出された、AppBrewの松井友里。同社が運営するコスメのコミュニティアプリ「L ...