• 使うほどに得をする? 中国AIスピーカーのユニークなアイデア

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    人工知能とブロックチェーンを組み合わせたサービス構想が次々と発表されているなか、中国では、家庭用AIスピーカーというハードウェアまで組み合わせたサービスが提供開始されている。中国・チーターモバイルは先頃、「AI BlockChainプロジェクト」を通じて開発した家庭用スピーカー「小豹AI音箱」を販売 ...

  • ブロックチェーンが抱える5つの課題、データ消失の懸念も

    John Villasenor ,

    筆者はブロックチェーン技術の信奉者だ。中央集権型システムから分散型ネットワークへ移行し、高い信頼性を実現するというコンセプトは非常に説得力がある。ブロックチェーンは、ファイナンスやデジタル著作権管理、投票システム、サプライチェーンマネジメントなど幅広い分野に多くのメリットをもたらすだろう。その一方で ...

  • スパムの標的にされた「4300万件のEメールアドレス」が流出

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    サイバー犯罪者たちは特定のサーバーを用い、大量のスパムメールを送りつけている。セキュリティ企業の「Vertek Corporation」は怪しいサーバーを調査する過程で、膨大な数のEメールアドレスが無防備な状態で置かれているサーバーを発見した。そのサーバーはIPアドレスさえ入力すれば、保管されたEメ ...

  • 「残業監視ドローン」のスタートアップが示した日本の現実

    Tim Romeo ,

    日本企業の残業時間の長さは世界的に有名だ。従業員が深夜までオフィスに居残り続ける光景は日常的になっている。日本のドローン関連のスタートアップ「ブルーイノベーション(Blue Innovation)」はテクノロジーの力でこの課題を解決しようとした。同社のドローンを活用した残業監視サービス「T-FREN ...

  • 「地球外生命体」が居るかもしれない53の惑星のカタログ

    Bill Retherford ,

    地球外生命体がいるかもしれない「系外惑星」は分かっているだけで53も存在する。系外惑星は恒星の周りを回る太陽系の外にある惑星で、今のところ3730が確認されている。「これらの星には、生命が存在できる潜在的可能性がある」と、プエルトリコ大学アレシボ校の惑星宇宙生物学者アベル・メンデスは述べる。メンデス ...

  • ソフバンが280億円注ぐストレージ企業「コヒシティ」の実力

    Alex Konrad , Forbes Staff

    カリフォルニア州サンノゼに本拠を置くコヒシティは6月11日、ソフトバンクのビジョン・ファンドが主導するシリーズDラウンドで2億5000万ドル(約275億円)を調達したことを明らかにした。情報筋によると、今回のラウンドにおけるコヒシティの評価額は10億ドルを少し上回ったという。同社は、創業からわずか5 ...

  • サムスンの折り畳み式スマホ「20万円」で来年1月発表へ

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    サムスンは2019年の年明けに「Galaxy X」と呼ばれる、世界初の折り畳み式スマートフォンを発表する──。これはスマホ業界に革命をもたらすデバイスになりそうだが、最新のリーク情報により、この端末の価格が2000ドル近くに達する可能性が浮上した。投資会社「Golden Bridge Investm ...

  • 空気から水を取り出す画期的テクノロジー、米大学で開発中

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    世界中で水不足が問題となるなか、空気から飲み水を取り出せるデバイスが開発された。太陽さえ照っていればエネルギーは必要なく、乾燥地帯でも飲み水を抽出することができる。カリフォルニア大学バークレー校が発表した研究結果によると、このデバイス昼と夜の温度差と湿度の違いを利用して、空気から水を取り出している。 ...

  • W杯会場に「スマホ持ち込むな」 米政府がハッキング被害警告

    Emma Woollacott , CONTRIBUTOR

    ロシアで開催されるワールドカップを訪れるサッカーファンたちは、ハッキング被害に気をつけたほうがいいようだ──。米英のセキュリティの専門家らは、スマートフォン内部の個人データが、ロシア政府が雇ったハッカーに盗まれる可能性があると述べている。「最も被害に遭いやすいのは企業の重役や政府の高官たちだ。しかし ...

  • 欧州トップの「AI都市」を争う、ロンドンとパリの熱い戦い

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    6月11日、英国のロンドン市長のサディク・カーンはAI分野のイノベーションにおいて、ロンドンが他の欧州の都市を上回る成果をあげていると宣言した。当日開催されたカンファレンス「London Tech Week」の場で、カーンは「ロンドン本拠のAI企業の数は、パリやベルリンの企業の2倍近くに達している」 ...

  • 米国テック業界のCEOたちが読む「成功のために必読の本」

    Ellen Duffer , CONTRIBUTOR

    テクノロジー業界を率いるCEOたちの多くは読書家として知られ、様々な書物を人々に薦めている。2015年にマーク・ザッカーバーグが必読書として推薦したのが、世界銀行理事を務めたモイセス・ナイムの著作「権力の終焉」だった。彼は物理学者のデイヴィッド・ドイッチュの「無限の始まり : ひとはなぜ限りない可能 ...

  • iPhone 7に発生した「ループ病」と呼ばれる不気味な現象

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    先週からiPhone 7とiPhone 7 Plusの一部のデバイスに不具合が見つかったことが報じられている。初期症状としては電話のスピーカーアイコンがグレーアウト(選択できない状態になる)し、その後再起動をループ(繰り返す)するという。この現象は「ループ病」と名付けられた。この問題を最初に報じたメ ...

  • ドローン配達でアマゾンの先を行く中国企業

    Bay McLaughlin , Contributor

    テクノロジーに関心の高い読者なら、アマゾンが2016年末にドローンを用いた配送サービスのテストを実施したことを覚えているだろう。しかし、アマゾンのドローン配達がその後、実用化されたとのニュースは伝わっていない。そんな中、アマゾンの一歩先を行くかたちでドローン配達の実用化に歩みだした企業がいる。その企 ...

  • AIが担う「ゲーム世界」の治安と秩序 悪質ユーザーに制裁も

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    ゲーム業界ではどのように人工知能(AI)を活用できるだろうか。最近では、ゲームのステージ(例えば、スーパーマリオの1面など)を、人工知能が自動生成できるようになる日も近いとされている。また、非営利AI研究機関であるOpenAIは、ゲームの攻略法を人工知能に学習させるプラットフォーム「Gym Retr ...

  • 地球にとって最悪な「人間の食べ物」 英研究者らが解明

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    人類が環境に与えるダメージを減らすうえで、最も有効な行動の一つは肉類と乳製品の消費をやめることだという。肉類と乳製品は人間の摂取カロリーの18%を占めているが、生産するために農地の83%を使っており、温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量の60%の原因となっている。これは学術誌「サイエンス」に掲載された ...

  • フェイスブック利用時間は減少へ、米調査企業の最新レポート

    John Koetsier , Contributor

    調査企業「eMarketer」は6月7日、データ流出問題に揺れたフェイスブックの利用動向に関する最新レポートを発表した。eMarketerがレポートで引用した「YouGov」や「エコノミスト」の統計によると、フェイスブックが今後、十分なプライバシー保護措置をとると考える米国人の比率は24%にとどまっ ...

  • 大型版iPhone Xに「トリプルカメラ」 設計図で判明

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    スマホのアクセサリーメーカーとして有名な「ゴーステック(Ghostek)」から、筆者は今年発売予定のiPhoneの設計図を入手した。設計図は2機種分があり、「廉価版iPhone X」と思われるものと、大型モデルの「iPhone X Plus」のものだ。廉価版iPhone Xは今年のベストセラーモデル ...

  • 指輪型ウェアラブル「ORII」がアリババらから約3億円調達

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    ウェアラブルデバイスと聞けば、誰でも思い浮かべるのがスマートウォッチやフィットネスバンドだ。しかし、香港のスタートアップ企業「Origami Labs」のアプローチは全く異なっている。Origami Labsが開発した指輪型のウェアラブルデバイス「ORII(オリー)」は通話が可能で、スマートフォンと ...

  • 「AIより人間が優れている」という自惚れは仇になる

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    某テレビ番組で、AIによる株式トレーディングの限界についての議論を目にした。いわく、過去のデータに依拠しているAIは、前例のない、リーマンショックのようなケースへの対応は難しいのだと。それを聞いていたマツコ・デラックス女史、「じゃあ、リーマンショックを無傷で乗り切った、人間のトレーダーがどれ程いたの ...

  • 損失880億円で上場狙う、ユタ州のユニコーン「Domo」の豪腕経営

    Alex Konrad , Forbes Staff

    米国のユタ州発の経営管理プラットフォーム企業「Domo(ドーモ)」が6月1日、上場申請書類(S-1)を提出した。ユタ州からは企業価値10億ドル超えのユニコーン企業が続々と誕生しIPOも相次いでいるが、Domoの業績には懸念材料も多い。Domoの創業者は2009年に「Omniture」をアドビに18億 ...