• インドネシアの漁村を救う、三菱電機の「課題解決型冷蔵庫」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    一年を通じ最高気温30度以上。雨季には激しい雨が降る、インドネシアの最貧地域の一つ、クパン。2016年8月、NPO法人スタッフと三菱電機の松山祥樹は朝5時に市場で魚売りを待ち伏せしていた。仕入れが終わると車に乗り込み、未舗装の道路の上を揺られて必死に魚売りのバイクを追う。視線の先はバイクの荷台の上、 ...

  • 捜査を免れるネット隠語 ソウルで「人工知能捜査官」を構築へ

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    中国では、顔認識や行動検知技術など人工知能(AI)を使った犯罪捜査が一般化して久しい。当局との協力関係を築くことで、知名度や収益を爆発的に伸ばす企業も登場している。「Face ++(旷视科技)」はその代表格だ。2011年に唐文斌氏らが設立した同企業は、いまや中国を代表するAI企業に成長。「Face ...

  • AIが電話で「借金を取り立てる」ロボット、中国で実用化

    Bay McLaughlin , Contributor

    中国では様々な分野で人工知能(AI)の活用が進んでいるが、またもや興味深い活用事例が登場した。今年4月に中国の政府系ファンド「China Reform Fund」らから1億5900万ドル(約177億円)を調達したフィンテック企業「100Credit(百融金服)」が、AIがボイスで借金の取り立てを行な ...

  • 廉価版iPhoneの製造受注で注目の台湾企業「ペガトロン」の強み

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    アップルが9月に発表する、廉価版iPhoneへの期待が高まっている。上位機種を300ドル近く下回る価格となる見込みの廉価版は、特に中国やインドなどの新興国で売上を伸ばしそうだ。廉価版モデルの製造受託から莫大な利益を得る台湾企業が、台北本拠の「Pegatron(ペガトロン)」だ。アナリストによると、同 ...

  • 米コムキャストが提案する「テレビ中心型」のスマートホーム

    John Koetsier , Contributor

    米国のケーブルテレビ企業「コムキャスト」は、音声操作が可能なTVを軸としたスマートホームのプラットフォームを、Xfinityブランドで展開しようとしている。同社は先日、ホームセキュリティ企業と提携し、一般家庭向けのスマートロックの導入を開始した。利用者はソファに寝転がってテレビを観ながら、玄関のドア ...

  • 「テスラをハッキングする」3つの手順をプロが公開

    Jean Baptiste Su , CONTRIBUTOR

    先日、世界最大のハッカーの祭典「Defcon」がラスベガスで開催されたが、イベントに先立って検索エンジン「Qwant」でハッカー・イン・レジデンスとして活動するGael Musquetが、テスラ車をハッキングするための特訓コースを開催した。開催に当たってMusquetは次のように述べた。「最初に言っ ...

  • グーグルの新スマホPixel 3XLは「6.7インチ」の巨大サイズ説

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    グーグルは同社の新型スマートフォン「Pixel 3」と「Pixel 3XL」の発売に向けて動いている。これらの端末には超ハイスペックのカメラや、ワイヤレス充電などの先進的機能が搭載されると噂されている。しかし、ここにきて新たなニュースが浮上した。グーグルは今回の新型モデルで、マスマーケット向けとして ...

  • AI vs 広告会社 斬新なものを生み出せるのはどっちだ

    西内 啓 ,

    連載5回目の今回はAIプロダクトの価値をチェックする5つのポイントのうち4つめ、「有効性」という点について考えていきましょう。つまり、そのプロダクトが最適解として提示してくる選択肢のうち「有効」なものは、考え得る全ての組合せのうちどれだけあるでしょうか?これまで何度か言及した囲碁のAIはこの点でもと ...

  • 北朝鮮がMac狙うマルウェア開発、仮想通貨取引所などを攻撃

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    北朝鮮のサイバー軍との関わりが指摘されるハッカー集団が「ラザルス(Lazarus)」だ。北朝鮮には「180部隊」と呼ばれる特殊部隊が存在し、ラザルスはその指示を受けて活動しているとされる。同グループは、2016年のバングラデシュ中央銀行のハッキングや、2014年のソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃 ...

  • 本田圭佑も注目 日本から巻き起こす「コインロッカー革命」#30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Forbes JAPANは、次世代を担う30歳未満のイノベーター30人を選出する特集「30 UNDER 30 JAPAN」を、8月22日からスタートしている。「Business Entrepreneurs」カテゴリーで選出された、ecboの工藤慎一。彼は荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo ...

  • 世界で勃興する「ブロックチェーン×ソーシャルグッド」の取り組み

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブロックチェーンがフィンテックの話と思っているなら間違いだ。非中央集権的に、改ざん不可能なかたちであらゆる情報を管理・保存することのできるこの技術はいま、通貨を超えて「ソーシャルグッド」のために使われ始めている。ブロックチェーンのことを知ったときに途上国の子供たちを救えると思った、と言うのは、イーサ ...

  • グーグルアシスタントの新機能「良いニュースだけを教えて」

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    現代はソーシャルメディアやモバイル端末の普及により、これまで以上にニュースにふれる時間が増加している。しかし、ネガティブな話題ばかり聞かされて、気分が落ち込むことが多いと感じる人も増えている。エール大学の研究者らはこの現象を「ホープ・ギャップ」と名づけた。これは、前向きな話題よりも暗いニュースに意識 ...

  • サムスン、折り畳みスマホに「自己修復ディスプレイ」採用か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    英国のテック系メディア「T3」が、サムスンが今年1月に提出した非常に興味深い特許について報じている。サムスンは来年発表する折りたたみ式スマホに、自己修復機能を備えたディスプレイを採用するという。特許資料によると、サムスンはディスプレイの表面に貼り付ける特殊なフィルムを開発したという。このフィルムは油 ...

  • 「挫折はいつでもできる」ディープラーニングの申し子・巣籠悠輔のリスクの取り方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    次世代を担う「30歳未満の30人」を選出したForbes JAPANの「30 UNDER 30」。Forbes JAPANと、若手ビジネスパーソン向けウェブマガジン「EL BORDE」による特別賞「EL BORDE特別賞」が、これからのビジネスシーンを牽引する3人に贈られた。今回「EL BORDE特 ...

  • グーグルがアップルウォッチに対抗「Pixel Watch」発売への期待

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    ヘルス領域では長年、アップルウォッチが支持を集めてきた。アップルは来月、画面を大型化させ、バッテリーの持ちを向上させた新型アップルウォッチ「Series 4」をリリースしようとしている。特許資料から、アップルが今後、複数のモデルの投入を計画中であることも判明している。しかし、8月21日の「Fast ...

  • 世界アプリ利用時間ランキング、最大の勝者はフェイスブック?

    John Koetsier , Contributor

    調査企業「Apptopia」のデータによると、世界のスマホユーザーの「ワッツアップ(WhatsApp)」の利用時間の累計は、過去3カ月間で850億時間に達しているという。これは、日に換算すると35億日、年換算では900万年以上という途方もない数字だ。一方で、同期間のフェイスブックの累計利用時間は30 ...

  • ブロックチェーンで未来のCSRはどう変わっていく?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    発展途上国や、政情が不安定な地域では、国際機関や非政府組織(NGO)の活動も困難を極める。透明性やコスト削減を目的に、さまざまな機関がブロックチェーン技術の使い道を模索している。マレーシアを拠点とするスタートアップ「インサイトメント(Incitement)」は企業のCSR活動、NGOなどの非営利組織 ...

  • 拡大する偽造品市場、AIにかかる「コピー撲滅」への期待

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    コピー商品や偽造品の製造・販売市場は、とてつもなく大きい。2017年に模造品業者が稼ぎだした金額は、おおよそ5000億ドル(約55兆円)に達すると言われている。コピー商品と言えば、高級ブランドを複製した「スーパーコピー」などがすぐに思い浮かぶが、実際にはあらゆる日常的な消費財や、企業向け製品なども含 ...

  • 新iPhone X、埋め込み型の指紋認証システムを採用か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    今年に入って以降、iPhoneに関する情報は主に、アップル自身から“リーク”されている。先ごろ米国特許商標庁(USPTO)が公開したアップルの出願書類によれば、同社は今後発売するiPhoneに、再び指紋読み取りセンサーを搭載させる準備を整えているもようだ。アップル関連の特許情 ...

  • 「興味深いメガネ」だからこそ成毛眞が言いたくなるアイデア

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    三井化学が2018年2月に販売を開始した「タッチフォーカス」。液晶レンズを搭載しワンタッチで度数の切り替えができるという次世代型の遠近両用メガネだ。今回、このテクノロジーを体感してもらうべく、株式会社インスパイア 取締役ファウンダーの成毛眞氏にモニターを依頼。元日本マイクロソフト社長で屈指のイノベー ...