• 「ハロウィン騒動もテクノロジーで解決して」渋谷区長が懇願?渋谷区×ソニーがテックイベント開催

    久世 和彦 ,

    東京・渋谷区の産官連携プロジェクト「#SCRAMBLE(スクランブル)」が、ソニーと協力してAR(拡張現実)などのテクノロジーを使ったアートやゲームを体感するイベント「WOW Studio at 渋谷キャスト」が11月4日まで開催される。「WOW Studio at 渋谷キャスト」は、ソニーが持つ最 ...

  • 「近い将来、魚は海でなく、陸でとれるようになる」──シリコンバレー発の漁業革命

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    食とテクノロジーを融合した「フードテック」は、今シリコンバレーで最も勢いのある領域の一つだ。中でも、サンフランシスコ近郊のエメリービルに拠点を構える2016年創業のスタートアップ「Finless Foods(フィンレス・フーズ)」は、魚の細胞を培養した人工肉「クリーンミート」を開発し、注目されている ...

  • 不動産業を革新する「リテック」と人工知能の可能性

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    フィンテック、フードテック、リーガルテックなどなど、各産業の業務効率化や、新たなイノベーションを図るためのテクノロジーを「〇〇テック」として呼ぶことが流行っている。それらテクノロジーの中身は実にさまざまだが、とりわけ人工知能(AI)の利活用は各産業の共通した話題となって久しい。興味深かかったので、ど ...

  • 人型ロボットに「世界初の入国ビザ」発行、大統領と面談も

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    香港のハンソン・ロボティクス社が製作したヒューマノイドロボット「ソフィア」は、AI(人工知能)を駆使した流暢な会話を行うことで知られる。そのソフィアは現在、世界を回るツアーの最中だが、先週は旧ソ連のアゼルバイジャン共和国をサプライズ訪問した。入国にあたってソフィアはロボットとしては世界で初めて、国家 ...

  • 日常会話から「うつ病を見抜くAI」が登場 精度は80%超え

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    うつ病の兆候を日常会話の中からでも検出できる人工知能(AI)が開発された。米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、人々の会話テキストと音声データを分析し、うつ病の兆候がある言語パターンを発見するニューラルネットワークモデルを開発した発表した。これまで、うつ病の兆候を発見するためには医師が ...

  • ファーウェイ新端末で実現の「ワイヤレス逆充電」の衝撃

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    10月16日、中国のファーウェイがロンドンの製品発表会で発表した新型フラッグシップ端末「Mate 20 Pro」はチップセットにKirin 980を搭載し、カメラはウルトラワイド、ワイド、望遠(3倍ズーム)に対応するなど、同社が誇る先端的イノベーションがフルに投入されている。なかでも注目を集めるのが ...

  • 来年のiPhoneはライトニング廃止「USB-Cに完全移行」との見方

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    アップルは10月30日に開催の新製品発表会において、新型「iPad Pro」をアナウンスするとみられている。ここで話題となっているのが、新たなiPad Proの充電ケーブルについてだ。複数のリーク情報によると、アップルはiPad Proでライトニングポートを廃止し、USB-Cポートへ移行するとされて ...

  • 在宅勤務はもう古い? 自動運転車が可能にする「車内勤務」

    Ellis Talton and Remington Tonar ,

    2013年、当時ヤフーの最高経営責任者(CEO)だったマリッサ・メイヤーが在宅勤務制度を廃止したことで、既に広がりを見せていた議論に拍車がかかった。遠隔勤務は、企業文化を破壊してしまうのか? または、生産性の妨げとなるのか? あるいは、責任能力を損なうことになるのか? デジタル時代の雇用主たちは、こ ...

  • 自動運転車が普及する社会、準備はオランダが先行

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    自動運転車や「コネクテッドカー」関連の技術が目覚しい進歩を遂げるなかで、それらが持つ大きな潜在力を最大限に活用する準備が最も進んでいるのは、どの国だろうか?「人間が運転しなくても走る自動車」というコンセプトは、何年か前にはSFの世界の話のように思えた。だが、現在ではすでに、いくつかの国で公道での走行 ...

  • フェイスブックがTik Tokに対抗、数億ドルで音楽機能を増強

    Ogden Payne , CONTRIBUTOR

    フェイスブックは10月24日、音楽のシェア機能の増強を発表した。今年6月にフェイスブックは、ライブ配信中にリップシンク(口パク)が行える機能の「Lip Sync Live」の提供を開始していたが、今後は多くの国でこの機能がプロフィール上でも利用可能になる。また、リップシンクの投稿に歌詞を表示すること ...

  • 大阪大学教授 石黒浩「人は死ねない恐怖に怯え、ロボットは葬式を迎える」 #Forbes2050

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2050年、私たちの生活はどうなっているのだろうか。そんな疑問から、Forbes JAPAN 12月号では、ビジョナリーなリーダー、学者、アーティストと「未来を見通すメソッド」を探る特集「BEST VISIONARY STORIES」を実施。「暮らす」というテーマで京都大学学長の山極壽一氏、「買う」 ...

  • 元アップル社員が設立の「自動運転の視覚」Aevaが4500万ドル調達

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」やゼネラルモーターズ傘下の「クルーズ(Cruise)」は、ロボットタクシーの商用化を行おうとしている。しかし、自動運転技術が広く普及する上では、より高性能で安価なセンサーが欠かせない。元アップルのエンジニア2人が設立したシリコンバレー発のスタートアップ「 ...

  • グーグル、Chromeブラウザ最新版で「勝手に同期問題」を解決

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    平均的なネットユーザーは現在、1週間に24時間をオンラインで過ごすといわれている。その大半はグーグルのChromeのようなメジャーなブラウザを用いていると推定される。そのChromeに大きな変更が加えられた場合、ユーザーたちは即座にそれに反応する。9月にグーグルが「Chrome 69」という新バージ ...

  • 「Makuake」で歴代5位の支援金を調達!次世代型のスマートロック「SESAME」が開く新たなドアとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミニマルなデザインを追求しながら「世界最多機能」を実現した次世代型のスマートロック「SESAME」が日本に上陸。クラウドファンディングサイト「Makuake」で、わずか1カ月半で7000万円を達成し、 現在9000万円を調達し歴代5位の調達金額にまで達し、急速に認知を広めている。「SESAME」の開 ...

  • 「電車 x 人工知能」で通勤ストレスが軽減される?

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    鳥類が線路上の電線に巣をつくるととても危険だ。時に断線などの要因となり、電車の安全な運行にとって大きな障害となる。韓国では、その「鳥の巣問題」が鉄道会社にとって大きな悩みとなっていた。韓国鉄道公社が、昨年の1年間だけで処理した鳥の巣の数は8200個。2018年は、9月時点ですでに6000個以上にのぼ ...

  • 右に回せばパワーオン! 人々をつなぐ「生きた電源」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    8月30日、埼玉県さいたま市に本社を置くベルニクスは、JETROが世界を目指すスタートアップ・中堅・中小企業49社を後押しするプログラム「JETRO Innovation Program(JIP)」に採択された。医療、航空、産業機器などの電源装置を手がけてきたメーカーが目指すのは、非接触給電システム ...

  • サムスンが極秘イベントで発表の「驚異的ディスプレイ」の全貌

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    サムスンは先日、中国深センのマリオットホテルで、業界のトップ20社を招いたプライベートなイベントを開催した。その当日の発表内容を、有名リーカーのIce Universeがツイッターで報告している。Iceが得た情報によるとサムスンは全面スクリーン仕様で、しかもノッチがない、画期的なスマホ向けディスプレ ...

  • グーグルの米仏「海底ケーブル」 全長6600キロで大西洋横断へ

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    グーグルとフランスの通信企業「オレンジ」は先日、2020年の完成を目指す米仏間の海底ケーブル「デュナン(Dunant)」の敷設にあたって、提携を結んだと発表した。デュナンの全長は6600キロに達し、米国のノースバージニア地域の大西洋沿岸とフランスを結ぶことになる。2020年にこの海底ケーブルが完成す ...

  • 衣類リサイクルにもAIを、繊維素材を割り出す端末に期待

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    ニュージーランドに拠点を構えるSagitto社の製品コンセプトが、とても興味深い。同社では人工知能や専用端末を使って、衣類を構成する素材を簡単に割り出すシスソリューションを開発している。現在、世界的に毎年800億枚の衣類が生産されている一方、その半数の量の衣類が埋め立て・焼却され廃棄されていると推定 ...

  • 中国政府が選ぶ「AIトップ5社」にセンスタイムとiFlyTekら

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    中国政府はAI分野の発展に向けて5つの企業を選出した。そこにはBATと総称されるバイドゥやアリババ、テンセントに加え、2社のスタートアップ企業が選ばれた。音声認識に強みを持つ「iFlyTek」と、顔認証テクノロジーで世界をリードする「センスタイム」だ。政府はこれらの5社に個別の役割を与えており、バイ ...