• 占星術師は「ホロスコープ」に一期一会を見る/鏡リュウジ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ホロスコープ、という言葉をあなたもお聞きになったことがあるはずだ。ごく一般的には、いわゆる「星占い」を指すことが多いようだが、占星術の専門用語としては星占いをするための、太陽系の惑星の配置を描きしるした図表を指す。謎めいた惑星や星座の記号がちりばめられた円形の図形は、いかにも神秘的な雰囲気を醸し出し ...

  • 「いい素材は、いいデザインを求める」 スーツの王様の経営理念

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スーツの母国がイギリスなら、スーツの本場はイタリアである。地中海気候で空気が乾燥しているイタリアでは、目付けが軽く発色のいいスーツが仕立てられる。まるでカーディガンのようにカラダを包み込むシルエットは、この生地の特徴から生まれてくるものだ。スーツをファッション文化として高めてきたイタリアには、大きく ...

  • ビス1本に至るまで自社生産 「リシャール・ミル」究極の時計

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2001年、高級機械式時計の世界に燦然と現れたリシャール・ミル。特徴的なスケルトンの文字盤は、動き続ける内部機構が時の流れを表現するかのよう。vol.9RICHARD MILLERM 029 JAPAN RED LIMITED EDITION究極の時計づくりというコンセプトのもと、ビス1本に至るまで ...

  • スーツの着こなしを、ビジネス上のテクニックに

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ゆったりとしたジャズが聞こえてくるような、ポップで洒落っ気たっぷりのイラストで知られるイラストレーター桑原節さん。雑誌や広告を舞台に、ファッション、お酒やフードなどのライフスタイルからビジネスに至るまで幅広く活躍する桑原さんに、「男のスーツ」をテーマに話を聞いた。「いまのスーツのあり方」というものを ...

  • 中国女性の理想は「A4サイズ」のウエスト SNSで爆発的シェア

    Marianna Cerini , CONTRIBUTOR

    体型で人を判断することは良くないと誰もが知っている。それでも私たちは、メディアに溢れるイメージから影響を受けずにはいられない。中国でも長年、肥満は恥だとされてきた。今、若い中国人女性の間で爆発的にシェアされている3つの画像も、その風潮が根強いことを示している。その3つとは、「A4ウエスト」、「iPh ...

  • 米国で急成長の「大麻ツーリズム」 富裕な団塊世代が殺到中

    Julie Weed , CONTRIBUTOR

    嗜好用大麻が解禁された米コロラド州とワシントン州で、旅行者が様々な方法で大麻を楽しめる「大麻ツーリズム」が盛り上がりを見せている。両州で嗜好用大麻の販売・購入と使用が合法化されてから約2年。解禁以来、州外から訪れる観光客が急増している。だが、公共スペースでの大麻使用は未だに違法であり、ホテルやレスト ...

  • ゴルファーの憧れ、「北の至宝」ロイヤル・ドーノック

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リンクス好きのゴルファーならば、その名を聞いただけで胸がときめき、一度は行ってみたいと思うゴルフ場がある。トム・ワトソンをして「5大陸屈指、自然の傑作」と言わしめたロイヤル・ドーノックだ。2009年7月、筆者はその憧れの地に、ついに足を踏み入れた。スコットランドの北部ハイランド地方に、稀有の自然景観 ...

  • 26のホテルが「5つ星」、フォーシーズンズ副社長が語る高評価の秘訣

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    フォーシーズンズ ホテル アンド リゾートでおよそ30年にわたって経験を積んできた同社のスコット・テイバー上級副社長は、ホテル業界のさまざまな変化を目にしてきた。ホスピタリティー市場の発展から猛スピードで普及した「ハッシュタグ」の利用まで、業界にはこの間、目まぐるしいほどの変化が起きた。だが、同氏に ...

  • どこへ行きたい? ラスベガスのおすすめプール10選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    ラスベガスにこのほど、モハベ砂漠をイメージした公共スペース「ザ・パーク」がオープンした。同じく4月にできたばかりの多目的施設「T-モバイル・アリーナ」に続く通り道にもなっている空間だ。ここの目玉のひとつは、道の両側におよそ30m続く『水の壁』。なんともゴージャスな空間だが、連日30度を超える夏場に、 ...

  • 米自動車協会が警告、転倒した高齢者と衝突事故の危険な関係

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    転倒したことがある高齢者はそうでない人たちに比べ、車の運転中に事故を起こす可能性が40%高いことが分かった。頻繁に転ぶ人は、車を運動する機能が低下しているということだ。非営利団体の米自動車協会(AAA)が新たに公表した報告書によると、転倒した高齢者が自分や他人に危険を及ぼすことが明確にされたことの影 ...

  • 米フォーブス編集部厳選、ニューヨークのグルメな店5選

    Steve Forbes , FORBES STAFF

    ゴールデンウィークに突入。この連休を利用してニューヨークを訪れる人もいるのでは? ということで、米「フォーブス」が誇るレストランエキスパートとスタッフらが選ぶグルメなお店5選を紹介する。もちろん、休暇に限らずビジネストリップの際に立ち寄るのもおすすめだ。1. The Clocktowerニューヨーク ...

  • 「マーケティングはおもてなし」ーより豊かなネット社会を創るために

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、ショーケース・ティービーの森 雅弘 代表取締役社長が『村田昭治のマーケティング・ハート 学ぶことのたのしさ』を紹介する。社会人4年目。本来なら責任のある仕事をこなすようになっていたであろう時期に、私 ...

  • 時間の概念を揺さぶる「ジャネーの法則」/岡ノ谷一夫

    岡ノ谷 一夫 , 東京大学大学院総合 文化研究科教授

    そもそも時間はどこにあるのだろう。私たちが時間感覚を持つことは明らかだ。しかし時間感覚は、視覚であれば目、聴覚であれば耳、嗅覚であれば鼻のように、その感覚を受け取るための専門器官が存在しない。それでも人間は、時の流れを感じている。人間が感じる得る時間差は秒から数年まで、非常に幅広い。年であれば、季節 ...

  • デルタ航空、電話予約の発券手数料を廃止

    Andrew Bender , CONTRIBUTOR

    航空会社が利用者から徴収している手数料を廃止するとのニュースを最後に聞いたのは、いつのことだっただろうか──?デルタ航空は4月14日、同業界では久しぶりのこととなる手数料廃止の方針を明らかにした。同社は現在、電話で航空券を購入する利用者に対し、航空券1枚当たり25ドル(約2,700円)の発券手数料を ...

  • ビジネスバッグ〜リーダーにふさわしい洗練された相棒〜

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    靴とカバンはビジネスパーソンのかけがえのない相棒たち。身につける者に自信を与えてくえる、厳選のカバン9種を紹介する。Louis Vuitton新たなパーマネント・コレクション「オンブレ・ライン」のカーフレザーのバッグ。熟練した職人の手仕事によるパティーナ(染色方法のひとつ)が施された、繊細で上質な表 ...

  • トランプ夫人のヌード写真で話題の写真家に直撃 最もセクシーな大統領夫人は?

    Joseph DeAcetis , FORBES STAFF

    超音速で情報が駆け巡るソーシャルメディアの時代に、ある画像がいつ、どんな理由で数億の人たちによってリツイートされ、世界中で拡散されることになるか、正確に予測することなど不可能だ。そして、予測不可能という点では、米大統領選の各党の候補者選びもよく似ている。そのレースの中で最も不愉快な状況を引き起こして ...

  • 時の哲学 フィレンツェの伝統を伝える「パネライ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    パネライを象徴する大型のクッション型ケースや視認性の高い文字盤。1860年にフィレンツェに構えた時計店に端を発するヒストリーが磨き上げたデザインを継承し、高度な技術を搭載した現代のモデルは、伝統の重みを静かに体現する。vol.8PANERAIRadiomir 1940 3Days Automatic ...

  • アジアの「最高のバー」ランキング 3位に東京・銀座の名店

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    香港には外国人に人気のバーが多数ある。台北には有名な歓楽街があり、静かなジャズの音色を楽しむことも、女性をナンパすることもできる。フィリピンのマニラでは、マラテ地区が人気のナイトスポットだ。ここはフィリピン自慢のマンゴージュースより、美味しいお酒を求めて人々が集まる。これらはほんの一例に過ぎないが、 ...

  • 元GSバンカーが語る世界のゴルフ場、「ミュアフィールド」の誘惑

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミュアフィールドの魅力は、そのコースの素晴らしさだけにあるのではない。このゴルフ場でプレイし、スコットランド気質のメンバーたちと交わり、そして、いまに語り継がれる「世界最古の歴史」に触れるたびに、筆者は、ミュアフィールドのとりことなっていった。【前回の記事はこちら】前回に続き、舞台はミュアフィールド ...

  • UAEに旅する前に知っておきたい3つのこと

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    国際空港評議会(ACI)によるとドバイ国際空港の年間旅客数は2015年、ラスベガスのマッカラン国際空港の2倍近くにまで増加した。「これら2都市が、各地を飛び回る旅行者を呼び込もうと競い合っている」などという言い方は、すでに時代遅れかもしれない。アラブ首長国連邦(UAE)はドバイとアブダビを中心に、圧 ...