• 職場での不機嫌は「辞め時」のサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    仕事で難題に直面することは誰にでもある。プロジェクトの中には他よりも手間がかかるものもあり、締切りに間に合わせるためにラストスパートをかけてストレスがたまることや、時間がゆっくりとしか進まないように感じる停滞期もある。では、一時的なけん怠期と、転職活動を始めるべき兆候である慢性的な停滞期はどう見分け ...

  • セクハラを許さない環境作り 男性ができることは

    John Baldoni , Contributor

    誰もが知っていたが、誰も何も言わなかった──これは、セクハラが表沙汰になる度に聞かれる言葉のように思える。コメディアンのビル・コスビー、テレビプロデューサーのロジャー・エイルズ、そして映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインの3人によるセクハラ問題が注目を浴びたことを受け、女性に対する男性の性 ...

  • 精神の強いリーダーが持つ7つの信条

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    精神の強いリーダーは、人々を触発し、自分について来るように促すことができる。謙虚さや誠実さを持ち、人に共感できると同時に、集中力があり、大胆で、決断力がある。率いる組織の規模の大小にかかわらず、精神の強いリーダーは部下を引きつける。上っ面のみ強いふりをしているからではなく、内なる強さを持っているから ...

  • 瞑想がキャリア向上に役立つ5つの理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    瞑想(めいそう)は何世紀にもわたり実践され、最古の記録はインドまでさかのぼる。しかし近年は、より厳しさを増す世界で幸福度を上げる方法として、世界中で爆発的に流行している。通勤途中で瞑想アプリを使うにせよ、早朝に浜辺でヨガをするにせよ、瞑想はこれまでになく身近な存在になっている。瞑想がこうして一般化し ...

  • 経営・経済学の世界大学/大学院ランキング 上位は英米が独占

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は今月、経営・経済学に秀でた世界の大学・大学院ランキングの今年度版を発表した。同誌は、13のパフォーマンス指標に基づき、教育、研究、論文の引用、産業界からの収入、国際性の5項目のスコアを算出し、上位200校をランク付けした。上位200校に ...

  • 仕事への本音を丸見えにする「SMELPテスト」

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    SMELP──魚の缶詰のような名前だが、これは頭字語だ。あなたが今の「仕事を続けるべき」、あるいは「やめるべき」と思っているかを判断するのに役立つテストのことだ。この5文字が示す項目のいずれもが、あなたが仕事を辞めようと決意するための大きな要因になり得る質問を含んでいる。一方、テストの結果から「自分 ...

  • 誰が会議を殺すのか? 会議にいる「3種のバカ」とは

    野呂 エイシロウ , Official Columnist

    「人件費の高い優秀な人間は日テレに行け! うちは安い人件費のバカがたくさんいればいいんだ。才能よりも頭数が大事だ!」と、某放送局のプロデューサーが大声で話す。会議室の外まで声が響く。「ということは、ここにいるのは馬鹿なんですか?」と部下が口をはさむ。「そのとおりだ! 能力がある人間は日テレに行け!」 ...

  • 米ポルノ王、トランプ追放目指し10億円で「特ダネ」募集

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    米国で最も有名なアダルト雑誌「ハスラー」創設者で、ポルノ業界の帝王として知られるラリー・フリントが、“ドナルド・トランプ追放”を目指し、米国を代表する有力紙に懸賞広告を掲載した。ラリー・フリントは10月15日のワシントンポスト紙の日曜版に全面広告を出稿し、「ドナルド・トランプ ...

  • ウォズニアックのアップル創業に学ぶ 「何かを始める」際に必要なこと

    Sanyin Siang , CONTRIBUTOR

    何かを新たに始めるのは難しい。ましてやアップルのように象徴的なグローバルブランドへと成長する企業の創業となると、途方に暮れるような作業だ。では、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックは、このプロセスをどう考えたのだろうか? そしてそれから私たちは何を学べるだろうか?他者と協力し、アイデアを洗 ...

  • 一流経営者の人脈力 コツは「肩書を脱ぎ捨てること」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グローバル化の時代」と叫ばれて久しい。いまや日本企業にとって海外で事業展開することは生き残っていくために重要な条件のひとつとさえ言える。しかしながら、世界で勝つことは容易ではない。世界で勝ち続けるためにはどうしたらよいのか。日本経営合理化協会が主催する、第134回夏季全国経営者セミナー(2017年 ...

  • 遠隔勤務者へのアドバイス 上司との関係で注意すべき6つのこと

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    遠隔勤務をしており上司に頻繁に会わない(または上司があまり社内にいない)状況だと、上司と良い関係を築き、自分の価値を示すことが難しい場合がある。ではどうすれば上司から信頼と尊重を得ることができ、遠隔勤務する上で最善の関係を築くことができるだろうか?以下に、自分の貢献が上司に見えるようにするための6つ ...

  • 自分を縛り付ける幼少期からの思い込みを捨てるには

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    ある日、ビルは私のセラピー室に入ってくるなり、こう言った。「僕はリーダーには向いていないんです」ビルは昇進のオファーを受けたが、辞退しようとしていた。上司からの信頼は見当違いだと、かたくなに思っていたのだ。しかし、ビルが良いリーダーになれる証拠はたくさんあった。周囲から自然に助言を求められる存在で、 ...

  • 昇進できる人が持つ9つの特徴

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    私が自己ブランド作りを支援するクライアントとキャリア上の目標について話す際、常に熱い義論となる話題が、昇進だ。キャリア向上の道において昇進は最も重要な節目の一つだが、保証されたものではない。キャリアが上昇するにつれ昇進はますます難しくなり、次のステップへの競争が急に激化するように感じるだろう。近年の ...

  • AI時代にこそ「ビジョン」が必要な理由|出井伸之

    出井 伸之 , Official Columnist

    人生は岐路の連続。最良の選択でチャンスを呼び込むためには、自身と深く対話し、自分の中にある幸せの価値観を知ることが重要である。この連載は、岐路に立つ人々に出井伸之が送る人生のナビゲーション。アルファベット順にキーワードを掲げ、出井流のHow toを伝授する。今回は、F=Future(未来)について( ...

  • ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ問題から考えるべきこと

    Kathy Caprino , CONTRIBUTOR

    私たちの社会にはセクシャル・ハラスメントを許す、あるいは認めるシステム(体制)があることを、18年間の会社人生の中で何度もセクハラを受ける側に立たされてきた筆者は、事実として知っている(キャリアコーチである筆者は、女性の地位向上を目指した執筆・講演活動などを行う)。セクハラは他に誰もいない場所や、相 ...

  • 仕事にまい進したい人が手放すべき6つの有害な「癖」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    問題のある癖や習慣は、いつの間にか身に付いてしまうものだ。自分では「仕事に対する熱心さや勤勉さの表れ」などと捉えているかもしれないが、実際にはその癖のために、周囲の人たちはあなたが「途方に暮れ、コントロール不能に陥っている」と思っているかもしれない。そうした癖はさまざまな意味で、仕事の厳しさに対する ...

  • 超一流企業の「人の育て方」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グローバル化の時代」と叫ばれて久しい。いまや日本企業にとって海外で事業展開することは生き残っていくために重要な条件のひとつとさえ言える。しかしながら、世界で勝つことは容易ではない。世界で勝ち続けるためにはどうしたらよいのか。日本経営合理化協会が主催する、第134回夏季全国経営者セミナー(2017年 ...

  • 「数字」に執着する男 トランプ大統領独占インタビュー

    Randall Lane , FORBES STAFF

    トランプが過去にホワイトハウスを「ごみ山」と呼んだという噂が本当だったとしても、それは既に昔の話だ。トランプは今や、ホワイトハウス西棟の小さな書斎で、自身が取り付けさせたシャンデリアや、リンカーンとルーズベルトを描いた油絵について冗舌に語る。金を基調とした改装がなされた大統領執務室では、歴代大統領が ...

  • アジアのトップ大学ランキング 日本が入選校数で1位に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は毎年、世界最高水準の教育機関に関する調査を実施する。アジア地域での今年の結果は、シンガポールの大学が2年連続で首位に立った。世界ランキングに69大学が入った日本は、入選校数で3年ぶりにアジア首位となった。アジアのトップ10校と各校の ...

  • 魂を売らずにバイラルコンテンツを作るための秘策

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    あなたは夢見ている。ある朝目覚めると、前日に自分が書いた「かわいいカワウソ」についての投稿が100万回以上シェアされていた……という瞬間を。起業家は、話題を作り出して顧客を増やす方法を常に考え、情熱的かつ積極的なオーディエンス(聞き手・閲覧者)を探している。私は幸いなこと ...