• 「人材不足」は虚構 逸材は簡単に採用できる

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    採用活動ほど常識頼りの業務はないだろう。逸材を雇うのは難しいと言われているが、実際にはそれほど難しいことではない。企業は「人材不足」に苦しんでいると言われているが、「人材不足」は想像の産物でしかない。自分の望む値段で好きなもの全てを買うことなど不可能だ。高級百貨店を覗くたびに本物のダイヤモンドのネッ ...

  • 内定を獲得するためのシンプルな面接テクニック

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    本記事では、簡単に学べる非常に強力でシンプルな面接攻略法を紹介しよう。高校生に教えても良いし、自分自身でも使えるテクニックだ。求職者が面接の段階で直面する最大の障壁は、容量オーバーになっている採用責任者の脳だ。採用責任者が短期間に非常に多くの人を面接することはよくある。すると責任者の脳には過大な負荷 ...

  • 世界を目指すクリエイターのプライベートタイム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表の猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を ...

  • その会社、本当に自分に合っている? 転職前に見極める6つの方法

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    「こうなることは分かっていた。辞めようとしたけど、向こうに先を越された。きょう、解雇された」これはある友人が私たちに語った言葉だ。「内定承諾後すぐ、私には合わないことが直感的に分かった。上司の価値観や管理手法に賛同できず、どれほど努力しても意見は一致しなかった。前の仕事を辞める前に会社との相性を知る ...

  • 「着心地の良さ」が仕事に与えるメリット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表、猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来 ...

  • 私がウーバー新CEOに贈る「100億ドルのアドバイス」

    Bruce Weinstein , Contributor

    米配車サービス大手、ウーバーの最高経営責任者(CEO)に新たに就任したダラ・コスロシャヒが会社を立て直す唯一の方法は、ここで紹介する3つの大胆な施策を即座に実施することだ。生産性の向上、従業員の士気や離職率の改善、訴訟での敗北の減少などの効果を生むこれらの施策の価値は、1つ当たり30億ドル(約330 ...

  • 偽りの自分を押し通すのをやめるべき理由

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    インターネット上には近頃、虚勢を張ることで成功をつかむ方法を伝授する記事があふれている。例えば、自分を実際より賢く見せる方法、会議で自分をより重要な存在に見せる方法、本当はよく知らない話題についてあたかも知識があるかのように話す方法、「パワーポーズ」をとったり会議で大きな物理的空間を占有したりして威 ...

  • 失敗がリーダーを成長させる4つの理由

    Deep Patel , CONTRIBUTOR

    失敗はリーダーにとって最高の教訓になり得る。なぜなら、失敗を通じ、成功への正しい道を発見できるからだ。事業で惨めな失敗をした後、ついに大成功を収めた人は多い。失敗を受け入れるのは難しいだろうが、失敗経験のある人は後により大きな成果を達成している。以下は、「失敗は成功の母」である4つの理由だ。うまくい ...

  • トヨタのAI研究トップが描く「ヒトと機械」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年11月、トヨタはAI先端研の創設と、世界的権威のCEO招聘を発表して世間をあっと言わせた。それから1年半─。AI業界を牽引するスーパースターは、未来に楽観的だと話す。彼が人間を信じる理由とは。AI(人工知能)研究の第一人者は「気遣いの人」である─。撮影のとき、ギル・プラット(55)はイヤな ...

  • 徹底的なコンセプト作りが斬新な商品を生む

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を創造 ...

  • 日本の高等教育機関が「硬直化」する理由

    小林 りん , Official Columnist

    前回の記事で、東京大学を世界39位としたTimes Higher Educationの世界大学ランキング(2017年)に触れたところ、フェイスブックに以下のようなコメントをいただいた。"東大が世界39位と言っても、理系分野ではさほどランクは下がっておらず、理系科目はトップ10内を維持、さらに物理と化 ...

  • 徳島が生み出した天才奇人、猪子寿之と橋本淳

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表、猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランド、ジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未 ...

  • 仕事をしたがらない問題職員 リーダーにできることは?

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    私が大勢の前で話す際に好きな時間の一つが、話し終えた後のQ&Aだ。何が一番聴衆の心に響いたか、どこをもう少し明確に話せば良かったか、次回もっとよい発表をするにはどうしたらよいかを知ることができるからだ。先週私は、どうすれば優秀な人材から一流の人材へと成長できるか、というテーマで講演した。その際、聴衆 ...

  • 「有名人を生む無名の男」が語る、ブランドが乗るべき3つの波

    Steve Olenski , CONTRIBUTOR

    男性ファッション誌GQは昨年10月、「The Unfamous Man Who Made Everyone Famous(あらゆる人を有名にした無名の男)」と題した記事を掲載した。今年、本人と直接話す機会があった私は、彼に非常に感銘を受けたため、改めてインタビューを設定してこの無名の人物からブランド ...

  • 市場規模8.7兆円 社会的事業への「資金の流れ」を変えるには

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    起業家のお金や知恵を効果的に社会貢献に活かす—。同テーマで提言を行う新経済連盟理事の井上高志(LIFULL創業者)に、今後の可能性を聞いた。—2017年4月、「社会的課題の解決を意図した支援の促進」に向けた新たな提言書を公開されました。新経済連盟はなぜ、この領域に大きな関心を ...

  • アップルとFBのCEO 卒業式スピーチで発した共通のメッセージとは

    Dan Pontefract , Contributor

    米国では毎年春になると、各地の大学の卒業式で政治家や映画スター、ロック歌手や作家などの著名人が「コメンスメントスピーチ(卒業式演説)」を披露する。各大学は毎年、誰が一番の有名人を獲得できるか競っているようだ。2017年は米国の超名門2校が米国を代表する最高経営責任者(CEO)2人のスピーチを射止めた ...

  • 不安をパフォーマンス向上につなげる方法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    私の心理療法所を訪れる人の悩みの中で、恐らく最も多いのが「不安」だ。その症状は特定の物に対する恐怖症から全般性不安障害(GAD)まで幅広く、多くの人はどうにかして心の不安を取り除こうと必死だ。不安障害と診断はされないにしても、時に不安を感じることは誰にでもあるはず。スピーチをすることを考えてドキドキ ...

  • テック業界のカリスマCEO、S・ドラキアの異色なマネジメント法

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    クラウドベースのメール送信サービスを提供する米企業センドグリッド(SendGrid)のサミア・ドラキアCEOは、テクノロジー業界で最も評価されているCEOの一人だ。キャリア情報サイト「グラスドア(Glassdoor)」での評価は98%で、イーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグと同じ水準だ。求職情報 ...

  • シャイな子どもの「殻」を壊したMake Schoolというプログラム

    本荘 修二 , Official Columnist

    プログラミングも英語も初心者で、パソコンの前で固まっていた中学生が、3週間後には英語で自作アプリを元気にプレゼン。参加者の父兄らは「こんなに毎日朝から晩まで熱中して取り組んだことは初めて」と口にした。筆者がこの夏に目にしたこの“マジック”みたいな光景は、いったいどうして実現で ...

  • 不幸になる「他人との比較」、やめるカギは思考の転換

    Kathy Caprino , CONTRIBUTOR

    自分と他人を比べることが私たちにどのような影響を及ぼすか、働く女性たちがより幸福で満たされた人生とキャリアを築くための支援をしてきた筆者はよく知っている。自分自身も数えきれないほど何度も、他人と自分を比較してきたからだ。最も重要なことは、他人の成功がやる気を起こすきっかけになった場合と、容赦なく自分 ...