• 「自己不信」を克服する5つの方法

    Annabel Acton , Contributor

    イノベーターでも起業家でも、スタートアップ企業で働く従業員でも大手企業の中で自らの信念を貫こうとする人でも、誰でも自分自身に対する不信感(自己不信)に悩まされることがある。自分自身に疑いを持つ気持ちは、私たちを守るためのメカニズムだ。例えば同僚たちの前で愚かな人間に見られるような行動を取らないために ...

  • トランプケアの「犠牲者」数、テロ死者の50倍に

    Todd Essig , CONTRIBUTOR

    米議会予算局(CBO)は、米上院の共和党指導部が起草した医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案、通称「トランプケア」が成立すれば、2018年までに1500万人の米国人が新たに医療保険を失うと予測している。この数字は2026年には2200万人まで膨れ上がる。これは何を意味しているのだろう? こうした ...

  • クビにならずに上司を批判する方法

    Bruce Weinstein , Contributor

    以下は読者のエマから寄せられた相談だ。ブルースへ先週、私の上司のスティーブが、自費出版したリーダーシップについての本をチーム全員に配り、「強要はしないが、アマゾンにレビューを書いてくれたら嬉しい」と言いました。そしてさらに笑顔で「もちろん、五つ星評価がいいな」と言って、仕事に入りました。本を読みまし ...

  • シェリル・サンドバーグに学んだ効果的な「叱り方」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    部下のミス、あるいは上司が下した納得のいかない決定に対して、どうふるまうべきか。ベストセラー作家が、グーグルで学んだ「効果的なフィードバック」の方法を伝授する。仕事をするなかで部下や、ときに上司に対してフィードバックをする機会というのがあると思う。でもフィードバックが得意な人は少ない。私がみなさんに ...

  • 「サンドイッチ」式フィードバックはもうやめよう

    Alisa Cohn , CONTRIBUTOR

    マネジメントに関する法則とされるものの中で、私が嫌いなものの上位に入るのが「サンドイッチ」式フィードバックだ。これは、フィードバックをするときはまず相手を褒め、その後に批判的な言葉(つまり本音)を伝え、最後にもう一度褒める、という手法だ。これには善意的な意図がある。指摘を受ける側の衝撃を和らげたり、 ...

  • 自分の人生を壊す、完璧主義者の9つの特徴

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「私はちょっと完璧主義なんです」──こうした控えめな自慢の言葉は、最高の出来を求める自分の性格を少し厄介ながらも誇らしいと主張する人がよく使うものだ。一流のアスリートや、革新的な研究者、成功したリーダーらが高い期待を持つ必要があることからも分かるように、完璧を追い求めることは成功への鍵でもあるが、他 ...

  • 私たちの成功を妨げる「意地の悪さ」と4つの問題行動

    Kathy Caprino , CONTRIBUTOR

    私たちのコミュニケーションのパターンの中には、人生や仕事に悪影響を及ぼしたり、実際に悪化させたりするものがいくつかある。だが、ほとんどの場合、多くの人がそれらに気付いていない。最もよくあるコミュニケーション上の問題点は、働く人の人生とキャリアの向上を支援するコーチである筆者が「意地の悪さ」と呼ぶもの ...

  • 実は難しい「ジェスチャー」を効果的に使うコツ

    中井 信之 , CONTRIBUTOR

    よく行く区立の図書館にコミュニケーションロボットのペッパー君が設置された。館内の案内や本の借り方を説明してくれて人気者だ。ロボットはこんな風に身近なものになっていくのだろう。ところで、ペッパー君に愛嬌を感じられるのは、音声が聞こえるときに腕や手を揺らすようなジェスチャーの役割が大きい。それは人間でも ...

  • 「ハリー・ポッター」シリーズが人々に与えた人生の教訓

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    『ハリー・ポッターと賢者の石』が出版から丸20年を迎えた今は、ハリーの冒険の物語を通して私たちが学んだ教訓を振り返る絶好の機会だ。原作者J・K・ローリングはハリー・ポッターの世界を通じ、読者に多くの学びを与えた。「ハリー・ポッター」シリーズには、教訓や価値ある言葉がたくさん詰まっているが、以下にその ...

  • 富豪になる人には「愛がある」、コンサルタント調査

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    起業家の大多数は、自らが「個人として」豊かになるための努力をしている。その理由は、例えば「儲かる会社をつくりたい」という願望から、「エゴや金銭欲を満たすため」などさまざまだ。そしてこうした人たちは、起業し、巨額の富を築いたとしても、さらにより多くを望む場合がほとんどだ。富裕層向けの財務顧問サービスの ...

  • 日本の「ビーントゥバー」先駆者が経営で大事にする2つのこと

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    NY発・チョコレート界の新潮流「ビーントゥバー」を日本でいち早く広めたMinimal(ミニマル)。「新しい文化を創造したい」という代表の山下貴嗣に、普段の心がけやものづくりの現場で大切なことを聞いた。「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とは、カカオ豆(bean)からチョコレート(bar)にな ...

  • 投資の神様バフェットが明かす、人生を変えた「25歳の分岐点」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    恩師を継ぎ、有名ファンドのマネジャーになる道もあり得た。しかし、我が道を行き、500億ドルの資産を得ることになる─。バフェットはいかにして“投資の神様”になったのか。「バークシャー・ハサウェイ」誕生前夜が、本人の口から明かされる。「賢明なる投資家」を読んで以来、私にとっての憧 ...

  • 副業を昇進につなげる5つの方法

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    昇進を狙っている? あなたは今の職務で素晴らしい成果を出しているかもしれないが、それだけで昇進ができるとは限らない。人事責任者の多くは、ある役職への適任者を選ぶ際、既に必要な専門性を持っている候補者を探すものだ。今より上の地位に就くために、パートタイムの仕事を引き受けてみてはどうだろう。もし会社の許 ...

  • 貧困から世界的富豪にのし上がった9人の経営者たち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    努力、才能、幸運──。富豪への道のりには、さまざまな要素があるのは事実だ。世界長者番付に名を連ねるビリオネアの中には、“貧困からのし上がった”経営者も多くいる。例えばオラクルのラリー・エリソンには、生後間もなく養子に出された過去があり、スターバックス前CEOのハワード・シュル ...

  • ゲーム界の注目インフルエンサー、マリ・タカハシの型破りなキャリア

    Emily Drewry , Forbes Staff

    フォーブスが選ぶテレビゲーム界のインフルエンサー(影響力のある人物)10人に入った日系米国人のマリ・タカハシに、自分の過去、そして次世代のコンテンツクリエイターたちへのアドバイスについて語ってもらった。ユーチューブの人気チャンネル「Smosh Games」で今年初めまで唯一の女性メンバーを務めていた ...

  • 小さな島から始まった、日本の漁業の「イマ」を変える取り組み

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部

    山口県萩市大島──人口総数710人(2017年5月末時点)の小さな島では、いま漁業が大きな盛り上がりを見せている。右肩下がりの状況が続いていた漁業の就業人口は、ここ数年で増加。大卒や帰国子女など10名以上が漁業に就くなど、見事、V字回復を果たした。島内に起きた、新たなムーブメントの仕掛け人が坪内知佳 ...

  • 米国内求人は600万件 移民は国民の「仕事を奪って」はいない

    Stuart Anderson , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ米大統領と長女のイヴァンカは先日、見習い制度の必要性を強調するメディアイベントにて、米国で現在出ている求人は600万件という米労働省の最新データを指摘した。このデータは、毎月発表される「求人と労働者の回転に関する調査(JOLTS)」によるもの。それによると2017年4月末の求人数は ...

  • トランプ流で大統領の椅子を狙う「インドネシアのメディア王」

    Abram Brown , -

    インドネシアの「メディア王」として知られ、トランプのビジネスパートナーでもある大富豪ハリー・タヌスディビョ。近年は政界に進出し、世界で4番目の人口を抱える国の大統領の座を狙って着々と地盤を固めている。推定資産は11億ドル。リアリティ番組と美人コンテスト、ツイッターをこよなく愛し、魅力的な妻を持つ。ビ ...

  • ネット上の暴言でキャリアを失わないために

    Bruce Weinstein , Contributor

    先日、ハーバード大学への進学予定者10人がフェイスブック上での発言を理由に合格を取り消されたとのニュースが報じられたが、ネット上での問題発言により自分の将来を台無しにすることを学んだのは彼らだけではない。今度はエール大学の教授が、ニューヘイブンの複数の店舗について悪意に満ちた口コミをイェルプ(Yel ...

  • ウーバーCEO問題を解決する最善策はこれだ

    Bruce Weinstein , Contributor

    社内でのセクハラ横行疑惑や、規制回避の疑いでの米司法省による調査、自社の運転手に暴言を浴びせる動画が全世界で話題を呼んだCEO——。ウーバーを悩ませるこうした問題の数々の解決策は何だろうか?カラニックCEOが休職を発表する直前、米紙ニューヨーク・タイムズの記事で紹介されていた ...