• 「独りの時間」を増やすべき7つの科学的根拠

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    私の心理療法所を訪れるクライアントは、独りで過ごす時間を数分間持つよう提案されると「忙し過ぎて自分の時間が持てない」や「じっとしていられない性分で。充実していなきゃだめなんです」などと返答することが多い。だが、詰め込み過ぎたスケジュールに若干の独りの時間を挿入することは、時間の無駄ではない。忙しけれ ...

  • イノベーションを生む英国の孤島 マン島で進む地方活性化施策

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    欧米諸国の大半では「クラスター」と呼ばれる地域が経済政策の重要な一端を担っている。クラスターとは、特定産業のスタートアップ育成に適した環境を整備した地域のことで、こうした地域を設定することでその産業の規模拡大につなげることが狙いだ。数年前に国際会計事務所KPMGが発表した報告書では、英国の主要クラス ...

  • エリザベス女王とトランプ大統領 リーダーの資質は雲泥の差

    Geoff Loftus , CONTRIBUTOR

    英紙サンデー・タイムズが今週、英王室関係筋の情報として報じたところによると、エリザベス女王は、息子のチャールズ皇太子に王位を譲るため退位するのではとのうわさに対し、「公務ファースト、国ファースト。私は今後もそこにいる」と語ったという。仮に女王が退位を決めているとすれば、その考えを変えるのは難しいだろ ...

  • 米国の皆既日食 「経済損失760億円」は騒ぐべき額なのか

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    皆既日食の観察には、誤って網膜を傷つける以外の危険もあるようだ。米国で21日に起きた皆既日食では、数十年に一度、2分半ほどしか続かないこの現象に従業員が目を向けることで企業の生産性が7億ドル(約767億円)分低下するという“戦慄”の予測が飛び出した。この数字を計算した米再就職 ...

  • 英企業、役員は今も白人ばかり 多様性の取り組み進まず

    Dina Medland , CONTRIBUTOR

    英トップ企業100社(FTSE100)の主要役員会の58%が白人のみで構成されていることを示した調査報告書が、英人材コンサルティング企業により発表された。政府の支援を受けて昨年まとめられた独立調査結果では、2021年までにFTSE100企業から白人のみの役員会をなくすべきと勧告されていたが、英企業の ...

  • 「話すリーダー像」の矛盾 必要なのは聞く力

    Jack Zenger , CONTRIBUTOR

    卓越した著名リーダーの人物像を考えるとき、私たちはそのリーダーが話している場面を思い浮かべることが多い。軍隊を鼓舞するスピーチをしたり、議論を促進したり、明確な方向性を示したり──。だが最近の調査から、実は話してばかりのリーダーよりも、聞くことを好むリーダーの方がはるかに有能だと評価されていることが ...

  • ラーメンを世界へ、日本酒を宇宙へ 若き経営者の夢

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • ザッカーバーグが支援の児童教育団体「10BH」が担う米国の未来

    Kerry A. Dolan , Forbes Staff

    8月のある日曜の午後、カリフォルニア州イースト・パロアルトの住宅地。パステルピンク色の一軒家の前で、緑の角帽と卒業ガウンをまとった5歳児たちが大人しく記念写真の撮影に応じている。彼らは「10 Books A Home」(以下10BH)という教育系NPOで、キンダーガーテンに進むためのプログラムを修了 ...

  • 優秀なリーダーに必要なのは「職場にいる時間を減らす」こと

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    職場にいる時間が長いほど出世が早い、というのが世間一般の考え方だ。しかし、生活の他の側面に時間を費やすことで、より良いリーダーになれるとしたら?ペンシルベニア大学ウォートン校のスチュワート・フリードマン教授(経営学)は、数十年前からこの考えを唱えている。経営学修士(MBA)課程で「トータル・リーダー ...

  • 海外展開か門外不出か、大チャンス時代の経営戦略とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • クレームは会社にとって「ビタミン剤」のようなもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 望み通りに進まないキャリアを救う7つのヒント

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    自分のキャリアが期待通りに進まない? 望んでいた昇進が得られなかった、あるいは、より高レベルな夢の仕事に就こうと面接を繰り返すも全くうまくいかない──そのような時は、いら立ちを募らせるのでなく、分析と戦略立案が大切だ。1. 探偵モードに入る自分が就きたいポジションの要件は何か? 仕事内容や、似たポジ ...

  • 「業界研究」より「自社研究」 旭酒造と麺屋武蔵の共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 日本の高等教育は「無償化」に値するか

    小林 りん , Official Columnist

    日本の教育改革の一環として、「高等教育を無償化」が議論される背景にはどのような根拠があるのか? 前回の記事では高等教育のファイナンスに詳しいスタンフォード大学マーティン・カーノイ教授とともに、大学の授業料設定のあり方について考えたが、今回は国内大学への世界的評価も踏まえ、筆者の考えを論じたい。そもそ ...

  • 跡を継ぎたいと思ったのは「獺祭のうまさ」に気づいたから

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いまや大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統や企業DNAの継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武 ...

  • GEの新CEOが駆使する、効果的なコミュニケーション術

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    ジョン・フラネリーはゼネラル・エレクトリック(GE)の新たな最高経営責任者(CEO)としての初日、従業員30万人に向けた文書を送付した。同社のCEO交代は16年ぶり。そこでフラネリーは、自身が今後の方向性を明確に定めていることを示してみせた。「私は次の3点に執拗に集中していく」とフラネリーは記してい ...

  • 「ホワイト企業」がベストな就職先、と考えない理由

    パク スックチャ , Official Columnist

    政府が本腰を入れ「働き方改革」を進めていることもあり、多くの学生が就活において「働き方」や「ワーク・ライフ・バランス」への関心を強めている。しかし私は、就職活動中の娘に「良いブラック企業へ行きなさい」と言った。2018年卒は売り手市場だ。人材の争奪戦に直面する多くの企業が残業削減や手厚いワーク・ライ ...

  • キャリア強化のための大学院は本当に正解? 考えるべき10の質問

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    大学院に行くべきか、やめるべきか──。この疑問に直面するのは、社会に出て数年後にキャリア強化を目指す人かもしれないし、仕事を始めて何十年もたって大きな変化を求める人かもしれない。大学院教育にかかる時間と費用を考えれば、この決断は慎重に下した方が良いだろう。ここでは、キャリアアップの次の段階として大学 ...

  • 生産性を奪う夏 暑さで効率が上がる作業とは

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    今年も夏の盛りが到来した。もし生産的に仕事をこなす計画が立て続けに失敗しているのなら、その原因は天候にあるかもしれない。記録破りの猛暑が当たり前となったこの恐ろしい時代、気温上昇が創造的な仕事にどんな影響を与えるのかを考えてみる価値はある。答えは端的に言えば「悪影響」だ。バージニア大学とヒューストン ...

  • パフォーマンスの高い社員を昇進させるのは間違い?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    パフォーマンスのいい社員とパフォーマンスの悪い社員、どちらを昇進させますか? あなたがマネージャーだったとして、パフォーマンスのいい社員を昇進させるとすれば、もしかするとその判断は間違っているかもしれません。それは「ポテンシャル」という観点を全く考慮していないからです。とはいえ、マネージャーは、&l ...