• 一流大学20校に合格した米高校生、選んだのはスタンフォード大

    Susan Adams , Forbes Staff

    出願した一流大学20校全てに合格した米ヒューストンの高校生マイケル・ブラウン(17)は、ハーバードやエール、ジョージタウンを蹴り、スタンフォードを進学先に選んだ。4月中旬に私が話を聞いたとき、ブラウンは既にペンシルベニア、ポモナ、ウィリアムズといった超難関校を候補から外し、上記の4校に選択肢を絞って ...

  • 入社承諾前に確認すべき10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のウーマから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は今、就職活動中です。5年前に苦い経験をしているので、面接ではできるだけ多くの質問をしようと思います。当時の私は学生アルバイトとして、あるショップで働いていましたが、より時給が高くて長く働ける仕事が必要になりました。ぴったりだと ...

  • 「面接恐怖症」を克服する10の方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のビンセントから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は採用面接が嫌いです。信じられないほど緊張してしまい、前夜は寝付けないほどです。面接前には必ず猛烈に予習をしています。1週間に2、3社の面接が入っているときでも、応募企業について何時間もかけて調べています。それでも、面接室に入ると落ち着き ...

  • 米大手企業に学ぶ「無意味な会議」をなくす12の方法

    Lisa Bodell , Contributor

    週に1度の会議は、年間およそ30万時間を無駄にしているそうだ。冗談ではなく、米コンサルティング大手ベイン・アンド・カンパニーが発表した、実際の調査結果だ。世界中のどこでも会議は以前にも増して、ストレスと怒りの原因になっている。私たちの多くにとって、会議の大半は重要な仕事に集中する時間が足りなくなる原 ...

  • ピュリツァー賞作家から学ぶ、人生を変える5つのヒント

    Regan Walsh , CONTRIBUTOR

    資金調達イベントは、退屈なものがほとんどだ。しかし、ピュリツァー賞を受賞した劇作家スーザン=ロリ・パークスを迎えたこのイベントには感銘を受けた。『TopdogUnderdog(トップドッグ/アンダードッグ)』で、アフリカ系米国人女性として初のピュリッツァー賞(戯曲部門)を受賞したパークスは、生き生き ...

  • 過去に2度不採用の会社 もう一度面接を受けるべき?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のボニーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は現在、転職活動中です。先日リクルーターから、ABC社と面接をしないかとの連絡がありました。ABC社はこの辺りでは大手で、働きやすさに関しても、新聞の企業ランキングや就職サイト、周りの人々からの評判がとても良い会社です。私もぜひ同社で働きたい ...

  • 内定承諾前に気付くべき、劣悪企業が発する5つの危険信号

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    何の危険信号もなく、スムーズに採用プロセスを通過して新たな職に就くことは、非常にまれだ。たいていの場合、面接でひとつやふたつの危険信号に気づく。最初の面接で、何の説明もなくロビーで25分も待たされたら、この会社は大丈夫かと気になることだろう。しかし、面接室へ入った時に面接官から「お待たせして大変申し ...

  • 成功を決めるのは「才能」でなく「運」 驚きの研究結果発表

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    米野球選手のレフティ・ゴメスが、「優秀な選手ではなく運のいい選手になりたい」と言ったのは有名な話だ。しかし、成功する上で運が果たす役割はいまだに社会で軽視されており、成功は努力と才能のたまものだとする考え方が主流だ。世界中で収入格差が広がる中、このことは盛んに議論されるようになった。イタリアのカター ...

  • 深く考える力[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    毎月、この連載エッセイを本誌に寄稿しているが、読者から、しばしば、次のような質問を頂く。「どこから、その新たな発想が生まれてくるのか」「どうすれば、そうした深い思考ができるのか」これらのエッセイに、そうした発想や思考があるかは、謙虚に読者の判断に委ねるべきであるが、もし、それがあるとすれば、その理由 ...

  • あなたの幸せを脅かす 脳に残る原始時代の「バグ」

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    私は最近、幸せについてよく考えている。というのも、幸せそうな人がほとんどいないからだ。私たちの思考は行動を左右するため、幸せはリーダーや起業家、ビジネス専門家、学生など、誰にとっても重要な話題だ。神経科学と認知心理学の分野では、悲観的な態度でいるとキャリアが失敗し、楽観的な見通しを持てば成功しやすい ...

  • 世界の子供が「安全に学ぶ」ために日本ができること

    小林 りん , Official Columnist

    新学期をむかえ、ワクワクしながら学校へ向かう学生の姿が印象的な時期です。しかし、世界中では今、私たちが半ば当然だと思っているこの「学校へ行く」ということが、当たり前でなくなってしまっている子ども達が、たくさんいることを、皆さんはご存知でしょうか。国連は2016年から2030年までの15年間に達成する ...

  • 思わぬ不採用で意気消沈 自分に言い聞かせるべき10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグレースから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は、コミュニティーカレッジの採用面接を受けました。どうしてもその仕事に就きたいと思っていたため、「30・60・90日計画(職務に就いてからの3か月計画)」を作り、プレゼンテーションをしました。しかし今思えば、完全にやり過ぎでした。プレゼン中 ...

  • 「人材獲得戦争」に勝つのはデジタルに強い会社

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    かつてなく熾烈な争いとなっている「人材獲得戦争」で、企業が明確な優位性を得るためにできることが一つある。それは、会社をデジタル面で傑出した存在にすることだ。つまり、自動化技術や人工知能(AI)、職場の協働ツールなどの技術を完全装備すると同時に、従業員がデジタル分野の知識を深められるよう、訓練に大きな ...

  • 人事部に寄せられる「上司への不満」トップ10

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のペドロから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は5人から成るチームを率いています。皆素晴らしいメンバーで、言い尽くせないほど感謝しています。どれだけ皆のことを評価しているかは伝えていますが、もちろん毎日というわけではありません。(そんなことをしたらうんざりされるでしょう)もち ...

  • 一流大学20校に合格、米スーパー高校生が書いたエッセー全文

    Susan Adams , Forbes Staff

    米国の高校生は大学に出願する際、全大学に使えるようなエッセーを1本のみ用意することがほとんどだ。だが、ヒューストンの公立高校に通うマイケル・ブラウンは、3本のエッセーを準備し、それぞれの大学に最も適切だと思うものを提出した結果、出願した一流大学20校全てで合格を果たした。フォーブスは、彼に使用したエ ...

  • これをせずに辞めてはだめ! 退職前にするべき10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のパトリシアから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は今、期待と不安が入り混じっています。つい最近、初めての極秘転職活動を終えたところです。ある仕事のオファーをいただき、受けようと思っています。退職届を提出する前に済ませておくべきことをリストアップしてもらえないでしょうか? ま ...

  • 米国で広まる性感染症、予防のカギは「コミュニケーション」

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    性感染症(STISTD)への感染率が記録的に高まっているなか、業界が行った新しい調査により、多くのSTD感染リスクが高い人々が検査を受けていない、また受ける必要がないと思っていることがわかった。医療検査を行う2大企業のひとつ「Quest Diagnostics」は、若い女性やその母親ら計4500人以 ...

  • 安倍首相も訪問のトランプ別荘、30年で160億円の価値上昇

    Chase Peterson-Withorn , Forbes Staff

    4月17日、日本の安倍晋三首相と昭恵夫人をフロリダ州の別荘「マール・ア・ラーゴ」に招き入れたドナルド・トランプは上機嫌でこう言った。「世界中のリーダーたちがこの別荘に来たがるんだ。彼らはみんな気に入ってくれるし、私もこの場所が大好きだ」スペイン語で「海を望む湖」を意味するマール・ア・ラーゴは、不動産 ...

  • ブッシュ元米大統領夫人の終活に学ぶ「準備」の重要性

    Megan Gorman , Contributor

    バーバラ・ブッシュの訃報を受けて、感慨を覚えた米国人は多い。親しみを込めて「シルバー・フォックス(銀ギツネ、魅力的な白髪の高齢女性を意味)」と呼ばれた元米大統領夫人は、米国の子供の教育と識字率の向上を支援してきた。彼女は40年以上にわたって米政界の第一線で活動してきた一家の“家長&rdq ...

  • あなたにMBAが必要ない4つの理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    あなたが経営学修士(MBA)の取得を考えている場合、実はその必要はないかもしれない。上級学位を持っていなくても、起業したり新たな分野に転職したりすることはできるし、学業に戻って2年以上を投資しない分、より早く(学生ローンも少ないまま)キャリアチェンジができる。私がキャリアコーチをする中で、数人の顧客 ...