• 今の会社に長居し過ぎたことを示す4つのサイン

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    職を転々とすることの影響は、よく語られる話題だ。「転職が多い人は気まぐれで信頼できないと思われる?」「ほんの短期間の職歴も、履歴書に書くべき?」「どれ程の期間働けば本気度が示せる?」──しかし逆の状況、つまり同じ会社で同じ仕事を長期間続けることは、あまり語られない話題だ。転職を繰り返すことが一般的に ...

  • キャリアで前進できない人が持つ5つの悪習

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレジーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約4年前から、将来性のない仕事を辞められないでいます。上司はマネジャーとしての資質がない人ですが、最高経営責任者(CEO)のいとこです。上司は自分が解雇されないことを知っています。私は彼の半分の給与で、彼に代わって仕事をしています。CEOの ...

  • 給与増加が早い大学の専攻は? 米国のトップ10とワースト10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    仕事を探す際は、入社時の給料が高いものばかりに目がいってしまいがちだ。しかし給与の伸び率は仕事によって大きく異なるため、長期的な視点も重要となる。給与情報サイトのペイスケール(PayScale)は、給与の増加が早い専攻課程と遅い専攻課程に関するデータをフォーブスに提供した。同サイトは、200万人以上 ...

  • 部下の軽視が生産性低下につながる訳

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は先日、異なる業界の会社で働く2人と似たような議論を交わした。その内容は、自分がなぜ会社のために“役割以上の努力” をしなかったか、ということについてだった。2人とも賢く勤勉でプロ意識があり、非常に良い社員だ。しかし、2人が活力とやる気を失い、不満と怒りを感じるようになった ...

  • CAO、CDO、CKO、CQO 全47種の「CxO」最新図鑑

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    企業の経営課題やビジョンを端的に表す、CxOの存在。役割を知れば、企業のことを異なる視点から知ることができる。おなじみCFOやCOOから聞きなれないCSROまで。どんなCxOがいるのか、アルファベット順に全47種を紹介しよう。Chief Accounting Officer|最高会計責任者財務状況に ...

  • 他人の手柄を横取り 自分よがりのリーダーが陥る落とし穴

    Joseph DeAcetis , FORBES STAFF

    他人の達成したことを自分の手柄にする癖のあるリーダーは、読者の皆さんの身近にもいるかもしれない。こうした行動の理由は大抵、自分を周りより有能、勤勉、あるいは賢く見せることにある。現実問題として、仕事で誰が本当に評価されるべきかを正確に特定するのは難しい場合が多い。新規プロジェクトの全作業を担ったのが ...

  • 国外労働者に人気の国ランキング 日本は「最も内向きな国」に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    求職者の中には、国外に出る機会を求め、国境を越えて職探しする人々もいる。そんな人々が最も魅力を感じる国はどこだろう?フォーブスはこの答えを探るべく、60か国で運営し月間ユニーク訪問者数2億人を誇る大手求人情報サイト「インディード(Indeed)」に、ユーザーがどの国の情報をチェックしているかを調べて ...

  • 「自分のボックスを描く」 英王子の婚約者M・マークルの生き方

    Lance Salyers , CONTRIBUTOR

    昨日、人種の異なる男性との間に子どもをもうけた友人が、先日ヘンリー英王子との婚約を発表した米国人女優、メーガン・マークルの話をフェイスブックで共有していた。黒人の母親と白人の父親を持つマークルは、2015年のファッション誌エル・マガジンの記事で、7年生(日本の中学1年生に相当)のころの体験を次のよう ...

  • 「トランプらしさ」を許すのは得策? 大統領が欠くリーダーの資質

    John Baldoni , Contributor

    米大統領戦で、トランプ陣営の中心的役割を果たしたコーリー・ルワンドウスキとデービッド・ボッシーの新著『Let Trump Be Trump(トランプはトランプらしくさせておけ)』には、次のような一節がある。「遅かれ早かれ、ドナルド・トランプの下で働く全員が、ある大統領の側面を見て『私はなぜ彼と働くこ ...

  • 正念場の学び[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    1979年のプロ野球日本シリーズは、セ・リーグの広島とパ・リーグの近鉄との対決であったが、伝説的な「江夏の21球」のエピソードで知られる、壮絶な戦いとなった。それは、3勝3敗で迎えた第7戦。勝利したチームが日本一の栄冠に輝く試合、1点差を追う近鉄が、9回裏ノーアウト満塁と広島のリリーフエース江夏豊投 ...

  • 仕事を求め新天地に移住 考えるべき6つの要素

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    ここ数十年で、仕事を理由として移住する米国人は減ったかもしれないが、機会があれば新しい地域へ移る人はいまだに多い。映画やテレビの中では、新たな都市へと活動拠点を移して成功を収めることを、わくわくする出来事のように描いているが、実際はそれほど簡単ではない。居心地の良い暮らしを捨てるだけでなく、生活リズ ...

  • 面接で「問題を解決した経験」を聞かれたときの答え方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のサイモンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は求人サイトに履歴書を登録して数社に応募しました。すると、選考のため自動応答電話がかかってきました。自動応答の質問に答えるのは少し怖くもありますが、続けました。質問の1つは「仕事で直面した問題と、それをどのように解決したかを教えてください」 ...

  • 仕事中の活力をあげる4つのコツ

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    仕事が不調なときは、どれだけコーヒーを飲んでも役に立たないこともある(私は既に経験済みだ)。だが幸運にも、仕事中の活力を上げ、生産性を向上させる方法はある。コピーライティング企業とキャリア指導企業の経営者として、私は非常に多くの仕事を抱えている。自分の仕事が好きなので、それが原動力となっているのは確 ...

  • あなたをだましこき使う悪徳企業 見分ける10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグロリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。どうしても就きたい職があり、これまで4回面接を受けました。将来有望なスタートアップ企業です。ところが一向に内定をもらえません。初回の面接から2回目までは4週間も待たされました。その後さらに、従業員らの前でプレゼンをしました。3回目の面接だった ...

  • S・サンドバーグが語る、不幸があった人に年末年始してあげられること

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    フェイスブックの最高執行責任者(COO)で、『Option B(オプションB): 逆境、レジリエンス、そして喜び』の共同著者であるシェリル・サンドバーグは先週、自身が設立したNPO「オプションB」による新たなキャンペーン「#OptionBThere」を発表した。サンドバーグは、亡き夫デイブ・ゴールド ...

  • 会社の忘年会は「地雷」だらけ トラブルを防止するには

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    会社の忘年会にはいくつかの落とし穴がある。まず、多くの従業員が実は会社のパーティーを好まないという単純な事実がある。そのため、慎重に考慮して実施されなければ、士気を高めるはずのイベントが逆にやる気を損ねてしまうことも大いにあり得る。また、大量の酒が出されるこうした集まりで管理職が大きく羽目を外してし ...

  • 期待以上の成果を上げる目標設定のコツ

    Maynard Webb , Contributor

    人は誰もが「目標」を必要とする。組織の部門を任された時や、何らかの取り組みを新たに始める時には、達成すべき目標を設定するものだ。目標は誰でも簡単に設定できるが、劇的な成果をあげるためには、達成可能で現実的かつ、やる気を高めるような目標を掲げる必要がある。私がまず考えるのは、「何を目指すのか」だ。次に ...

  • 顧客との交渉 避けるべき5つの「罠」

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    新規、既存を問わず、顧客との交渉は、極めるのが難しいスキルだ。一般的に使われがちな戦略はあるが、その多くは「交渉ではアグレッシブな姿勢を取るべき」という考えに基づいており、理想的とは言えない。こうした戦略は特定の環境ではうまくいくかもしれないが、顧客との関係性を台無しにする危険性もある。私は、ビジネ ...

  • 20歳のときに知っておきたかった10のこと

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    最近30歳の誕生日を迎えた私は、20代を振り返ってこれまでに学んだ教訓を思い返し、今後10年に思いをはせてみた。年齢を重ねるにつれ学ぶことが一つあるとすれば、それは自分がしていることを完全に理解している人などいない、ということだ。未知のものにどう対処するか、そして何度失敗しても立ち上がることが、人生 ...

  • ビル・ゲイツが公開した「2017年に感銘を受けた5冊の本」

    Igor Bosilkovski , Contributor

    読書家として知られるビル・ゲイツは自身のブログ「ゲイツ・ノート・ブログ(GatesNotes blog)」で読んだ本を定期的に掲載している。ここでは12月4日、ゲイツが発表した「2017年のお気に入りの5冊」を紹介する。「The Best We Could Do」─Thi Bui著(未邦訳)1978 ...