• 年商185億円を稼ぐ男の、堅実な資産のつくり方!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で堅実に資産をつくっていく方法は“アパート投資”にある——。こう語るのは、不動産コンサルティングを手がけるPresi(プレジ)の代表取締役 石井雄也氏だ。過去に年間70件以上の不動産取引を成功に導き、185億円の売り上げを達成した実績を持つ人 ...

  • 超多忙でも不動産投資を成功に導く、“シンプルな鉄則”とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「本業が忙しいから、不動産投資を始める余裕がない」サラリーマンが不動産投資を始める際に聞こえてくるのが、こうした声だ。しかし、中には超多忙でも不動産投資で成功を収める人もいる。Williamson-Dickie Japanの代表を務める、平山真也氏もその1人だ。経営者として結果を残しつつ、「不動産投 ...

  • 都心の中古ワンルームで資産1億を狙え!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    失敗しやすく、リスクが高そう・・・。そんなイメージが強く、なかなか手を出しづらい不動産投資。日本不動産イニシアティブ 代表取締役の澁谷賢一氏によれば「失敗するべくして失敗している」という。「不動産投資を成功に近づけるためには、最低限、立地の選択を誤らないことが大切です。目先の高利回りに惑わされてはい ...

  • 不動産投資で夢をつかんだ元サラリーマンの教え

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大卒男性の生涯賃金は2億8653万円(厚生労働省調べ)。一般サラリーマンが億を超える資産を築くことなど夢物語に思えるが、水戸大谷さんの代表取締役 峯島忠昭氏は「不動産投資なら不可能ではありません」と言う。「弊社のお客様には資産10億円、年間手残り2000万円、現預金で5000万円以上となりセミリタ ...

  • 「ビットコインバブル」崩壊は近い? 警戒のサインが市場に

    Bryan Rich , CONTRIBUTOR

    ビットコインの価格はここ1ヶ月で2倍近く値上がりしている。筆者の見方ではこの背景には中国マネーの存在がある。政府の資金流出規制にも関わらず、海外に活路を見出す中国マネーはビットコインに魅力を感じているのだ。しかし、ビットコインを保有している人は今後の動向を注視すべきだ。前回、ビットコインの価格が乱高 ...

  • 失敗に終わった「アラブの春」、発端の国でも変わらない腐敗体質

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    チュニジアで2010年に起き、エジプトなどにも広がった民衆蜂起「アラブの春」は、腐敗の撲滅と経済的機会の創出を求めるものだった。それらはまだ実現していない。どちらの国でも腐敗の状況は改善しておらず、失業率も2桁台のままだ。一方、金融市場はそれらを気に留めてもいないようにも見える。2010年以降、チュ ...

  • GMが「有望な」インド市場に背を向けた理由

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    ゼネラル・モーターズ(GM)は5月18日、インドで行ってきた「シボレー」ブランド車の販売を年末までに中止すると発表した。インドでの市場シェア拡大を目指してきた同社だったが、目標達成は難しいと判断した。同社は現在、インド国内に2か所の生産施設を持つ。そのうちマハラシュトラ州タレガオンにある工場は今後も ...

  • クアルコム、問題山積でも成長潜在力が揺るがない理由

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    米半導体大手クアルコムの株価は2016年に大幅に上昇したものの、今年に入ってから大きく下げている。同社の利益はここ何四半期かの間、非会計原則(non-GAAP)ベースで順調に増えているものの、一方では独占禁止法違反で罰金支払いを命じられたり、特許を巡り提訴されたりしており、ライセンス事業が影響を受け ...

  • 減収減益のバーバリーに投資家が期待する理由

    Royston Wild , Contributor

    英高級ブランドのバーバリーは5月18日、2016年度(2017年3月まで)通期の決算を発表した。英国の欧州連合からの離脱決定後のポンド下落の影響により、ポンド換算での売上高は10%増の約28億ポンド(約4060億円)となったものの、実際には減収減益となった。同期の税引き前利益は21%減の約4億620 ...

  • ビールと税金にまつわる15のトリビア

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    米国に「ビールの日(National Beer Day)」があるのはご存知だろうか? 4月7日に定められたこの日は、1933年、時の米国大統領フランクリン・ルーズベルトが長きに渡る禁酒法時代に終止符を打つカレン=ハリソン法に(3月22日に)署名し、米国でビールの製造・販売が解禁されたことに由来する。 ...

  • アリババ、外国企業へのデータ提供事業を加速へ

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    中国の電子取引の最大手アリババと米飲料・食品大手ペプシコは先ごろ、戦略的提携を発表した。ペプシコはアリババの保有するデータを利用して、中国市場での顧客体験の改善と事業の成長促進を狙う。アリババが他社の顧客サービス改善のために、自社が蓄積したデータや知見を提供するという形で戦略的提携を結ぶのは、玩具メ ...

  • トランプ大統領とロシアが招く混乱、米市場への影響は

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    ここ10日ほどの間に、米国ではいくつかのことが起きた──。─ ドナルド・トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)長官を解任。トランプはジェームズ・コミー長官を解任した後に出演した全国放送のテレビ番組で、解任は先の大統領選でトランプを勝利させるためにロシアが介入したとの疑惑についての捜査をやめさせるためだ ...

  • コーチのケイト・スペード買収、アナリストらが歓迎する理由

    Grace L. Williams , CONTRIBUTOR

    高級服飾ブランドの米コーチは5月8日、同業のケイト・スペードを24億ドル(約2710億円)で買収すると発表した。両社はともに、今回の合意に前向きだったようだ。コーチのビクター・ルイス最高経営責任者(CEO)は発表文で、ケイト・スペードは「卓越したブランドであり続ける力を持つと同時に、ミレニアル世代の ...

  • 流行りモノを手がける起業家の「コンテンツへのこだわり」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    鎌田和樹が2013年6月に創業したUUUMは、YouTubeに動画を投稿するクリエイター「YouTuber」の動画制作活動のサポート、所属YouTuberのマネジメント等を手がける。「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」など、トップクリエイターが多数所属。同社が関わるYouTubeチャンネル数は4 ...

  • フィンテックが変える「贈り物」の概念 ギフトはモノの枠を超える

    Nikolai Kuznetsov , CONTRIBUTOR

    欲しくないものをもらったり、贈ってしまったりすることはよくある。米国人がやりとりする「望まれない贈り物」に費やされる金額は、年間95億ドル(約1兆円)に上るとされている。当然ながら、欲しくないからといってギフトを相手に返すことはあり得ない(その人と縁を切りたいなら別だが)。だが、テクノロジー(フィン ...

  • 日本の未来をよくするカギは「タンス貯金」にあり

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    半導体部門を売却する決断を下した東芝。シャープのように、外資系企業に買収されるのか? 筆者は、日本の未来のためにも自宅に眠る「タンス預金」を使うときがきた、と訴える。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、シャープを買収する契約を結んだのが2016年の4月初めだった。当時の鴻海のシャープ株の取得価格は1株 ...

  • 中国人留学生、自国での就職希望者が増加 各国の雇用情勢を反映

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    世界第1位の経済大国である米国で学んだ中国人学生のうち、第2位の自国に戻って就職する人が増加している。中国政府の統計によれば、外国に留学した中国人学生のうち、帰国して仕事に就いた人の割合は2016年、約82%に上った。2012年には、約72%だった。北京のシンクタンク、21世紀教育研究所はその理由と ...

  • ダイエット業界の老舗、ウェイトウォッチャーズ 新CEOで株価急騰

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米国のダイエットプログラム大手のウェイト・ウォッチャーズ(Weight Watchers)は先日、ホームショッピングネットワーク(HSN)のミンディ・グロスマンCEOが近々、同社のトップに就任すると発表した。ウェイト・ウォッチャーズは2016年9月に株価が下落し、ジム・チェンバーズが辞任して以来、C ...

  • アンダーアーマー、上場後初の最終赤字 北米市場に不安

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    スポーツ用品大手アンダーアーマーは今年第1四半期(1~3月期)の業績について、投資家らを不安にさせる多くの問題を抱えていた。2016年末には、ケビン・プランク最高経営責任者(CEO)がそれまでの好調な業績の伸びを維持することはできないと発言。今年2月には、同CEOがトランプ政権への支持を示したことで ...

  • 脱「一発屋」狙うGoProが好決算 中国と欧州でカメラ製品好調

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    黒字化に向けて奮闘中のGoProが最新の決算で売上の伸びを報告した。4月27日の時間外取引で、GoProの株価は5%の上昇となった。今年第1四半期の売上は19%増の2億1860万ドル(243億円)で、アナリスト予測の2億790万ドルを上回った。GoProの売上の約3分の2は米国外からで、特にアクショ ...