• 巨大バイオ企業、モンサント社の6つの誤算 2600名をリストラ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    遺伝子組み換え作物に力を入れ、何かと批判の多い巨大農業バイオ企業、モンサント社。先日発表した第4四半期の決算では良いニュースがほとんどなかった。翌朝の取引では株価が株価は1%下落した。今後のモンサントを象徴するような、決算の6つのポイントをあげた。 1. 純損失がさらに増えている 6〜8月期の純損失 ...

  • 株式投資、初心者が犯しやすい10の間違い

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    2013年の10月、ツイッターがIPO申請を行った翌日、ツイッター社とは全く関係の無い、Tweeter Entertainment社の株が1400万株も取引され、一時売買停止になる事態が発生した。これは、ツイッター社の証券取引コード「TWTR」と、ツイーター社の証券取引コード「TWTRQ」が似ていた ...

  • 米タコベル運営元、株価が急落 中国売上が減少

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    アメリカのファストフード大手のタコベルや、KFCやピザハットなどの親会社であるヤム・ブランズの株価が、6日に急落した。第三四半期の売り上げと利益が、市場予想を下回ったからだった。 中国での売り上げも、失望を生んだ。同四半期は2%増と好調に転じたものの、9.6%増とのアナリスト予想を大幅に下回ったこと ...

  • 9月の個人投資家動向 アップル、GoPro、ツイッター株を「買い」

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    オンライン証券大手TD Ameritradeのリポートによると、今年9月、個人投資家らは株を買い越した。「引き続き厳しい市場環境下で、投資家らは市場全体から見ると小幅な値動きの株を繰り返し物色し、実に賢く対処しています」とTD Ameritradeのマネージング・ディレクターを務めるNicole S ...

  • トランプ氏 「フェイスブック株」で大儲けの過去が発覚

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    「オレは株なんか興味ない。株は買わんのだ」。不動産王で米大統領選に向けた共和党候補者の指名争いで、トップを走るドナルド・トランプ氏は10月発売の「フォーブス」(米国版)のインタビューで話している。しかしトランプ氏は2011年当時、株式投資に打って出たことがあった。 「3年ぐらい(実際は4年)前、市場 ...

  • 日本経済の復活は「おーい」にあり [投資の作法 Vol . 2]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1989年末に日経平均株価が3万8,915円の史上最高値をつけて以降、下り坂の日本経済。 筆者は、いまいち振るわない日本経済の復活には「おーいの精神」が大事だと説く。 6月の下旬、東海道新幹線内で放火事件が起きた。ガソリンをかぶった容疑者の男が死亡したほか、一人の乗客が巻き添えになった。犠牲になった ...

  • ユニコーン企業を狙うヘッジファンドたち

    Liyan Chen , Forbes Staff

    企業価値が10億ドル(約1,200億円)に達するスタートアップの数がますます増え、ITバブルを警告する声が高まっている。しかし、それらの企業の価値を高騰させているのは、従来とは異なる投資家達なのかもしれない。 Sequoia CapitalやAndreessen Horowitzのようなトップクラス ...

  • 投資のプロが選ぶ成長企業 IMAXほか15社

    Matt Schifrin , FORBES STAFF

    中国政府が成長減速と株価下落の対応に追われ、欧州首脳が中東からの難民対策に頭を悩ませている中、米国は賢明にも利上げを見送った。国際的投資家やフィナンシャル・アドバイザーらは安堵の溜息をついたが、抜け目のない投資家は、この相場に依然残る強気のネタを探し出そうとしている。 フォーブスは投資家向けニュース ...

  • アップル株は「買い推奨」 ウォール街アナリストらが分析

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    アップルがiOS9のアップデートを9月16日に公開以来、ネット上にはiPhoneユーザーらの苦情が相次いだ。動作が遅くなったという声もあれば、端末がフリーズしてしまうという声もある。しかし、そんな問題はさておき、ウォール街はアップルの将来に楽観的だ。 9月18日に公開された2つのリポートによると、間 ...

  • 中国版ウーバー、「滴滴快的」創業者はアリババ出身

    Liyan Chen , Forbes Staff

    多くの中国人のホワイトカラーたちと同様、Cheng Wei は路上でタクシーを拾うことの面倒さに悩まされていた。アリババに8年間勤務した彼は、北京から杭州のアリババ本社に出張する途中、タクシーが拾えず飛行機に乗り遅れることが度々だった。 3年前にアリババを退社した彼は中国で勃興期にあったタクシー配車 ...

  • 中国主席と並んだIT業界29名 フェイスブックCEOは北京語で懇談

    Liyan Chen , Forbes Staff

    一枚の写真が、語り尽くせないほどの事実を語っている。今週、中国の国家主席・習近平が米国を訪問したが、そこで撮影された集合写真は中国のハイテク外交にかける期待の大きさを表している。 9月23日、習近平はシアトルで開催された8回目の米中インターネット産業会議のためにマイクロソフト社を訪れた。インターネッ ...

  • いつ決まる、ツイッター新CEO 投資家らも不満の声

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    ツイッターのデイック・コストロがCEOを退任以来、100日以上が経過した。それ以来、彼のツイートにはジムで体を鍛えたり、ピザを作ったり、ミツバチの養殖にチャレンジする姿などが投稿されている。 コストロの後任者探しが三ヶ月を超えた今、出資者の中にはしびれを切らし始めた者たちもいる。9月21日、SunT ...

  • 誰もが働きたい投資銀行 世界10社ランキング

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    人材あっせん会社Vaultは「誰もが働きたい投資銀行、10社ランキング」を発表した。この調査はVault社が約3,000人を調査して作成。回答者は各社を10段階で評価するとともに、企業文化、収入、全体的な満足度、職業訓練、ワーク・ライフ・バランス、勤務時間、文化的な多様性といった様々な角度から会社生 ...

  • 米「ゼロ金利維持」発表で株式市場は乱高下

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    米連邦準備理事会(FRB)は動かなかった。政策金利は82ヶ月連続で事実上ゼロに据え置かれたままだ。FRB担当者らは水曜と木曜に会合を行い、決定は9月17日の午後2時にアナウンスされた。 「雇用の最大化と物価の安定に向けた支援の継続のため、委員会は現在の0から0.25%のフェデラルファンドレートが適切 ...

  • 投資家・アイカーン「米財務長官に就任」説の真実味

    Antoine Gara , Forbes Staff

    不動産王のドナルド・トランプが、米国大統領になる可能性があるか知りたいのなら、政治評論家ではなく、投資家のカール・アイカーンの意見に耳を傾けるべきだ。 ヘッジファンドを運用するアイカーンは、人から畏怖され、尊敬される存在だ。アイカーンはApple株の0.93%を所有する。また、天然ガス開発会社Che ...

  • 投資の神様、ウォーレン・バフェットが購入する石油銘柄

    Christopher Helman , Forbes Staff

    投資の神様、ウォーレン・バフェットは45億ドル(5,300億円)をフィリップス66に投資しようとしている。フィリップス66はテキサス州ヒューストンに本社を置き、ニューヨーク証券取引所に上場。フォーチュン500企業の一つとしても知られている。 フィリップス66はここ数年、順調に業績を伸ばし株価は201 ...

  • 「世界を動かす面々」 ベンチマーク・ キャピタル/ベンチャー投資会社

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーを“破壊的に革新”する五人衆 少数精鋭主義―。これほどこの言葉が似合うベンチャー投資会社は、ほかにないだろう。 投資先は、イーベイにツイッター、そしてウーバー……。たった5人の「ベンチマーク・キャピタル」は、シリコンバレー発で世界を劇 ...

  • ツイッター、新CEO決定で「株価も復活」 アナリストが予測

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    不調が伝えられるツイッター社の株価は最近、IPO当時の価格を割り込んだが、同社の将来には「明るい兆しが見える」とアナリストは述べた。SunTrustのアナリスト、ロバート・ペックは8月31日、ツイッター株の評価を買い推奨に上げ、間もなく訪れる良いニュースについて述べた。 投資家を再び興奮させ株価を上 ...

  • 急落の株式市場を「絶好の買い時」と見る投資家たち

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    ここ数日の株式市場の混乱は、多くの投資家らを混乱に陥れた。分別ある大人たちが、恐怖感を煽る見出しに踊らされ、パニックに陥っているケースも見受けられる。しかし、恐怖に駆られて持ち株の全てを売り払うのは賢明な選択とは言えないだろう。 その一方で、下落した相場は買い時だと見て、安値の株を買い漁るような投資 ...

  • テスラの敵はウーバー、アップル、グーグル 自動車業界の未来の覇権

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    テスラ・モーターズの未来の敵は、自動車業界の大手メーカーではなく、UberやGoogleのようなテック企業になるかもしれない。 Morgan Stanleyのアナリスト、Adam Jonasは、8月16日に顧客に向けて発信した書簡の中でこのように書いた。イーロン・マスク率いるテスラが、自動車業界の新 ...