• 原油生産高止まりで、原油価格は低迷。誰が得して、誰が損する?

    Chris Wright , CONTRIBUTOR

    金曜日に開催されたOPEC総会で、原油の減産はしないという方針が決定されたことをどう判断すべきだろうか?原油価格は今日も下がっており、2015年の安値に近い水準にあるというのに、世界の原油供給量は増えかねない情勢だ。 長年の慣行を破って、今回の総会では生産枠に関する言及がなかった。イランに対する西側 ...

  • 米航空局が導入する“ドローン税” 1登録で5ドルを徴収

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    米国人でクリスマスプレゼントにドローン購入を検討している人は、税金を払うこともお忘れなく――。米連邦航空局(FAA)は重さ0.55ポンド(約250グラム)から55ポンド(約25キロ)までのドローンの保有者に登録を義務付けると発表した。登録できるのは13歳以上で、ウェブ上で氏名、住所、Eメールアドレス ...

  • 「あなたは自分を正しく評価出来ていますか?」低過ぎる自己評価を5つのパターンで考える

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    最高に充実した状況であれば、仕事はただ報酬を得る機会というだけでなく、もっと大きなものになる。仕事は、専門性と個性を伸ばすことが出来る場だ。また創造性や知性という筋肉を鍛えることが出来る場所だ。仕事を通して自分のバッテリーを充電したいものだ。それは無理だろうか?この地球に存在する仕事に電力を供給する ...

  • 米国・内国歳入庁にパスポート取り消しの権限、法成立

    Robert W. Wood , CONTRIBUTOR

    オバマ大統領が向こう5年間のインフラ歳出法案に署名したことを受け、内国歳入法に新たに7345条が加えられた。これは「H.R. 22 – Fixing America’s Surface Transportation Act, the (FAST法)」の一部として成立したもので ...

  • 考え方ひとつで貯金の達人になるための7つのコツ

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    「マネー術」は私の書くのが好きなタイプの記事の1つだ。私とローレン・ゲンスレー記者との共著、新しいForbesの電子書籍「貯金術:貯金の達人についてのForbes ストーリー」で集めた話のように、ここで語られているのは、不可能とまでは言えないまでも金銭的な困難に立ち向かい見事に克服した人々の話である ...

  • 米の投資信託、人気の組み入れ銘柄はグーグルとマイクロソフト

    Liyan Chen , Forbes Staff

    オープン型投資信託やヘッジファンドの多くは、四半期ごとに運用報告書を発表する。賢い投資家ならば、運用報告書が発表される時期に合わせて、保有している投信の構成内容を見直しておくべきだろう。運用実績を評価するにあたっては、時価総額の対GDP比や部門ごとの運用実績を分析するなど、様々な見方がある。シティリ ...

  • 米大統領選 発言で波紋もトランプに「賭ける」のが得?

    Roger Aitken , CONTRIBUTOR

    2016年11月8日に行われる米大統領選に勝利し、バラク・オバマに次いで同国の第45代大統領に就任するのは誰か──最近の調査では、民主党のヒラリー・クリントンが他の候補に大差をつけて優勢を維持している。だが、物議を醸す数々の発言にもかかわらず、共和党の候補者レースで優位を保つドナルド・トランプが勝利 ...

  • ECB追加緩和に市場は失望 フォワードガイダンスの価値に疑問投げ掛ける

    Laurie Laird , CONTRIBUTOR

    「市場が誤解した」欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁はCNBCの番組に対し、ECBが今週初めに発表した予想外に中途半端な追加緩和策に市場が激しく反応したことを受け、市場の期待が見当はずれだったに過ぎないとの見解を示した。ECBは中銀預金金利をマイナス0.3%と0.1%ポイント引き下げるとと ...

  • 大気汚染と戦う中国

    Jack Perkowski , CONTRIBUTOR

    世界中のメディアが伝えた通り、11月末に北京の大気汚染は最も深刻なレベルに達した。ある報告は「12月1日で5日連続となる最悪の大気汚染に見舞われている北京の学校は、児童生徒を校舎から出さず、呼吸器系の疾患のある子を持つ親は、子どもを病院へ連れて行っている。有害な微小粒子状物質、PM2.5の測定値は、 ...

  • 2016年、中国経済4つの展望 市場崩壊は起きるのか?

    Liyan Chen , Forbes Staff

    2016年の世界経済における最大の課題は、中国経済の行方だ。中国がくしゃみをすれば世界が風邪をひく、というのは決して誇張ではない。「中国経済の減速は、我々の想定よりも早いペースで進むかもしれない」とシティ・リサーチのアナリストは記している。「中国は製造業主導から消費主導の経済へ、国家主導から自由市場 ...

  • どれもボロボロ 米議会は老朽化する空港改革を進められるのか

    Christopher Versace , CONTRIBUTOR

    アメリカの空港が朽ちつつあり、崩壊し始めているものさえあることは誰もが知っていることだろう。ドナルト・トランプに言わせると、発展途上国の空港に近いらしい。そして、ついに全米土木学会(American Society of Civil Engineers)がAからFで評価する空港の成績表でアメリカの空 ...

  • 2016年はFANG株が衰退 ウォルマート、P&G、IBMが上昇との予測

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    2016年を迎えるにあたり株式市場は気まぐれな動きを見せている。今年、好調だったフェイスブックやアマゾン、ネットフリックス、そしてグーグルといった銘柄は衰退を迎えるという観測も流れている。 頭文字からFANG株と呼ばれる、これらの銘柄は全体的には低調だった2015年で最大の勝ち組だった。しかしウォー ...

  • 米国人の5人に一人、死んでも借金が残ると予測

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    借金を抱えるアメリカ人の5人に1人以上が、死ぬまで全額を返済し終えることが出来ないと予測していることが、調査データで明らかになった。米クレジットカード関連情報サイト「CreditCards.com」の調査によると、21%の人々が借金ですべてを失うと考えている。また、調査に答えた人の約半数が、少なくと ...

  • イエレン議長が利上げを発表する前に買っておくべき3銘柄

    Brett Owens , CONTRIBUTOR

    それはもう確実だ:ゼロ金利時代は間もなく葬り去られる。銀行口座にたんまり預金を持っている人には悪い知らせだが、もしあなたが金融株に投資しているなら朗報だ。そして今こそ、銀行株へ投資するときだ。これは私だけの見解ではない。ウォーレン・バフェットといった名だたる投資家たちも賛同している。彼らはここ最近、 ...

  • 母乳育児ママの、おしゃれ授乳服ビジネス成功の秘訣

    Vanessa McGrady , CONTRIBUTOR

    2010年、シカゴで美術修復士として働いていたアンドレア・ニューベリー(35)は業界の落ち込みにより仕事を見つけることが難しくなってしまった。ちょうどその時、第1子が妊娠5ヶ月目に入っていたこともあり、専業主婦になることを選んだ。産後鬱の体に鞭を打ち、お昼寝をさせて、オムツを替えて、赤ちゃんマグで飲 ...

  • 連邦政府、ボディカメラ着用問題にどのように対応するのか?

    Matthew Feeney , CONTRIBUTOR

    ワシントンD.C.政府は12月1日の週の初め、ボディカメラ関連法案を全会一致で可決した。これにより、首都ワシントンD.C.の警察官はボディカメラを着用することとなり、今後、地元住民はそのカメラの収録内容を閲覧できるようになる。この取り組みは円滑に進めば、全米でもボディカメラ着用施策の良き前例となり、 ...

  • ブラジルに投資?当分やめた方がよさそうだ

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    新興市場には、至るところに「価値」がある。ブラジルもそうだ。だが、現在進行中の政治スキャンダルと大統領に対する弾劾手続き開始に向けた動きは、同国の潜在的な利点を大きく損なっている。ブラジルは再び、格下げに直面している。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、向こう数カ月内に格下げを決定 ...

  • 米、個人投資家「モバイルでの株取引が5分の1」 過去最多に

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    11月、感謝祭の休暇とクリスマスショッピングを楽しむほかに個人投資家は何をしていたか? 彼らはお気に入りの小売株を買い漁っていたのだ。米オンライン証券大手TDアメリトレードは、11月の顧客行動リポートを発表した。6000人を超える同社の顧客らが「買い」に走ったのは、アマゾンやスターバックス、ナイキと ...

  • ペット信託であなたがいなくなった後に備える

    Barbara Marquand , CONTRIBUTOR

    ペットが家族の一員のようになっている場合が多いので、あなたがいなくなって世話を出来なくなったら、彼らはどうなるだろうかと心配されているかもしれません。ペットのために信託を設定すれば安心ですし、億万長者でなくてもできます。信託にする理由受益者のために資産や金銭を保有する法的手段である信託は、ペットの世 ...

  • フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル株にも陰りか

    Antoine Gara , Forbes Staff

    投資家は、アマチュアかスタンレー・ドラッケンミラーのような億万長者かに関わらず、急成長しているテクノロジー巨大企業のフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの株を買って、株式市場の至る所で起こっている調整から逃れている。それは、賢明な行動だと言える。なぜなら、2015年のS&P ...