• 株式市場を占う前にすべきこと

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    数多いる西欧の伝奇的人物のなかでも、最も有名な存在が予言者マーリンである。中世ブリテンの揺籃期から活躍し、アーサー王の聖剣伝説の立役者としても名高い。マーリンは心身ともに純潔な乙女が熟睡中に、悪魔に懐妊させられて生まれた夢魔の子と伝えられる。悪魔の能力を受け継いでいるので、過去に生じた事象すべてを熟 ...

  • 仮想通貨市場、技術的アップデートなど好材料に期待

    田代 昌之 , Official Columnist

    未だ膠着状態を続けている印象の仮想通貨市場ではあるが、2月26日の週は次週以降の市場に好影響を与える可能性があるニュースが複数でてきた週でもあった。まずはビットコイン/円相場を見てみると、2月19日の週から2月26日の週にかけて心理的節目である100万円を挟んでのもみ合いとなった。22日に一時62万 ...

  • フィンテック時代の資産運用、広がる選択肢からどれを選ぶ?

    日比谷 すみれ , Official Columnist

    資産運用の取っ掛かりを作るポイントとは?資産運用に関連する新しいサービスが次々と登場する今、「資産運用に興味はあるんだけれども、どこから手をつけたらいいか分からない」という課題感を持つ人が増えているように感じます。これ、まさに1年前の私の状態でした。「資産運用を始めようと思うけど、株や国債といった言 ...

  • 「感情」という投資コスト、低く抑えるための4つの秘訣

    Adam Sarhan , Contributor

    私たちの感情は、投資に大きな影響を及ぼす。誰でも資金の管理においては合理的に行動していると考えているが実際には、感情が意思決定に影響を与えることが多い。特に、市場が調整局面にあるときには影響を受けやすい。自分自身の感情を適切に理解し、投資に関する意思決定のプロセスから切り離すために時間を費やす(また ...

  • 強まる仮想通貨への規制強化、本当に売り材料なのか?

    田代 昌之 , Official Columnist

    2月の仮想通貨市場は、ビットコインが初旬に656000円の安値(2月6日・フィスコ仮想通貨取引所(FCCE))をつけたほか、アルトコインも軒並み値下げとなった。世界的な株安も影響し投資家のリスク回避が目立ち、全体として短期的な値幅取りを意識したスタンスが目立った。1月26日に発生したコインチェックの ...

  • イスラエルで高まる「中国」の存在感 アリババも投資を活発化

    Gil Press , CONTRIBUTOR

    イスラエルのスタートアップへの中国企業の出資額は年々、上昇を遂げている。現地の調査企業「IVC」の推定では、イスラエルのスタートアップへの中国企業の投資額は、年間5億ドルから6億ドル(640億円)のレベルに達しているという。英国の経済誌「エコノミスト」の調査部門「EIU」は昨年、中国企業にとって魅力 ...

  • フェイスブック、グーグルの限界を超える、孫正義の「次の一手」

    國光 宏尚 , Official Columnist

    2月7日にソフトバンクグループが開いた第3四半期(17年4月〜12月)の決算報告会で、孫正義会長が正式に携帯事業会社である子会社の「ソフトバンク」を上場する方針を示しました。これは、長年、孫さんの事業戦略について注視してきた僕には、ソフトバンクグループが携帯電話会社から新しいステージに移行する象徴的 ...

  • ビットコインに批判的なビル・ゲイツ、主張が「的外れ」な理由

    Kyle Torpey , Contributor

    マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは2月27日、ソーシャルニュースサイト、レディットの「AMA(Ask Me Anything、何でも聞いて)」のコーナーで、ビットコインやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)、仮想通貨全般に関する自身の考えを述べた。ゲイツは過去にもビットコインについて何度か自 ...

  • 株主へのバフェットの助言、投資に重要なのは「心の安定と継続」

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    米著名投資家ウォーレン・バフェットが、また新たな「賢者の助言」を公表した。自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイの株主に宛てた年次書簡の中で、投資を通じて自らが学んだいくつかの教訓を紹介している。それらの中で、一般の投資家たちにとって特に重要と考えられるのは、以下に挙げる3つの点だ。「手数料」 ...

  • 「欧州一の富豪」に変動、ZARA創業者が世界7位に後退

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    ファストファッションのザラ(ZARA)を展開するスペインの衣料品最大手、インディテックスの創業者であるアマンシオ・オルテガ(81)の資産が2月23日、同社の株価下落を受けて約43億ドル(約4580億円)減少した。インディテックスの株価は同日、前日比7%下げて3年ぶりの安値をつけた。これに伴い、オルテ ...

  • 東南アジアで戦う「ウミガメ起業家」

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    深田洋輔が2012年10月にシンガポールで創業したYOYOホールディングスは、アンドロイド携帯のロック画面上にニュースなどの情報に加えて各種広告を掲載することで、プリペイド携帯電話の通信料金を無料化できるリワード広告アプリ「PopSlide」を提供。同アプリをフィリピン・インドネシア・ベトナム・イン ...

  • 女性の幸福と高収入を実現できる5つの「新しい」仕事

    Kerri Zane , CONTRIBUTOR

    新しい自分として、新しくクールな仕事を始める準備ができている大人の女性たちにとって、過去の仕事の経験が今ほど役に立つときはないだろう。自分の才能とスキル、知識をもっと活用できる「新しい」5つの仕事を紹介する。・「斧(おの)投げ」ゲームマスターカナダで生まれた「斧投げ」の人気が、米国でも高まっている。 ...

  • 健康アプリが大型資金調達、インドのスタートアップ最新動向

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    調査会社「Canalys」のデータによると、インドの2017年第3四半期のスマートフォン出荷台数は4000万台を超え、米国を抜いて世界第2位のスマートフォン市場になった。人口規模も中国に次いで世界2位のインドでは、スタートアップのエコシステムも整備されつつある。インドは世界のベンチャーキャピタル市場 ...

  • ウォルマート創業家、保有資産が1日で1.6兆円減少

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米小売最大手ウォルマートの創業家は2月20日、1日にして保有資産およそ150億ドル(約1兆6140億円)を失った。ウォルマートが同日に発表した2017年11月~18年1月期(第4四半期)の決算結果が市場の予想を下回ったことを受け、株価が急落したためだ。ウォルマートの創業者サム・ウォルトンを父に持つロ ...

  • 仮想通貨を取り巻くシリコンバレーの悲喜こもごも

    渡辺千賀、 奥本直子 , Official Columnist

    シリコンバレー在住の戦略コンサルタントの2人に本音で語ってもらう連載企画、第4弾のテーマは「仮想通貨」。催眠術でプライベートキーを思い出す? イーサリアムの猫繁殖ゲーム「クリプトキティ」はオンライン版ビーニーベイビー? 米国のICOへの規制はどうなっている? 仮想通貨をとりまくシリコンバレーの人々の ...

  • 元エアビー社員が作った仮想通貨取引所「コインベース」の歴史

    Nathan Vardi , FORBES STAFF

    米国で最も有名な仮想通貨取引所「コインベース」の創業者、ブライアン・アームストロングは現在35歳。元エアビーアンドビーのエンジニアだったアームストロングは2012年に同社を設立した。急成長を遂げたコインベースには、米国の国税庁(IRS)から厳しい監視の目が注がれ、法廷バトルに発展。結果的に同社はIR ...

  • メディアに注目されずに進む、日本のゾンビ企業の「非ゾンビ化」

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    世の中の変化はいつも期待しているよりゆっくりだ。それでも、意識していないと知らないうちに変わっていく。 最近、会社の調査をしているとあることを感じる。ゆっくりだが経営者の代替わりが進んでいるのだ。団塊の世代も60代後半〜70代になり、大企業や中堅企業でも社長から会長、会長から顧問、そして引退&hel ...

  • ザッカーバーグを訴えた兄弟、世界4位の「仮想通貨長者」に

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    2010年公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」で、マーク・ザッカーバーグの敵役として描かれたウィンクルボス兄弟は今や、仮想通貨分野で億万長者の地位にのしあがった。映画のなかで、ハーバード大学のボート部に所属する双子のエリート兄弟として描かれる2人(キャメロン・ウィンクルボスとタイラー・ウィンクルボ ...

  • ビットコイン価格の乱高下、収まらない10の理由

    Jay Adkisson , Contributor

    ビットコイン・バブルについて筆者が初めて記事を書いた昨年12月28日、その価格は1万5433ドル(約165万円)だった。だが、およそ40日後の2月9日までに、価格は半減。毎日の取引の中でも、大幅な変動を見せている。ビットコインの価格にこれほどのボラティリティ(価格の変動性)があるのは、なぜなのだろう ...

  • 資産1000億円の「元子役」ビットコイン長者が歩んできた道

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    フォーブスが2月7日発表した「世界の仮想通貨長者ランキング」で9位に入ったのが、ブロック・ピアス(Brock Pierce)だ。米国の「ビットコイン財団(Bitcoin Foundation)」のチェアマンを務めるピアスの資産額は7〜10億ドル(約750〜1078億円)と算定された。ミネソタ州出身の ...