• 「10億円手に入ったら」と妄想すると、自分の本音が見えてくる

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    仮に、生活のために働くことから解放されたら、あなたが本当にしたいことは何だろうか?“本音”を知り、それを実現するために邁進することが最大の投資になる、と筆者は語る。もし10億円が手に入ったら、あなたならどうするか─。ぜひ読者諸賢に考えてみてほしい。相続でも宝くじでも、何でもよ ...

  • アマゾンに対抗、インドEC市場で続く競合各社の統合

    Trefis Team , CONTRIBUTOR

    インドの電子商取引市場では、競争がますます激化している。これは、アマゾンにとっては朗報といえることではない。さらに、競合各社が「巨大な」アマゾンに対抗するためのさまざまな策を打ち出している。インドの電子商取引最大手フリップカートは先ごろ、米マイクロソフトとイーベイ、中国のインターネットサービス大手の ...

  • 起業家が「大型資金調達」するために必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    南壮一郎が2009年に創業したビズリーチは、人材領域をインターネットの力で変革するHRテック・ベンチャー。即戦力人材と5800社以上の企業を直接繋ぐ国内最大級の会員制転職サイト「ビズリーチ」をはじめ、16年6月にはAIを活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」など、働き方を変革する新たなサ ...

  • テック系IPOへの関心再燃か、クラウドID管理Oktaの調達額は208億円

    Peter Cohan , CONTRIBUTOR

    テック系企業のIPO(新規上場)市場には今年、活気が戻ってきているようだ。2014~15年に上場を果たしたものの、その後は1年半近くにわたって資金調達に悩んできた企業の投資家たちにとっては特にうれしい話だ。サンフランシスコに拠点を置くエンタープライズ系テクノロジー企業のOkta(オクタ)は4月7日、 ...

  • グーグル、インド音楽ストリーミング市場に参入 低料金で勝負

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    インドの音楽ストリーミング市場は、スマートフォンの急速な普及と若年層における需要の増加に伴い、安定的な成長を続けている。音楽ストリーミングサービスのユーザーは、2020年には2億7300万人に達すると予想される。そうした中、グーグルは4月上旬からインドで定額制の音楽ストリーミングサービス「グーグルプ ...

  • 懸念すべき英スーパー大手4社の今後 不安要素が増加

    Royston Wild , Contributor

    英国では家計が逼迫(ひっぱく)していると感じる世帯が増加するなか、大手スーパー4社への影響が拡大しつつある。市場調査会社カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)が4月4日に発表した最新の調査データ(年初~3月26日)で、その傾向が明らかになった。同社の小売・消費者調査部門トップ ...

  • ブロックチェーンが2020年までに「破壊」する可能性がある5つの分野

    Olivier Garret , Contributor

    ブロックチェーンの真の価値は、仲介者の存在を陳腐化するというところにある。互いに相手を知らない当事者間の「信頼」を得ることで利益を得る第三者の存在をなくすのだ。世界中の各業界の最大手がブロックチェーンに投資を行っている理由は、その点にこそある。各社は「破壊」される者ではなく、「破壊」する側になろうと ...

  • 時価総額で「フォードを超えた」テスラ株は今、買いなのか?

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    テスラの時価総額がフォードを上回ったというニュースが大きく報道された。テスラの株価は4月3日、298ドル56セントに達し、同社の時価総額は487億ドル(約5兆3900億円)に到達。453億ドルのフォードを上回った。テスラの株価上昇は、今年第1四半期のModel SとModel Xの出荷台数が2万50 ...

  • マクドナルド、生肉使用のバーガー提供へ 来年半ばにも開始

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    マクドナルドは3月30日、2018年半ばまでに米国内の大半の店舗で生の牛肉から調理するハンバーガーを提供すると発表した。対象とするのは「クオーターパウンダー」で、注文を受けてから調理を始める。消費者のヘルシー志向の高まりを受けて実施する大幅な改革だ。同社は2015年11月、ダラスの一部店舗で生の牛肉 ...

  • 初の「1兆ドル企業」視野に入るアップルにアマゾンが勝る3つの点

    Peter Cohan , CONTRIBUTOR

    時価総額が1兆ドル以上の企業になることが予想される企業の中でも、最も有力視されているのはアップルとアマゾンだ。だが、アップルはあと“わずか”2500億ドル(約28兆円)ほどを上乗せすれば、これを実現する。アマゾンより1年早い2019年までに、「1兆ドル企業」になる可能性がある ...

  • ネットフリックス、翻訳対象の言語拡大に向け新システムを導入

    Trefis Team , CONTRIBUTOR

    米動画配信大手ネットフリックスの企業価値に占める国際事業の割合は、米調査会社トレフィス(Trefis)の推計によると約45%となっている。2023年には、同事業部門の売上高が全体に占める割合は50%以上に増え、ストリーミング事業の貢献利益率は、国内外の事業がほぼ同水準になると予想される。企業価値に占 ...

  • 不衛生肉問題が発覚のブラジル、農業部門の損失は5300億円超の可能性も

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    政治的な混乱が続いたブラジルの経済について、格付会社のフィッチ・レーティングスは3月30日、今後は政治問題が同国の経済にシステミック・リスクをもたらす可能性は低いとの見方を示した。波及的な影響があったとしても、対応はこれまでより容易になると考えられるという。一方、ブラジル連邦警察は3月中旬、国内の大 ...

  • トランプは約束を守らない? 息子と事業パートナーが気掛かりな発言

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    ドナルド・トランプ米大統領は就任前、自身が運営してきたトランプ・オーガナイゼーションの経営権を「完全かつ全面的に」、息子のドン・ジュニアとエリックに譲ると明言した。この約束は、トランプ政権が「権力分立制」を支持し、トランプ・オーガナイゼーションを政治とは切り離すことを明確に示そうとする試みだった。ト ...

  • 環境より雇用の大統領令でトランプが陥る「中国のジレンマ」

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    約束を守る男ではない、とは言えないようだ──。ドナルド・トランプ米大統領は先の選挙戦で、石炭生産が主要な産業となっている地域で勝利した。そして3月28日、トランプはバラク・オバマ前大統領が導入した一連の環境規制を見直す大統領令に署名した。トランプは選挙公約を守った。ただし、これによって今後、トランプ ...

  • ツイッターが検討の「高機能版」ツイートデック、増益への有効度は

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    ユーザー層の拡大と広告収入の引き上げの実現に苦慮するツイッターは、安定的な収入源となり得る新たなサービスを模索している。報道によると、同社は複数のツイッターアカウントを管理するために「ツイートデック(TweetDeck)」を頻繁に利用しているユーザー向けに、有料の高機能版ツイートデックの導入を検討し ...

  • 「インド人富裕層」の人口爆発 2025年には3300万人突破予測

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    今から10年も経たないうちに世界のあらゆる産業は3つの市場にフォーカスしていくことになる。アメリカと中国、そしてインドだ。インドには若い人口が多く、消費意欲が活発でインド人たちはテクノロジー好きだ。インドは中国に次ぐポジションを得ようとしている。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は3月2 ...

  • ビットコインの「バブル」、見極めるための4つの基準

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    仮想通貨ビットコインについては、慎重になるべきもっともな理由がある。米国では連邦準備制度による後ろ盾がなく、ソフトウェアによって決定されるその価値に対する実質的な保証もない。連邦預金保険公社(FDIC)による預金保護の対象でないことは言うまでもない。だが、こうした警戒すべき点が数多くある一方で、ビッ ...

  • 「建築×不動産×テクノロジー」で実現する理想の住まい

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ツクルバは、村上浩輝と中村真広が2011年8月に共同創業したスタートアップ。会員制シェアードワークプレイス「co-ba」をはじめ、リノベーション住宅の物件情報をユーザーへ直接届けるオンラインマーケット「cowcamo」等を運営する。上村康太がシニア・アソシエイトを務めるグロービス・キャピタル・パート ...

  • トランプの納税額がついに判明 40億円は高い?それとも安い?

    Janet Novack , FORBES STAFF

    ドナルド・トランプ米大統領が2005年、1億5300万ドル(約170億円)の収入に対し3660万ドル(約41億5000万円)の連邦所得税を支払っていたことが、流出した納税申告書の一部から明らかになった。実効税率は24%の計算だが、これは米国の大富豪の中で高いのだろうか? それとも、低いのだろうか?米 ...

  • 核廃棄物処理のキュリオンにも出資、異色のVC「Lux Capital」創業者の野望

    Alex Konrad , Forbes Staff

    Lux Capitalの創業者、ジョッシュ・ウルフは異色のベンチャーキャピタリストだ。彼は約20年のキャリアの大半を、他のVCが敬遠するようなリスクの高いハードテックに投資をして成功を収めてきた。「投資を実行してから3、4年後に世の中に理解してもらえればいい」と彼は話すが、ウルフの手腕を評価し、資金 ...