• 異端、逆張り、常識を変える ピーター・ティールを超えた男

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その男は、ペイパル・マフィアの外からやってきた。VC界の勢力図がいま、変わろうとしている。米国で最も異端、そして逆張り派として知られる米トップVC「ファウンダーズ・ファンド」。2005年の創業以来、同社はいわば、ペイパル・マフィアの中心人物である「ピーター・ティールの一座」として知られてきた。しかし ...

  • テキサス不動産投資で失敗しないために、まず捨てるべき日本の常識とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「テキサスは、今後も経済成長が見込まれるアメリカで、最大限の投資効果が期待できるエリアのひとつです。とはいえ、どこでも良いというわけではありません。何の知識も持たず、日本の常識にとらわれて物件を選んでしまうと、ひどい目に遭うこともあります」こう警鐘を鳴らすのは、日米双方の住宅事情に詳しい、リーバンズ ...

  • ビットコインキャッシュにインサイダー疑惑、掲示板に怪情報

    John Koetsier , Contributor

    大手仮想通貨取引所の「コインベース(Coinbase)」と「GDAX」がビットコインキャッシュの取り扱い開始を公表する前に価格が急騰し、インサイダー疑惑が取り沙汰されている。この問題に関し、仮想通貨愛好家で起業家のAlbert Renshawが、インサイダー取引の証拠を発見したことを明らかにした。「 ...

  • 2017年に最も株価が上昇した米企業トップ10

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米国では2017年を通じて、株価の上昇が続いた。株価は目が回るような速さで最高値を更新し、上昇が続く期間としては過去2番目の長さとなった。企業が大幅な増益を記録する中、景気は拡大が続き、政府は税制改革や規制緩和を進めている。S&P500種株価指数は年初来およそ20%、ハイテク株比率の高いナスダック総 ...

  • 1年で20倍の仮想通貨「オーガー」 予測市場の未来となるか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    仮想通貨の時価総額を確認できるサイト「コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)」によると、将来起きる出来事の結果を予測することで報酬が得られる仮想通貨プラットフォーム「オーガー(Augur)」の時価総額は、2017年1月時点の4300万ドル(約49億円)から、2017年12月には10億 ...

  • ビットコインの6倍の伸び 仮想通貨「ダッシュ」のポテンシャル

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    「ダッシュ(Dash)」は、取引を迅速・安価・匿名で行えるよう設計された仮想通貨だ。仮想通貨の時価総額を確認できるサイト「コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)」によると、その価格は2017年1月以降、8000%上昇した。これは仮想通貨の代表格「ビットコイン」の約6倍の伸びに当たる。 ...

  • アメリカ不動産投資の成功に日本人が学ぶべきこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で成功する人と、失敗する人は何が違うのか。アメリカで30年以上不動産業を営むリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARUと、マネーセラピストとして多くの日本人の資産運用に有効な指針を示してきた安田まゆみが未来を見据えた投資哲学について語り ...

  • ビットコインと証券、米国で「信頼度」の差が縮小

    Roger Aitken , CONTRIBUTOR

    仮想通貨の中で最も時価総額が高いビットコインについて、米国の消費者はどのような考えをもっているのだろうか?アンケート調査の結果、購入に関心を持つ人は半数を超え、信頼度においても証券取引との差をかなり縮めていることが分かった。調査会社トルーナが米国で12月12日から約1週間にわたって実施したアンケート ...

  • アジアが熱狂する仮想通貨「リップル」 時価総額は3位に

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    アジアの人々の熱狂が、西洋人にはあまり耳慣れない名前の仮想通貨の価値を押し上げた。12月21日に仮想通貨「リップル」の価格は57.2%上昇し、初めて1ドルを突破。時価総額は462億ドルを超える規模に成長した。リップルは12月22日現在、時価総額でビットコイン、イーサリアムに次いで3位になっている。「 ...

  • AI×住まいを落合陽一氏と議論|blueprint

    INVALANCE blueprint , .

    株式会社インヴァランスは、メディアアーティストの落合陽一氏と「超AI時代の暮らし方」について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げた。その内容は特設サイト、そしてForbes JAPAN BRAND Voice Channelにて随時展開される。インヴァランスは東京 ...

  • 米国の法人減税が従業員にもたらす恩恵、懐疑的な見方も

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米連邦議会の上下両院が法人減税案を可決したことを受け、同国の通信大手AT&Tは12月20日、米国内の従業員20万人以上に1000ドル(約11万3000円)の特別賞与を支給する方針を明らかにした。税制改革法が成立すれば、法人税率は現行の35%から21%に引き下げられることになる。AT&Tのボーナス支給 ...

  • 都心の高級不動産の価値を下げる「飛行機の騒音」問題

    長嶋 修 , CONTRIBUTOR

    都心の閑静な高級住宅街上空を、飛行機が航行する計画がある。東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、あるいは訪日外国人観光客増大による国際線の需要拡大、さらには国際競争力の強化を図るべく旅客機の増便を実現するため。いくつかの計画ルートがあるうち、都心上空の新しい着陸ルートは南風が吹いている午後1 ...

  • ハーシーとキャンベルスープが菓子メーカーの買収を続ける狙い

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    米国のスナック菓子市場に熱い視線が向けられている。同国のチョコレート菓子大手ハーシーと食品大手のキャンベルスープはいずれも12月18日、国内の菓子メーカーを買収すると発表した。ハーシーはポップコーン「スキニーポップ」を手掛けるアンプリファイ・スナック・ブランズを16億ドル(約1800億円)で、キャン ...

  • アメリカの不動産で次に「上がる」地域は?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テキサス州の北部に位置するダラス・フォートワース複合都市圏は、アメリカのなかでも、特に発展が著しい地域だ。現在では、人口が500万人を遥かに超え、アメリカ全体でも第4位の大都市に成長している。アメリカ不動産に精通しているリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN & CEOであるNICK ...

  • 入居者の満足度が生む、好循環のマンション投資

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    将来への資産形成、このままでいいとは誰も思っていない自分の10年後、20年後のライフスタイルをしっかりイメージできているだろうか。貯蓄や資産は、正しい見極めのうえに立ち、長期で考えるのが鉄則だ。低金利に期待できないまでも分散投資の一翼を担う貯蓄か、それとも株式などのエクイティ商品か。働き盛りのビジネ ...

  • 世界最大級のモール「ウエストフィールド」が3兆円で身売り 

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    オーストラリア本拠のショッピングモールの運営会社「ウエストフィールド」が、157億ドル(約1.8兆円)でフランスの商用不動産企業「ウニベイル・ロダムコ」に買収されることが決定した。ウエストフィールドの負債額も含めると、買収総額は247億ドル(約2.8兆円)となっている。世界最大級のショッピングモール ...

  • ペイパルマフィアが創業の決済企業「Affirm」が新ユニコーンに

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    Eコマースでの買い物の際に即時ローンを提供するフィンテック企業「Affirm」が、新たに2億ドル(約227億円)を調達した。同社は主に、クレジットカードを持たない若い世代をターゲットとしている。Affirmはサンフランシスコ本拠の企業。今回のシリーズE資金調達はシンガポール政府投資公社(GIC)がリ ...

  • サウジ国営企業がテスラの競合に? 環境重視のトラックを開発

    Ellen R. Wald , CONTRIBUTOR

    サウジアラビアは世界で最も石油埋蔵量が多い国の一つであり、全ての住民を対象に、ガソリン代を補助している。その同国で最先端の二酸化炭素(CO2)回収技術の研究が進められているとは、意外なことにも思える。サウジアラビアは、有害なCO2の排出量を削減するための新たな方法を研究している。さらに、それほど遠く ...

  • 米億万長者11人はビットコインをこう見る 関わる業界で温度差

    Bryan Rich , CONTRIBUTOR

    世界中で起きていることの全てを見回してみれば、ビットコインが最大のニュースの一つであることは確かだ。人はバブルが拡大していく様子を眺めるのが大好きだ。そして、そうする中で私たちの心をよぎるのは、「チャンスを逃すことへの不安」だ。ビットコインは多くの人たちに、その不安をもたらしていると考えられる。これ ...

  • 韓国「仮想通貨全面禁止はデマ」 金融委員会が否定

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    韓国では全ての仮想通貨の取引きが禁止されるとの説が浮上したが、パニックになる必要はないようだ。規制当局はこの噂を否定した。今回の騒ぎは、政府関係者が仮想通貨の禁止を“検討中である”との発言を引用した、地元メディアの報道を受けてのもの。韓国では李洛淵(イ・ナギョン)首相が、若者 ...