• 「金」のトレンドはロンドンで動く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古来、気高くも美しい輝きで私たちを魅了してきた「金」。普遍的な価値の象徴として経済と深く結びつく一方で、人々の生活に根付き、文化的側面も彩ってきた。私たちはいかに「金」と付き合っていくべきか。渡欧中のブリオン・ジャパン代表取締役CEOの平井政光に同行し、ロンドン、ウイーンへ。前編では、ロンドンにその ...

  • 実は勘違いしている?ブロックチェーンと暗号通貨、6つの誤解

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビットコインやその仕組みについては、残念ながら一部で誤った知識が伝えられている。恥をかかないためにも、デジタル時代の「お金の教養」をしっかり身につけておこう。ビットコインとブロックチェーンについては、いまだに誤解が少なくない。ビジネスであれ、投資であれ、この世界に足を突っ込むつもりなら、基本的なメカ ...

  • 反発の弱さの正体は世界的な株安か?[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末からここまでのビットコイン価格は、70万円台を挟んだ小動きとなっている。国内仮想通貨取引所に行政処分が入ったタイミングで、65万円水準まで下落したが、その後は下げ渋っており、74万円台まで値を戻している。ただ、戻りのスピードは鈍く、30日移動平均線(73.7万円)を一気に上回るような強い動きは ...

  • 欧州の「ダイナミックな都市」、ブレグジット不安の英国が上位に

    Roger Aitken , CONTRIBUTOR

    英国の欧州連合(EU)からの離脱、ブレグジットの“D-デイ”が近づくなか、英国にとっては世界の終わりが近いと考えている人もいるかもしれない。だが、その英国にとっては朗報と言える調査結果が発表された。運用資産額が昨年末時点で約166億ユーロ(約2兆1300億円)に上る不動産投資 ...

  • 世界初の「仮想通貨」長者番付 富を得たパイオニア19人

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その価値も、評価も大きな振れ幅で変動を続けている仮想通貨。どのような人々が、どれだけ、この新しい仕組みのなかでの富を得ているのだろうか。仮想通貨の世界では、何十億ドルもの富が一夜にして築かれることもある。そこではスピードこそがすべて。そして、CZことジャオ・チャンポンは、他の誰よりも速い。この41歳 ...

  • 「体験」こそが、投資家としての眼力を磨く

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    今年、創業60周年を迎えたアウトドア用品メーカー「スノーピーク」。同社に投資する筆者は、キャンプを通じて「人間性が回復した」と語る。投資先に学べば、必ず次の投資に生きると説く。新潟県三条市にある「スノーピーク」というアウトドアに特化したメーカーに投資をしている。同社は「人生に、野遊びを。」という素敵 ...

  • ミレニアル世代向け投資会社「Swell」の挑戦

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    米国ではミレニアル世代の約38%がサステナブル投資に興味があると言われている。注目の市場の中で目覚ましい運用成績を上げるのがデイビッド・ファンガーの「Swell」社だ。ロサンゼルス地区の下水4560万ガロンを一日に処理可能な「ドナルド・C・ティルマン下水再利用プラント」。泡立つ汚水を眼前にヘルメット ...

  • FUNDBOOKが描く、健全なM&Aが行われる未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    廃業率の増加。日本が抱える経済連鎖の断絶という問題に、平等で可視化されたM&Aという手法で、解決の糸口を切り拓こうとする社会起業家がいる。FUNDBOOK(ファンドブック)の畑野幸治が見つめるM&Aプラットフォームの先にある未来とは。M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFU ...

  • 家自体がコンピュータになり、AIが居住者のアクションを妄想する未来【落合陽一×アシュトシュ・サクセナ】

    INVALANCE blueprint , .

    CASPAR AIを開発したBoT社CEOのアシュトシュ・サクセナ氏が現代の魔法使い・落合陽一と描く住居の未来の姿。そこでは子どもたちは犬や猫と遊ぶようにAIやIoT機器と戯れ、高齢者は日常のアクションでAIの恩恵を受けることができる。そこにはもう壁のスイッチもインターフェイスも存在しない。住居自体 ...

  • テザー疑惑で米ドル建て主導の下げ相場に[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末から今週にかけてのビットコイン価格は売り優勢となっており、14日早朝には70万円ちょうどまで下落(フィスコ仮想通貨取引所(FCCE))した。2月22日につけた取引時間中の年初来最安値(FCCE)をうかがう展開となっている。先週末に韓国の取引所がハッキングの被害にあったと伝わっており、度重なるハ ...

  • 取引所の「黒船」来たるが凪相場続く[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末から今週にかけてのビットコイン価格は、80万円台を挟んでの小動き推移となった。目立った売り買いの材料が観測されないなか、力任せの売り仕掛けも入らなければ、上値を追うような展開も見られない様子見姿勢の強い地合いとなっている。そんななか、米仮想通貨取引所大手のコインベースが日本に進出すると伝わって ...

  • 「失敗する3つのL」から考える経営者の価値観

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    世代によって経営者のマネジメントスタイルと、その生き方が異なるのは当然のことだ。マッチョ系と平成生まれ、その違いはあれども、「適応することが大事」だと筆者は語る。米カリスマ投資家ウォーレン・バフェットが、経営者が失敗しやすい「3つのL」という話をしている。それは、Liquor, ladies and ...

  • ブロックチェーン事業で本当に必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ゴールド(金現物)の所有権情報をブロックチェーンに記載することで、その流動性向上を試みる「ブリオン・トークン」。ローンチを眼前に控え、これを開発する英国法人「ブリオン・トークン・ジャパン」をグループ会社として設立したブリオンジャパンの平井政光CEOは今回、溝部拓郎氏と対談した。JPモルガン証券のテク ...

  • Yコンの新たな取り組み、「投資家養成スクール」に行ってみた

    森若 幸次郎 / John Kojiro Moriwaka , Official Columnist

    世界最高峰のスタートアップ養成所(アクセラレーター)といえば、シリコンバレーの「Yコンビネータ」だろう。スタートアップにとっての「Yコン」は、学生にとってのハーバード・ビジネス・スクールやスタンフォード大学のように、成功を約束する名門校のようなものだ。これまでに輩出されたエアビーアンドビーやドロップ ...

  • 中国アリババ、イスラエルのデータ解析企業「SQream」に大型出資

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    中国のアリババはイスラエルのテック業界への投資を活発化させている。5月30日、同社はテルアビブ本拠のGPUデータベースプロバイダ企業「SQream」の、2640万ドル(約29億円)のシリーズB資金調達を主導したことが明らかになった。中国企業のイスラエルのハイテク企業向け投資熱は高まっており、「バイド ...

  • 投資への第一歩には必ずすべきことがある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    投資家の裾野が急速に広がっている。最大の理由は、金融庁が中心となって、ジュニアNISA、積立NISAなど、投資初心者や資産形成層にあたる若年層の投資のハードルを下げる非課税投資制度(NISA)を導入し、さらに顧客本位の業務運営の原則の導入を金融機関に推進したことだ。大きく変わってきた投資環境投資家の ...

  • 不動産投資成功への「合理的」発想とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    資産デザイン研究所社長、内藤忍。外資証券で鳴らしたシュールでドライな投資手法を不動産領域に持ち込み成功。その投資スタイルは、富裕層や一般投資家から圧倒的な支持を得ている。そんな気鋭のインベスターに訊く、成功するために必要な合理的な投資術とは。住宅ローンと不動産投資不動産市場が好況だ。しかし、個人投資 ...

  • ビジネスの要素を持つ不動産投資の極意は、学びにあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブームが一服したと言われる不動産投資。だが、物件価格やリスクを読み解けば、成功する余地はいくらでもある、と長嶋修氏は説く。市場を知り尽くしたそんなトップコンサルに訊く、不動産投資で最も大切なこと。現在の投資環境を私はこう見る 2012年に自民・公明両党が政権を奪還して以来、不動産投資熱が続いてきた。 ...

  • 「ネット」と「リアル」が調和して生み出す新たなるIoT賃貸経営プラットフォーム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    IT化に最も遠いといわれてきた不動産業界。そこに自社開発を武器に、居住者・オーナー・管理会社をシームレスにつなぐ真のリアルエステート・テックを実現した「Apartment kit 」。前年同期比176.8%(2017年12月末時点)の売り上げ達成で勢いに乗るTATERUが、ワンストップで描き出すアパ ...

  • いまこそインカム狙いの不動産投資の好機 人生の目標は必ずかなう

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    物件の仕入れから出口戦略まで、十全の備えで投資家をサポートするフリーダムインベストメンツ。創業11年、デフォルトゼロの実績の裏には、同社代表取締役社長、宇野公啓の強いリーダーシップがある。堅実な姿勢と揺るぎない意志で投資家を惹きつける宇野の視線の先には、不動産投資によって誰もがポジティブな生き方を選 ...