• ウーバーの成長の原動力、カラニックCEOの「問題解決型」思考とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ウーバーはなぜ、シリコンバレー史上最速の成長を実現し、世界最大のユニコーン企業になれたのか。その原動力には、カラニック流の創造的問題解決思考があった。ウーバー社の会議室で、トラビス・カラニックが雑音を遮断して考え込んでいた。グレーのポロシャツとチノパンに、黒のスニーカーを履いた彼は席を立つと、バスケ ...

  • 不法移民から起業家に 米パレスチナ人女性が歩んだ過酷な人生

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    クラウドファンディングで30万ドル(約3360万円)以上を集め、大きな話題を呼んだ防犯用のスマートジュエリー「Athena」が、ついに出荷を開始した。Athenaはスマートフォンのアプリと連動して位置情報を発信したり、大音量アラームを鳴らしたりできるウェアラブルデバイス。サイズは25セント硬貨より一 ...

  • ジュエリーからペット用品に鞍替え、アマゾンを追走する小売サイト

    Susan Adams , Forbes Staff

    アメリカのeコマース業界で、いま抜群の規模と成長率を誇る未上場企業といえば、ペット用品を扱う「Chewy(チューイ)」だ。ユーザー数は300万人を超え、売上高は2017年に15億ドルに達する見込み。国内でのシェアは43%で、アマゾンの48%に迫る勢いだ。「ペット用品販売で世界一になりたい」とライアン ...

  • オフィスの電話が出先で取れる、発信できる ビジネスコミュニケーションの常識を覆すDialpad

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    "Kill The Desk Phone"というスローガンとともに、昨年12月にサービスをスタートさせたDialpad Japan。オフィスのデスクに不可欠なビジネスフォンおよび、部屋の片隅に存在する電話交換機(=PBX装置)を排除することができるDialpadに、旧態依然の電話番な ...

  • フィット感抜群「3Dプリンター」製サンダル キックスターターで始動

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    フットウェアスタートアップの「Wiivv Wearables」は、3Dプリント技術を用いて靴づくりを革新しようと考えている。同社は3月23日、キックスターターで3Dプリントで作られたサンダルのキャンペーンを開始した。「全ての靴はカスタム化が可能だ。まずはサンダルから新しい靴づくりのあり方を提案してい ...

  • 女性スタートアップ起業家が投資家へのピッチで勝ち残る方法

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    女性起業家にとって、女性をターゲットにした商品を投資家に売り込むことは容易ではない。なぜならベンチャーキャピタル(VC)の世界は男性が主流であり、トップの93%は男性だからだ。女性起業家の多くは、ピッチの場にいる男性投資家たちに「妻に意見を聞いてみるよ」と言われた経験があるだろう。あるいは、彼らは女 ...

  • 世界最大の起業家支援団体「エンデバー」の全貌

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    世界規模に広がる、新しい起業家エコシステムに注目が集まっている。それは創立20年の歴史を持つ米国NPO「Endeavor(エンデバー)」だ。「持続的な経済成長は市場にインパクトを与える起業家によって支えられている」。世界30拠点に活動拠点を構え、世界各地の起業家1400人以上、世界中のメンター300 ...

  • フェイスブックも使う「新卒特化型求人サイト」 21億円の資金調達

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    大学生を中心とした若い世代に特化した求人プラットフォームのWayUpが1850万ドル(約21億円)のシリーズB資金調達を行った。女性CEOのLiz Wesselが率いる同社としては、これまでで最大の資金調達の一つになった。ニューヨーク本拠のWayUpはこれまでに累計2750万ドルの資金を調達している ...

  • 「欧州版インスタグラム」 EyeEmを生んだベルリンの起業家

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    ドイツのベルリンが生んだ写真アプリが「EyeEm(アイエム)」。独自の画像解析テクノロジーを武器に、4人の共同創設者らは今、グーグル撃破をも視野に入れている──。アイエムでCTOを務めるラムツイ・リックは1982年生まれ。16歳の頃に父から貰ったキヤノンの一眼レフの名機「A-1」を今でも大切にしてい ...

  • クラウドファンディングは「ベンチャー投資のあり方を破壊する」

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    アメリカで施行された新法は、スタートアップを量産するだけでなく、VC業界を“破壊”するかもしれない。アメリカでイノベーションを加速する新法が昨年6月に施行された。2012年、バラク・オバマ大統領が署名した新興企業による資金調達の規制を緩める「JOBS法(Jumpstart O ...

  • 小型衛星打ち上げ企業「ロケットラボ」が企業価値10億ドル突破

    Alex Knapp , Forbes Staff

    小型衛星の打ち上げを行う宇宙ベンチャー企業「ロケットラボ(Rocket Lab)」は、新たな資金調達により企業価値が10億ドルを超えるユニコーン企業の仲間入りを果たした。米ロサンゼルス本拠のロケットラボは3月21日、7500万ドルのシリーズD資金調達を行ったと発表。今回のラウンドで同社の評価額は10 ...

  • 「起業立国」を目指す北欧の小国、フィンランドの素顔

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    ゲーム会社のRovioやSupercellをはじめとする有名スタートアップを生み出し、海外のテクノロジー企業も進出を加速させている北欧の小国フィンランド。「起業立国」を目指す同国の取り組みを、ヘルシンキの現地レポートで探った。「フィンランドに生まれたら、自動的にグローバルになれる。そこが君たちの強み ...

  • グーグルがベルリンに開いたスタートアップ製造基地「ファクトリー」の全貌

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩壊したのは1989年のこと。最初にこの街に来たのは貧乏アーティストたちだった。その次に来たのが最盛期に100万人を動員した野外レイヴ「ラブパレード」でプレイするDJたちだった。 そして、今この街に集まるのは世界中の起業家たちだ。 ベルリン中部のミッテ地区、1万60 ...

  • トリー・バーチが語る女性が「野心」を抱くことの大切さ

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ラルフ・ローレンやヴェラ・ウォンのPR担当者から、自らの名を冠した世界的ブランドのチェアマン兼CEOへ——。その輝かしいキャリア変遷を見る限り、トリー・バーチは野心的(ambitious)な人間であると言わざるを得ない。しかしバーチ本人は、ブランドの創業について語った2004 ...

  • 相対性理論も移動都市も! 「ありえない仮説」がイノベーションを生む

    電通総研 Bチーム , CONTRIBUTOR

    日本でも有名になった建築家の故ザハ・ハディド。彼女がなぜ世界的な建築家になったのか? 彼女の発想を辿っていくと、実は物理学にも共通することがわかる。ありえない仮説を立てることで、思考停止を打ち破る。イノベーションも同じだ。ビッグアイデアは荒唐無稽な仮説から生まれるのだ。2013年に国立競技場の建て替 ...

  • 「副業解禁」から見えてきた理想的な働き方/ロート製薬 吉野俊昭社長

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロート製薬株式会社が2016年6月に始めた、斬新な2つの制度が話題になった。コーポレートアイデンティティ「NEVER SAY NEVER」実現のため、枠組を超えた働き方に挑戦できる「社外チャレンジワーク制度」と「社内ダブルジョブ制度」である。代表取締役社長兼COOの吉野俊昭氏にスタートから8か月経っ ...

  • 「机上の空論」に終わらないプロトタイプが続々登場! デジタルハリウッド大学大学院「デジコレ7」を開催

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    実学に根ざした応用力と実践力を養成する校風2004年の設立以来、「ビジネス」「クリエイティビティ」「ICT」の融合こそがこれからの社会において重要だと考え、学術の研究だけでなく、実学に根ざす応用力と実践力の養成に力を入れ続けてきたデジタルハリウッド大学大学院(DHGS)。そうしたカリキュラムの集大成 ...

  • NY発のマッチングアプリ 創業者が「アジア人向け」にこだわる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    3年ほど前のある寒い冬の日。時岡真理子は、ニューヨークのブライアント・パークを何枚もの小さなカードを持って歩いていた。「独身ですか?恋人いませんか?」アジア系の人々を見かけたら片っ端から声を掛け、自社のサービスを説明する。「思い返せばまるでナンパ」と笑うが、必死だった。彼女が2013年にニューヨーク ...

  • 大手アクセラレータCEOに聞く 「選ばれる起業家」の特徴

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業支援プログラムを運営するアクセラレータの「Techstars(テックスターズ)」。国境や業界を超えて展開する”グローバル・アクセラレータ”を志向する理由をデビッド・ブラウンCEOに訊いた。──テックスターズが生まれたのは2006年。07年のプログラム開始から早10 ...

  • 世界トップを目指すベンチャーキャピタルの新たな挑戦

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    専門人材30人が徹底支援を行う“ハンズオン投資”を掲げる独立系VCグローバル・ブレイン。純投資とCVCの双方を手掛けるハイブリッドスタイルで、世界的にも稀な“VCの新たな姿”を描き出す。シリコンバレー本流企業にもリードインベスターとして参画し、グローバ ...