• 経営で行き詰まったら「ミドリムシ」視点で考える

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    エンタープライズIT(大企業向けIT)分野でユーザー企業の支援に特化したITコンサルティング会社を運営するウルシステムズの漆原茂氏と、植物と動物の性質と59種の栄養素をもつハイブリッドな生物「ミドリムシ」を使って地球の食料、環境、エネルギー問題の解決をめざすユーグレナの出雲充氏。東大発ベンチャーの先 ...

  • 東大発ベンチャー起業家が説く、「起業のすすめ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    エンタープライズIT(大企業向けIT)分野でユーザー企業の支援に特化したITコンサルティング会社を運営するウルシステムズの漆原茂氏と、植物と動物の性質と59種の栄養素をもつハイブリッドな生物「ミドリムシ」を使って地球の食料、環境、エネルギー問題の解決をめざすユーグレナの出雲充氏。東大発ベンチャーの先 ...

  • 一にも二にもスピード感! WHILLの「高速PDCA」の秘密

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    電動車椅子に、従来の福祉機器とは違う新しい価値観をもたらした、その革新的で驚異的なスピードの開発を導く「CDO(チーフ・ディベロップメント・オフィサー)」の神髄はどれだけ良いアイデアを着想し、綺麗なスケッチが描けたとしても、製品化して生産していく力がなければ、ただの机上の空論でしかない。試作段階から ...

  • 「自覚症状がないものを見える化したい」、若き研究者の描く未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    東大在学中に起業する道を選んだ二人の高橋氏、ジーンクエスト高橋祥子とナイル高橋飛翔。新進気鋭の起業家ふたりに未来はどう見えているのか。また、生涯をかけて解決したい課題はあるのか、語ってもらった。(第1回/第2回)高橋祥子(以下、祥子):私が今の事業で挑戦しているのは、ゲノムを中心にヒトの生命の仕組み ...

  • テンセント創業者が設立の教育賞「賞金4億円」を米教授らに授与

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国テンセントの共同創業者の一人、Charles Chen Yidan(陳一丹)が2016年に設立した国際教育賞「Yidan Prize」の第2回の受賞者が12月9日、発表された。Yidan Prizeは教育分野のイノベーターに贈られる国際賞で、教育分野に変革をもたらした個人を表彰する。今年は教育リ ...

  • 首相になるには時間がかかる、だから「ビジネス」という道を選んだ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ともに大学中に起業、東大出身、名前が高橋……1400万人に1人という共通点を持つ、ジーンクエスト高橋祥子とナイル高橋飛翔。なぜ、起業という一見リスクの高そうな道を選んだのか。また、経営で大切にしていることは何なのか聞いた。(前回記事はこちら>>)祥子:京都大学 ...

  • 1400万分の1の確率で出会ったふたりが「起業」を選んだワケ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    唾液を採取するだけで、疾患リスクや体質の特徴など約300項目についての遺伝情報が得られるサービスを提供するジーンクエストの高橋祥子と、デジタルマーケティング事業と情報サービス「Appliv」などのスマートフォンメディア事業を展開するナイルの高橋飛翔。東大在学中に起業した二人に、起業を考えるようになっ ...

  • きっかけは米国での原体験 「出張手配」の簡素化を目指す

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    細谷智規が2014年8月に創業したボーダーは、海外出張の申請、手配、工程管理をオンライン上で完結できるサービスを提供する。同社スタッフが、バーチャルアシスタントとして必要な手配をクラウド上で代行。出張予定の社員は航空券やホテルの仮押さえをチャットで相談、法人の管理部門は社員の出張状況や安全管理を一覧 ...

  • ユーザー数はスラック以上、ゲーマー向けチャット「ディスコード」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    登場からわずか2年で爆発的に広まったチャットアプリのディスコード。人気の火付け役となったゲーマーたちのあいだで、圧倒的な評価を得ている理由とは?週6日、自分がゲームをしている様子を170万人のフォロワーに向けてストリーミングで中継する通称リリク(26)は、ゲーム界のスターだ。プレー中、彼の画面にはひ ...

  • ムスリム・ファッションの魅力を世界へ、マレーシア人女優の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    母国マレーシアの美少女コンテスト、Dewi Remajaで優勝したのは2010年のこと。その4年後、ノール・ネロファ・モド・ノールは「ヒジャブ(ムスリム女性が頭を覆うスカーフ)」を身にまとうことを決め、それがオシャレに敏感なムスリム女性たちを触発するファッションブランド、「Naelofar Hija ...

  • LVMHも出資のラグジュアリーEコマース「Moda Operandi」がアジア進出へ

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ラグジュアリーファッションのEコマース企業「Moda Operandi(モーダ・オペランティ)」は先日、1億6500万ドル(約186億円)の資金調達をアナウンスした。2010年創業の同社はニューヨークを本拠に、トップブランドの最新コレクションをファッションショー後にすぐプレオーダーできるサービスで支 ...

  • 政府主導は吉と出るか―アジアのオープンイノベーション事情

    木村 忠昭 , Official Columnist

    近年、日本ではオープンイノベーションが盛んに行われているが、他国ではどうなのか?協業もスムーズで、新規事業も醸成されているのか?2020年先進国入りを目指すマレーシアのIT都市・サイバージャヤで世界中からスタートアップを募集し、育成からASEAN地域でのビジネス展開まで支援する「MaGIC(Mala ...

  • 韓国のクラフトビールをアジアに、30歳起業家夫婦が描く夢

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    韓国でクラフトビール製造を手がけるヤン・ソンフは妻のキム・ユンとともに今年のフォーブスの「30アンダー30」(30歳未満の重要人物)のアジア部門に選出された。二人がソウルの梨泰院(イテウォン)地区で営むクラフトビール専門バー「The Booth」は独自に醸造したクラフトビールと、国内外の手作りビール ...

  • 元グーグル社員が創業したインフルエンサー広告企業「Unity」の実力

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    インフルエンサーを起用したプロモーションを行う上で課題となるのが、コストの問題だ。しかし、一般に思われているよりも低コストで利用できるサービスもある。マシンラーニングを活用し、インフルエンサーと企業をつなぐプラットフォームが「Unity」だ。Unityを創業したのはJacobo Lumbrerasと ...

  • 不法滞在者にも奨学金を メキシコ移民女性がアプリに託す夢

    Caroline Howard , FORBES STAFF

    「私たちは子どもの頃から、学校でちゃんと勉強すれば大学に進学できると言われ育ってきました」と、サライ・エスピノサ・サラマンカ(27)は言う。「でも、不法滞在者は普通の人と同じようにはいかないとは、誰も教えてくれませんでした。不法滞在者にとっては、大学進学はずっと大変なのです」サラマンカは、米国内の滞 ...

  • カリブ諸国に進出狙う米テック企業ら、ジャマイカに集結

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    スタートアップ企業の65%は失敗する。その理由はプロダクトの需要がないからではない。また、資金調達の挫折が原因でもない。Alta Ventures共同創業者のPaul Ahlstromは、スタートアップの多くは創業者の経験不足が原因で破綻すると述べた。ジャマイカで開催されたテックイベント「TechB ...

  • シリコンバレー有力VCと日本の地方都市 異色なコラボの舞台裏

    多名部 重則 , Official Columnist

    シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタル(VC)と日本の地方自治体は一緒に仕事ができるのか? 本来混ざり合うことがない500 Startupsと神戸市による“水と油”の異色タッグは、偶然の出会いから始まった。 2015年6月、神戸市の久元喜造市長は、同年に始めた「起業家支援」 ...

  • 「境界をまたぐ」中国人連続起業家の挑戦

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    日本、そしてスタンフォード大学への留学、中国での起業・バイアウトを経験。その後、訪日観光客向け飲食予約サービス「日本美食」を立ち上げた。米中日で経験を積んだ連続起業家は、なぜいま、日本で起業したのか。「いま、タイムマシン経営のモデルはアメリカではなく中国です。欧米や日本の優れた企業が中国市場で成功で ...

  • インドネシアで最注目の若手富豪、配車アプリ「Go-Jek」創業者

    Angel Au-Yeung , CONTRIBUTOR

    フォーブスが先日発表した「インドネシアの富豪50人」の平均年齢は68歳で、50人のうち37名が60歳以上だった。インドネシアで若くして財を成す人は非常に珍しい。しかし、急成長を遂げる分野では若き富豪たちが出現している。下記に紹介する3名はインドネシアの富豪ランキングで50位以下だが、2名はテック業界 ...

  • 日本の起業家ランキング2018、66歳・33歳の起業家がダブル1位

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが本当に世界を変えているのだから」──かつてアップルのTVCMで流れていた印象的な言葉、スティーブ・ジョブスが大事にしていた哲学。あれから20年、日本、そして世界には、あらゆる領域で本気で世界を変えようと壮大なビジョンに挑んでいる人たちがいる。フォーブ ...