• 中国バイドゥの自動運転バス「アポロン」、量産を開始

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は7月4日、自動運転バス「アポロン(Apolong)」の量産を開始したことを明らかにした。近く北京のほか深セン、武漢などの都市で営業運転を開始する予定だ。アモイ金龍聯合汽車工業と共同開発した乗車定員14人のアポロンは、「レベル4」の自動運転技術を採用して ...

  • 起業に適した米国の州 トップ10とワースト10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米国では、ビジネス環境、必要リソースの利用しやすさ、そしてコストという観点からみて、起業に適した州と適さない州がある。クレジットスコア・個人向け金融情報サイト「ウォレットハブ(WalletHub)」は最近、これらの条件に的を絞って各州をランク付けした報告書を発表した。ウォレットハブの調査は、以下の3 ...

  • グーグルが教えてくれない情報がそこにはある!「ハッシュタグ進化論」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ハリウッドから世界中へと広がった「MeToo」ムーブメント。ニュースでは、「#MeToo」と表記されることも多いのも、この「#」こそが全てのはじまりだったからです。SNSの便利な機能から、社会の常識を塗り替える道具に、進化してきたハッシュタグ。BチームSNS担当が、その「奥深さ」を語ります。ツイッタ ...

  • EVにまつわる数々の「うそ」 既存産業が保身のため拡散

    Enrique Dans , CONTRIBUTOR

    石油業界と自動車業界では、電気自動車(EV)に関する誤った情報を流布する試みが露骨さを増している。その目的は、地球環境や人々に害を及ぼすとの認識が日々高まるビジネスモデルを守ることだ。この問題については、英紙ガーディアンや米CNBCテレビなどが報じている。こうした偽情報の中には、EVは従来型自動車よ ...

  • W杯でのメッシを例に考えるボディランゲージの重要性

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場したアルゼンチン代表のフォワード、リオネル・メッシは4試合でわずか1ゴールしか決めることができなかった。もちろん、サッカーはチームスポーツだ。アルゼンチン代表が多くの人の期待を裏切る結果となった責任を、メッシだけに負わせることはできない。だが、それでも今 ...

  • 中国の女性アパレルDAZZLEが上場、創業者は資産15億ドル突破

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国のレディースアパレル業界を牽引するブランド「DAZZLE FASHION(ダズルファッション)」は6月に上海市場でIPOを果たし、同社の女性会長のMa Ruimin は世界のビリオネアランキングの仲間入りを果たした。現在53歳のMaは娘のMa Yixinとともに、Dazzle Fashionの株 ...

  • 日本の子供に金融教育が必要な理由

    森永 康平 ,

    ここ数年FinTech、つまり金融とテクノロジーの融合により金融サービスは劇的に進化してきた。クラウドファウンディングは金融機関を通さずに世界中から資金調達をすることを可能にした。銀行のような間接金融から、個人レベルでの直接金融へと、金融自体の在り方も変化している。資産運用の世界でも、ネット上で数問 ...

  • ロイヤルウエディングのケーキを作った米職人 独占インタビュー

    Bridget Arsenault ,

    メーガン妃とヘンリー王子の結婚式でウエディングケーキを任せられた米国人菓子職人、クレア・プタックは、英王室伝統のタワー型フルーツケーキではなく、鮮やかな生花を散らし、アマルフィレモンとエルダーフラワーを使った夏らしいケーキを用意した。フードスタイリストやレシピ本の作者として長年活躍してきたプタックは ...

  • 業績好調のナイキについて注目すべき5つのこと

    Andria Cheng , Contributor

    米スポーツブランドのナイキの株価が株は6月29日、過去最高値を記録した。同日に行った3〜5月期(第4四半期)決算発表では、特に注目を集める市場で期待を上回る結果となったことを明らかにした。3期連続で減少していた北米市場での売上高は同期、前年比で3%増えた。為替変動の影響を除いた売上高は大中華圏で同2 ...

  • ベストセラー作家が日本の経営者におくる、10年後勝つための提言

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    21世紀のビジネスをデザインするグローバルコンサルティング会社トゥモロー社のCEOであり、ベストセラー『Futuretainment』の著者マイク・ウォルシュによる日本の経営者への提言とは何か━。「未来を考えるということは破壊的技術を発明することではない。むしろ、それによって人がどのような経験をし、 ...

  • サウジアラビア、女性の運転解禁で「10兆円の経済効果」

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    サウジアラビアで6月24日、女性の自動車の運転が解禁された。「ブルームバーグ・エコノミクス」は女性の運転解禁により、2030年までに900億ドル(約9.9兆円)の経済効果がもたらされると分析した。運転免許の申請を行なった女性の数は、最初の12時間だけで12万人に及んだという。この動きはライドシェア事 ...

  • ペイパルが買収発表のアイゼトル、スクエアとの競争に強気姿勢

    Oliver Smith , Forbes Staff

    社会のキャッシュレス化が進むなか、ロンドンでは街なかでパフォーマンスを披露する大道芸人たちも、スマートフォンと連携した端末を通じてのモバイル決済サービスを利用できるようになっている。米オンライン決済サービス大手ペイパルは先ごろ、小規模事業者向けの決済サービスを提供してきたスウェーデンのアイゼトル(i ...

  • メガバンク超えのARUHIがフェーズ3で示す成長戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本初のモーゲージバンクとして誕生したアルヒ株式会社。インターネット繰上げ返済サービスや本格的な住宅ローン代理店制度など、日本初となるサービスを次々と実現してきたパイオニアだ。社員数320人ながら2018年3月期の融資実行額は約7,000億円に達し、みずほ銀行を超えたようだ。さらに、CEO兼COOの ...

  • 米国新モビリティ革命、電動スクーターBirdが20億ドル企業に

    Biz Carson , Forbes Staff

    今から1年前、バードという言葉を聞いて人々が思い浮かべるのは鳥以外になかった。しかし、電動スクーターのシェア企業「バード(Bird)」は今やシリコンバレーで最もホットなスタートアップになりつつある。ベンチャーキャピタル「CRV」のSaar Gurは次のように話す。「彼らがやろうとしていることは、新た ...

  • アマゾンのオンライン薬局買収で激化する個人データ取得合戦

    長野 慶太 , Official Columnist

    アマゾンがアメリカでオンラインの薬局を買った。アマゾンは多くの会社の買収を続けているため、そのすべてがいちいち報道されることはないのだが、今回はひさしぶりにインパクトが強く、各メディアとも重要なトピックとして報じている。買収することを発表したのはPillPackという、2013年に生まれたばかりの会 ...

  • 製造業の「模倣品」問題にはブロックチェーンが有用 HP幹部の見方

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    さまざまな製品が模倣品の問題を抱えるなか、米ヒューレッド・パッカード(HP)のシェーン・ウォール最高技術責任者(CTO)は、製造業におけるこの問題はブロックチェーン技術の導入によって解決できる可能性があるとの考えだ。先ごろフォーブスのインタビューに応じたウォールは、同社が現在、初期段階にあるブロック ...

  • 起業家たちの人生に影響を与えた座右の書とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    先週から毎日1問1答、「Forbes JAPAN常連起業家に聞いた9の質問と回答」を公開している。9回目、最終回のテーマは「座右の書」。これまで本誌で取材をしてきた起業家たちはどんな本に影響を受けてきたのか? ここに6名の回答を紹介する。松本恭攝の場合「『フラット化する世界』。大学時代に読んで、イン ...

  • 米オンライン薬局買収のアマゾンに追加のM&Aが必要な理由

    Bruce Japsen , CONTRIBUTOR

    インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは先ごろ、米オンライン薬局のピルパックを買収すると発表した。投資家らはこの計画に非常に高い関心を示しているが、アマゾンが処方薬の販売事業で競争していくためには、ほかにも必要なことがある。米ドラッグストア大手のCVSヘルス(CVS Health)やウォルグリ ...

  • フェデラーがユニクロと300億円契約 ナイキから転向

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    ロジャー・フェデラーは1998年以来、ナイキとスポンサーシップ契約を結んでいた。グランドスラムで歴代最多の20優勝を記録したフェデラーの起用は、ナイキに大きなメリットをもたらした。フェデラーもまた、この契約により推定1億5000万ドル(約163億円)の報酬を過去20年間で得ていた。しかし、その契約が ...

  • 中国テック企業がIPO急ぐ理由、シャオミ・美団・アントの事情

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国では、多くのテック企業がIPOに向けた準備を加速させている。しかし、米中間の貿易摩擦がエスカレートしてボラティリティが高まる中、高騰するバリュエーションは投資家を獲得する上で障害になりかねない。過去2年で最大のIPOになると予想される「シャオミ」は、香港の株式市場に上場し61億ドルを調達する計画 ...