• 鬱屈としていた店長たちを変えた伴走型の「モチベーション改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「時空を超える、自分を超える 異次元のワークスタイル」と題して“働き方”を特集したフォーブス ジャパン5月号(3月24日発売)。「表情が暗かった」という店長たちを奮起させた、トリドールジャパンのモチベーション改革とは。全国に約790店舗(2018年2月末現在)を構える「丸亀製 ...

  • フェイスブックは高成長から「存続可能」へ? すでに市場に兆候

    Jim Collins , Contributor

    英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)への個人情報の流出問題などについて、最高経営責任者(CEO)が米議会で証言する事態となったフェイスブック。今こそ同社の株価の今後について、改めてよく考えてみるべき機会だろう。フェイスブックの時価総額は現在、4840億ドル(約51兆7000億円)前後。 ...

  • 合法大麻は米国をオピオイド危機から救うか? 研究が可能性を示唆

    Tom Angell , Contributor

    合法的な大麻の入手を可能にすることは、中毒性がある鎮痛剤のオピオイドに対する依存度を低減させる可能性がある──。米国医師会(AMA)が発行する医学誌JAMAインターナル・メディシンに発表された2件の新たな研究結果はいずれも、そうした見解を示している。ジョージア大学の研究チームは論文の中で、「医療用大 ...

  • 都市のスマート化目指す英企業、「発電するタイル」で世界へ躍進

    Kitty Knowles , Forbes Staff

    ローレンス・ケンボールクックは、人々の「歩み」で世界に電気を供給したいと考えている。彼が創業した英ペイブジェン(Pavegen)は、グーグルやコカ・コーラ、アディダスなどのインスタレーションに電力を供給してきた。現在は米政府とも協力している。「…あらゆる都市空間に数百万平方メートル分の ...

  • Netflix「ストレンジャー・シングス」が今秋、巨大リアル迷路に

    Simon Thompson , CONTRIBUTOR

    Netflixの大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」がこの秋、巨大迷路になって3カ所のテーマパーク(米国とシンガポール)に出現する。ユニバーサル・スタジオが今年の「ハロウィーン・ホラー・ナイト」のアトラクションの第一弾として発表した。毎年秋に開催されるユニバーサル・スタジオのハロウィ ...

  • 転換期の中国「自転車シェア」市場、大手Mobikeが美団に買収

    Bay McLaughlin , Contributor

    ここ2、3年で急成長を遂げた中国の自転車シェアサービスは、指定駐輪スペースを持たないドックレス形式で運営され、巨大な利用人口を抱えつつもほとんど利益を生んでいないことで知られている。そんな無謀ともいえるビジネスモデルに限界が見えてきた。現地メディアの報道によると、自転車シェア大手の「Mobike」が ...

  • スポティファイ、音楽著作権の「ビッグデータ企業」Loudrを買収

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    4月3日、米ニューヨーク証券取引所に上場を果たしたスポティファイが、同社の頭痛のタネである著作権がらみのトラブルを解消するスタートアップ企業を買収した。スウェーデン本拠のスポティファイは、サンフランシスコに本部を置く「Loudr」を買収した。Loudrの公式サイトによると同社は「音楽著作権のビッグデ ...

  • 組織力向上は業績向上に寄与する 現場一体型の「社内改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「時空を超える、自分を超える 異次元のワークスタイル」と題して“働き方”を特集したフォーブス ジャパン5月号(3月24日発売)。大企業が分業体制の中で陥る「コミュニケーションの希薄化」。それを乗り越え組織力を向上させた、日本ユニシスの取り組みとは。精緻な分業体制のもと、社員一 ...

  • 世界的大企業の女性CEOに関する認識、各国で事実と大きな隔たり

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    性暴力の被害を告発する「#MeToo(私も)」運動やセクハラ撲滅を訴える「#Time’s Up(時間切れ)運動が高まりを見せ、今年の世界女性デー(3月8日)は、「#PressforProgress(ともに前進を)」をテーマに掲げた。そうした中でも、世界には依然として、男女平等に関する問題 ...

  • 日本人が知らない中国Eコマース新勢力「拼多多」の戦略

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のEC大手「アリババ」は、これまで中国の3700億ドル(約40兆円)規模と言われるEC市場で独占的なシェアを握ってきた。しかし、内モンゴル地区のフフホト市に住む59歳のLiu Lipingにとって、アリババのモールは高額商品が多く手が出せないという。Liuは仕事を定年退職し、現在の月収は470ド ...

  • 80年目のスタートアップ アマゾンが教えを請う元工具問屋

    宮田 文久 , CONTRIBUTOR

    フォーブス ジャパンは2018年4月号で、創業10年以上で売上高100億円未満の価値ある企業を表彰するアワード「スモール・ジャイアンツ」を創設した。アドバイザリーボード12組の協力のもと、全国から250社を選出。「カッティングエッジ」「ローカル・ヒーロー」「グローバル」「セカンド・ローンチ」「ベスト ...

  • 難局打開のマーク・ザッカーバーグ、1日で資産「530億円」増

    Angel Au-Yeung , CONTRIBUTOR

    4月11日、米国下院エネルギー・商業委員会で開催された2日間にわたるフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグに対する公聴会が終わった。ザッカーバーグは当日、50名以上の議員たちからフェイスブックのプライバシーポリシーやビジネスモデル、不法薬物の売買といった件で厳しい質問を浴びた。しかし、株式市場 ...

  • 米MLBチーム資産価値、全球団で上昇 ランキング首位はヤンキース

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    フォーブスは4月11日、メジャーリーグベースボール(MLB)各チームの資産価値とそれに基づくランキングを発表した。今年で21回目の公表となるこのリストのトップを飾ったのは、例年どおりニューヨーク・ヤンキースだった。「ブロンクス・ボンバーズ」の愛称で親しまれる同チームのチーム価値は2017年シーズン、 ...

  • 「ティンダー」に攻勢をかける、女性起業家の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    成功は最大のリベンジ。格言を地で行く女性だ。創業に加わったティンダー(Tinder)を辞め、新たにつくった同じく出会い系アプリのBumbleが業界で大躍進する。 ティンダーで要職を務めていた2014年、元恋人のCEO(当時)から誹謗中傷や脅迫のセクハラを受けたとして同社を提訴。和解金で解決したが、ネ ...

  • 60名の組織を一枚岩に変貌させた「価値観の共有」と「ライバル意識」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「時空を超える、自分を超える 異次元のワークスタイル」と題して“働き方”を特集したフォーブス ジャパン5月号(3月24日発売)。成長著しいスタートアップはいかにして従業員のモチベーションを高め、「組織の成長」を実現したのか。成長著しいスタートアップの前に立ちはだかるのが「50 ...

  • スポンサー36社! 個人の課外活動「空飛ぶクルマ」が組織を動かす

    木村 忠昭 , Official Columnist

    日本企業のオープンイノベーションによる表面的活動は一巡し、本気のイノベーション創出活動を模索する段階に来ている。そこでは企業という枠組みを超え、個人のミッションやモチベーションを原動力にした動きも存在する。学生や社会人100名による業界有志団体、CARTIVATORもその一つだ。2020年東京五輪の ...

  • 廃業寸前からの復活 なぜ京都の老舗メーカーに世界中から依頼が殺到するのか

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    フォーブス ジャパンは2018年4月号で、創業10年以上で売上高100億円未満の価値ある企業を表彰するアワード「スモール・ジャイアンツ」を創設した。アドバイザリーボード12組の協力のもと、全国から250社を選出。「カッティングエッジ」「ローカル・ヒーロー」「グローバル」「セカンド・ローンチ」「ベスト ...

  • 「ハリポタ」舞台版、NYブロードウェイで空前のヒットに

    Lee Seymour , Contributor

    「ハリー・ポッターと呪いの子」がニューヨークのブロードウェイで上演され、空前の大ヒットを記録している。4月8日までの1週間の興行収入は合計213万8869ドル(約2.3億円)に達し、非ミュージカルの作品としては週あたり最高の売上を記録した。舞台版ハリー・ポッターの売上は、これまでブロードウェイの非ミ ...

  • 全米が大谷フィーバー! 「カネではない」純粋な野球愛に感動

    長野 慶太 , Official Columnist

    3試合連続ホームランや投手で2連勝し、大谷翔平が大リーグの週間MVPを受賞したが、日本人が想像している以上に現地の大リーグファンは大騒ぎをしている。筆者は在米21年になるが、ひとりの日本人がここまでアメリカを揺り動かすことはなかった。実はアメリカ人の大リーグファンにとって、大谷はこれまでの日本人大リ ...

  • 【編集部厳選】いま注目すべき、日本の「小さな大企業」11選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスは2018年4月号で、創業10年以上で売上高100億円未満の価値ある企業を表彰するアワードを創設した。アドバイザリーボード12組の協力のもと、全国から250社を選出した。「カッティングエッジ」「ローカル・ヒーロー」「グローバル」「セカンド・ローンチ」「ベスト・エンゲージメント」の5つのカテ ...