• イタリア進出のスタバ、地元のカフェ文化に切り込めるか

    Trefis Team , CONTRIBUTOR

    米コーヒーチェーン大手のスターバックスが先ごろ、イタリア・ミラノに高級店「リザーブ・ロースタリー」を開業した。同形態の店舗は、同社の拠点がある米シアトルのほか、中国・上海に次いで3軒目の開設となる。スタバは約20年前に欧州市場に進出して以降、同地域のほか中東、アフリカなど約40カ国に3100店以上を ...

  • カラシニコフが発表のEV テスラに「対抗」豪語も実態は未知数

    Guy Martin , Contributor

    ロシアは多くの輝かしい功績を生んできた。特に技術進歩の分野での功績は大きい。そのことを踏まえると、8月末にモスクワ郊外で開催されたロシア陸軍の国際軍事技術展示会で、自動小銃「AK47」の製造で知られるロシア企業カラシニコフが行った電気自動車(EV)の試作品「CV-1」の発表は、控えめなものだったと言 ...

  • ネットフリックスのインフラ支えるPagerDuty、企業価値13億ドル突破

    Alex Konrad , Forbes Staff

    ペイパルやネットフリックスといった有名企業のインフラを影で支え、「サーバのダウンを警告する」などの縁の下の力もちポジションで、彼らを支えるスタートアップが、創業9年の「PagerDuty」だ。PagerDutyの世間的認知度はさほど高いとはいえないが、クラウド企業としての評価額は10億ドルを突破して ...

  • 日本初、投資一任型の資産運用サービスが描く勝算

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いままで世界有数の金融機関が、これほどまでに徹底的に、日本の市場・投資家を研究・熟慮して構築した資産運用サービスがあっただろうか。「日本で投資を行うのですから、もちろん円建てが最適です。この低成長の世の中では、わずかなパーセンテージが勝敗を債券だけにとどまらず、株式、オルタナティブ資産などさまざまな ...

  • 元ひきこもりがつくった、バーチャル時代の新たなインフラ #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イベント動員数1万人以上。これは有名アーティストのライブ動員数ではない。インターネット上の仮想配信者「バーチャルYouTuber(VTuber)」がイベントで集めた人数だ。そんなVR空間でのイベントスペースを提供し、世界で初めてVR上での音楽ライブを開催した企業がある。バーチャルイベントに参加したり ...

  • 100円が100円以上の意味を持つ「キャッシュレス時代」のリスク

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    浦沢直樹氏の漫画「MONSTER」は、天才外科医Dr.テンマの勤める病院に、二人の瀕死の患者が次々と運ばれてくる話から始まる。最初の患者は孤児、その直後に運ばれてきた患者は町の有力者である市長。病院長は市長のオペを優先しろと言うが、テンマは、命の尊さは皆同じとの信念のもと、最初に運ばれてきた孤児の命 ...

  • オープンイノベーション「祭り」で賢く踊る7つのポイント

    鈴木 規文 ,

    2018年に入り、企業や自治体の「オープンイノベーション」がますます活発化している。特に活発なのが大企業だ。社内の新規事業開発に次の打ち手を見出せない大企業が、その打開策として社外のスタートアップと組む活動を加速させているのだ。私は行政や企業と組んで多数のアクセラレーター・プログラムに携わっているが ...

  • 中国の「ゲーム規制強化」で日本市場を狙うテンセントら

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国政府がオンラインゲームの規制を強める中、大手のゲーム会社は海外市場に活路を求めている。先日、中国政府が新作ゲームの本数や子供によるゲームのプレイ時間を制限すると発表したことを受け、テンセントとNetEaseの株価は5%以上下落した。規制の影響で世界最大を誇る中国のゲーム市場は成長が鈍化している。 ...

  • 特撮好きだった少年が、「社会的養護」をテーマに映画を作るまで

    矢嶋 桃子 , OFFICIAL COLUMNIST

    4月のある日、1本の映画が完成したという連絡が入った。「長年、温めていた企画です」そう話す、企画、監督を務める西坂來人さん(33)は、小学校の一時期を児童養護施設で過ごした。映画「レイルロードスイッチ RAILROAD SWITCH」で描くのは、児童養護施設で暮らした若者たちの「その後」だ。「施設や ...

  • ビル・ゲイツが推奨、「賢く学べる」4つの生涯学習サイト

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    ビル・ゲイツは“ハッキング”に関しても多くのことを知っている。特に学ぶことに関する「ハック(難しい問題に対する賢い解決策)」については、いくつかのお気に入りの方法があるという。オンライン上には、私たちが自分自身のスキルを高め、“知的資本”を増やすために ...

  • プラスチックごみより酷い「タバコの吸い殻」の海洋汚染

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    プラスチックごみの問題が大きく報じられる一方で、タバコの吸い殻が、海に大きなダメージを与えていることはあまり知られていない。環境保護団体「Cigarette Butt Pollution Project」の発表では、年間に消費されるタバコの本数は5.5兆本にも及び、その90%がプラスチックから生成さ ...

  • エヌビディアも出資の「1キロ先を見通せる」自動運転トラック

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転領域ではアルファベット傘下のウェイモや、GMがオンデマンドのロボットタクシー向けの車両開発を進める一方で、トラック輸送向けのテクノロジー開発競争も激化している。しかし、トラック輸送分野では高速道路の走行に耐えうる安全性や、燃費の最大限の効率化が求められる。この分野で非常に強力なテクノロジーを ...

  • 「美味しい」は社会を変える力になる|レフェルヴェソンス 生江史伸

    国府田 淳 , OFFICIAL COLUMNIST

    食事を終えて、コーヒーを飲みながらくつろいでいると、横から「ぐすん、ぐすん」という声が。顔を向けると、「あまりにも素晴らしいディナーなので……」と、大粒の涙を流す友人の姿があった。レフェルヴェソンス。圧倒的な独創性でミシュランの星や世界のベストレストランなどに輝くファイン ...

  • 日本人アーティスト、ミカ・タジマはなぜNYで高評価を集めるのか

    Yuri Yureeka Yasuda ,

    村上隆、草間弥生、奈良美智だけが世界に通用する日本人アーティストではない。数こそ少ないものの、世界から注目を集める日本人も徐々に増えてきた。そのうちの一人が、ミカ・タジマだ。日本人の両親を持つ彼女のアイデンティティは、作品にどう反映されるのか。海外へ挑戦したい若手アーティストたちへのメッセージとは。 ...

  • 激化する自動運転トラック開発競争、背景には「ドライバー不足」

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    ウーバーは今年7月30日に、自動運転トラックの自社開発を打ち切ったと明らかにした。その1週間後の8月7日、かつてウーバーとグーグルで自動運転トラック開発を担当した起業家が設立したスタートアップが、4000万ドルのシリーズA資金調達を実施したことをアナウンスした。ウーバーを3月に退社したDon Bur ...

  • VR機器の出荷台数、前年比「33.7%マイナス」の厳しい現実

    Richard Windsor ,

    VR(仮想現実)市場は停滞期を迎えており、ここから脱出するためには、いくつかの技術的課題を解決する必要がありそうだ。9月5日、調査企業「IDC」が発表した最新レポートで、VRをとりまく厳しい現実が明らかになった。現在のVR機器は3つのセグメントに分けられる。スクリーンレスビューワーと呼ばれるスマホと ...

  • テスラがEV販売以外に直面する「もう一つの競争」

    Jim Collins , Contributor

    電気自動車(EV)メーカーの米テスラは8月最終週にも、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が掲げた生産目標を達成できなかったもようだ。EVや持続可能エネルギー分野が専門のニュースサイト「エレクトレック(Electrek)」によると、テスラがこの週に生産した「モデル3」は4300台だという。これが ...

  • アムウェイ共同創業者が92歳で死去、資産6000億円

    Chase Peterson-Withorn , Forbes Staff

    アムウェイの共同創業者リッチ・デヴォスが9月6日、ミシガン州の自宅で亡くなった。92歳だった。デヴォスがオーナーを務めたNBAチーム「オーランド・マジック」の声明によると、死因は感染にともなう合併症だったという。フォーブスはデヴォスの直近の資産額を55億ドル(6080億円)と試算している。「彼のたゆ ...

  • 「HRか三振か、全力で振りますよ」型破りな起業家が目指すもの #30UNDER30

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Forbes JAPANは、次世代を担う30歳未満のイノベーター30人を選出する特集「30 UNDER 30 JAPAN」を、8月22日からスタートしている。「Business Entrepreneurs」カテゴリーで選出された、Popshootの大山敏浩。過去には割り勘アプリ「よろペイ」を手がけ、 ...

  • 世界の「フードロスをなくす」スウェーデン発のアプリKarmaの挑戦

    Alison Coleman , CONTRIBUTOR

    世界では毎年、膨大な量の食品が廃棄されている。このうち、約3分の1を占めるのがレストランや小売店が廃棄するまだ十分食べることのできる食品だ。フードロスが社会問題化する中、スウェーデン発のスタートアップが革新的なソリューションを生み出した。スウェーデンとロンドンに拠点を持つ「Karma」は、腹を空かせ ...