• 米人気バラエティ「カープール・カラオケ」 起用楽曲が軒並み大ヒットに

    Liv Buli , CONTRIBUTOR

    アップルミュージックが7月、CBSテレビの深夜のトーク番組「ザ・レイト・レイト・ショー」の人気コーナー「カープール・カラオケ」の放映権を獲得した。16エピソードを放映する契約だという。このコーナーは絶大な人気を誇っており、その恩恵は司会のジェームズ・コーデンのみならず、コーナーで歌われた楽曲にまで及 ...

  • 大麻業界への投資、関心は高いが大口投資家の確保には苦労

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    初期の投資に対するリターンの大きさに期待して、多くの投資家が大麻業界に投資を行っているようだ。ニューヨークに本社を置くトゥアタラ・キャピタル(Tuatara Capital)では8月上旬、未公開株式投資ファンドで、当初の目標額である8,000万ドル(約80億円)を大幅に上回る9,300万ドル(約93 ...

  • 日本人が知るべき「世界フィンテック最新事情」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    まだ少しずつサービスを始めたという段階にすぎない日本のFintech企業と比べ、中国やアメリカでは多くのプレーヤーが躍進し、すでに社会の一翼を担っている。約5,000億円ー。2016 年4月26日、目を疑うような巨額の資金調達案件が話題となった。その主役は、中国のアリババ・グループが設立した金融サー ...

  • 「アップルストア」が間もなく消滅 改称に隠された戦略とは

    Richard Kestenbaum , CONTRIBUTOR

    アップルが各国で展開する直営店舗「アップルストア」が、その名前を変えようとしている。サンフランシスコの旗艦店は以前から「アップル・ユニオンスクエア」と呼ばれていたが、間もなく他の店舗の名称も「アップル5番街」や「アップル○○町」といった「社名+場所」の形式に改められ、「ストア」は店舗名から消える予定 ...

  • 店舗BGMを革新するサービス「Social Mix」が抱く、リアル店舗復権の野望 

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    小規模な店舗やレストランの多くでは、店内で流すBGMを店員が選曲しているが大手チェーンや大型店舗では、外部の業者に委託しブランドイメージや地域性に合ったプレイリストを作ってもらうことが多い。業務用BGM制作大手の「ムードメディア(Mood Media)」はこうした慣習を打ち破り、来店客が聴きたい曲を ...

  • 世界が注目!インドのスタートアップ20選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界のスタートアップの"中心地"がシリコンバレーから拡散している。いま、最も勢いのある場所のひとつは間違いなくインドと言えるだろう。世界中から「カネ」「ヒト」「テクノロジー」が集う、新たなエコシステムが生まれた地ではいま何が起きているのかー。注目すべき20のスタートアップを紹介する。デリヒブリー(D ...

  • i-ROADはもっと面白くなる!次世代スタートアップ10社がアイデア披露

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    7月29日、東京・渋谷にスタートアップ10社が集結し、都市型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」をテーマにしたピッチコンテストが行われた。得意分野を生かした斬新なアイデアが飛び交うなか、勝ち抜いた起業家はー。「日本型エコシステムの実現に向け、大企業とスタートアップのマッチングプラットフォームを構 ...

  • サムスン、ストリーミング事業撤退で見えた「ラジオ型」サービスの限界

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    サムスンは8月22日、2年前に立ち上げたストリーミングサービスの「ミルクミュージック」を9月22日に終了すると発表した。サムスンはテック企業としては世界最大級だが、ミルクミュージックに関しては思い描いていたような実績を残せなかったようだ。サービス開始当初はオンラインや人気アーティストが出演するサウス ...

  • 「アジアの優良上場企業50社」発表、今年も中国が最多 日本は2社

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスはこのほど、アジア太平洋地域の上場企業の中から選ぶ2016年版「アジアの優良上場企業50社(Fab 50)」を発表した。数ある同地域の上場企業の中でも特に好調な業績で目を引いたのは、時価総額で第1位となった中国のアリババだ。「上場から一年以上が経過」というリスト入りの基準を満たし、今回初め ...

  • 加熱する中国映画市場 テンセントらハリウッド映画STXに700億円出資

    Jordyn Dahl , CONTRIBUTOR

    またしても中国とハリウッドの結びつきが強まった。米国の映画会社STXエンターテイメントは8月11日、中国のインターネットサービス大手テンセントと香港の通信大手PCCWの出資を受けたことを発表した。STXエンターテイメントは、ニコール・キッドマン、キウェテル・イジョフォー、ジュリア・ローバツ主演の「シ ...

  • 高級ブランドの商品を盗難から守る、糸状識別タグが登場

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    ルイ・ヴィトンのバッグやグッチの靴、バーバリーのコートなど、ステータスの象徴である高級ブランドのアイテムは狙われやすく、盗まれてブラックマーケットで売られることも多い。盗難によって小売業界が被る損失は、年間320億ドル(約3兆2,200億円)近くにのぼっている。だが新たに登場した無線自動識別(RFI ...

  • 医師から起業家へ、バイオベンチャー「ヘリオス」鍵本忠尚のこれまでとこれから

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「これからは医師が起業する時代だ」と投資家たちは言うが、実際に日本で医師の知恵を使ってイノベーションを起こそうとしている最新例を紹介する。2011年12月1日、オランダはハーグの特許庁に、まだ青年の面差しを残す一人の男が裁判のため出頭した。ヨーロッパで開発し、売り出した製品が、特許を侵害していると欧 ...

  • ポケモンGOで好調の米小売業、ブームが去っても「冬は越せる」?

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    爆発的な人気となった無料スマホアプリ「ポケモンGO」は、公開からおよそ1か月あまり。関連商品はわずかこれだけの間に、飛ぶような勢いで売り上げを伸ばしている。ブルームバーグは先ごろ、ネット通販各社のポケモン関連商品の売上高が7月、前年比105%の増加を記録したと報じた。米国内の物価を測る新たな指標「デ ...

  • 氷バケツ運動で「難病研究に大成果」は誤報 科学報道の課題浮き彫りに

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    「アイス・バケツ・チャレンジ」がソーシャルメディアで大流行してから2年。この運動は、難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新治療法発見に向けた研究に1億ドル(約100億円)以上の寄付をもたらした。メディア各社は先月、この寄付金が「ブレークスルー(突破口)」となる発見につながったと報じた。この情報の ...

  • 「座りっぱなし」が健康に及ぼす悪影響、運動では帳消しにできない?

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    アメリカ心臓協会(AHA)はつい先日、“座りっぱなし”の弊害について科学に基づく忠告を発表した。活動不足が私たちに及ぼす影響について、専門家チームが入手可能な証拠を検証してレビューを執筆したものだ。専門家チームの所見によれば、アメリカ人は1日に平均6~8時間を座った状態で過ご ...

  • ビジネスリスクを解消する「人材戦略xテクノロジーxイノベーション」という方程式

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    地政学的なリスクや市場の不安定化により、かつてないほど経営が難しくなっている。そうした時代に、社長が取るべき道とは。世界的コンサルティングファーム「PwC(プライスウォーターハウスクーパース)」の協力のもと、世界の経営者たちの思考を紐解いていく。日本のCEO126人を含む世界83カ国から1,409人 ...

  • 8億人が使う中国WeChat コンビニ等でのビジネス活用も急拡大中

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国企業の業務コミュニケーションの現場では、Slackなどのチャットツールではなく、中国最大のソーシャルメディアプラットフォームWeChatが利用されている。テンセントが運営するWeChatはメッセージを送ったり、個人的なイベントについて投稿するだけでなく、タクシーを呼んだり映画のチケットを購入した ...

  • ライブ会場マッチングサイト「FanFlex」が描く音楽ビジネスの未来

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    近年はCDが売れないと言われるなか、音楽業界ではライブビジネスの活況が伝えられている。しかし、スタジアムなどの大規模会場を埋める有名アーティストらに比べ、小規模なライブハウスを活動の場とする無名アーティストらはその恩恵を受けられないのが現状だ。そこで登場したのが、「FanFlex」というサービス。F ...

  • ハコより先にコンテンツを考える、「建築は、コン築へ」

    電通 Bチーム , CONTRIBUTOR

    東京オリンピックの新国立競技場はなぜもめたのか? その答えがここにある。最近の建築界の潮流にもなっているのが、外見のハコより先に中身のコンテンツから発想していくというもの。つまり、どんなことをしたいのかが問われているのだ。はじめまして。「コン築」研究家の奥野です。建築でなく、コン築です。私、普段はク ...

  • 香港市民を激怒させた米ハリウッド映画、宣伝ポスターの中身

    Yue Wang , FORBES STAFF

    米パラマウントピクチャーズのSF映画「Arrival」は今年11月に公開が予定されている。しかし、この作品は既に香港で大きな物議を醸している。パラマウントは先週、12枚のこの作品のポスターを公開したが、そのうちの1枚は香港のビクトリア湾上空を謎の飛行物体がホバリングしている様子を映していた。問題とな ...