• 幸せな従業員が多い米都市トップ10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    求職者に「自分が好きなことをしなさい」と言うのは、賢くも陳腐なアドバイスだ。しかし、新天地に向け引っ越し準備をする前に、これから住み働くことになる都市について調査しておくのも賢い選択だろう。キャリア情報サイト「グラスドア」は、米国内の50大都市圏を対象に、従業員の仕事に対する満足度を調査。働く人々が ...

  • カタルーニャ独立問題が「第2のブレグジット」にならない理由

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    スペインのカタルーニャ州は、長い間スペインの他地域とは異なる存在と目されてきたが、それは常に穏やかな意味でではなかった。ピカソやミロ、ガウディら前衛的な芸術家や建築家を輩出した同州は、スペイン内戦とそれに続く抑圧的なフランコ政権下での苦難に耐えてきたリベラル派・共和主義の地域だ。カタルーニャは独自の ...

  • 弱冠25歳、若きCEOが語る「リモワ」の将来像

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界最大のラグジュアリーブランドの企業体である「LVMHグループ」に、ドイツの老舗ラゲージブランド「リモワ」が加わった。そのかじを取るのは、LVMHグループの会長ベルナール・アルノーの息子アレクサンドル・アルノー。弱冠25歳という若きCEOに、リモワの将来像を聞いた。「リモワの強みは“ ...

  • 70代からの生き方、現代版「伊能忠敬モデル」

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    早雲寺殿二十一箇条は、戦国大名の走り、北条早雲の人生訓、と伝えられている。曰く、「少の隙あらば物の文字のある物を懐中に入れ、常に人目を忍びて見るべし。寝ても覚めても手なざれば文字忘れる事あり。書くことも同じき事」。早雲は壮年期を過ぎてから戦国人としての本格的な活動を始め、齢80にして後北条氏5代にわ ...

  • 米国でも急増の「放置型」自転車シェア 既存サービスの破壊者に

    Scott Beyer , CONTRIBUTOR

    過去10年にわたりニューヨーク市とワシントンDCは、米国のレンタル自転車市場をリードする都市だった。しかし、この分野では劇的な低コストと利便性を実現した、新たな私企業が台頭しようとしている。その一つにあげられるのが「LimeBike」だ。9月22日、カリフォルニア州サンマテオ本拠のLimeBike共 ...

  • 中国旅行サイト「シートリップ」女性CEOが語るテクノロジーの力

    Russell Flannery , Forbes Staff

    9月26日から香港で開催されたフォーブスの「グローバルCEOカンファレンス」では、急速に発展を遂げるテクノロジーのメリットやデメリットが話題にのぼった。会場にはスピーカーとして登壇した、中国の旅行予約サイト「シートリップ(Ctrip)」でCEOを務めるJane Sunの姿もあった。シートリップの株式 ...

  • 米国「EVバス」市場狙う中国BYD 新工場をカリフォルニアに設置

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国の電気自動車メーカー最大手のBYDは10月6日、米カリフォルニア州ランカスターに新設した工場で、電動(EV)バスの生産台数を今後、年間1500台に増やす計画を発表した。BYDは中国で最も成功したEV自動車メーカーであり、母国での成功を米国でも再現しようとしている。カリフォルニア州では元テスラ社員 ...

  • ミレニアル世代の心を掴む「広告」とは

    海野 麻実 , Official Columnist

    9月27日から29日の3日間、シンガポールのサンテックシティで「スパイクスアジア(Spikes Asia festival of Creativity)2017」が開催された。フランス・カンヌで年に一度開催される世界三大広告賞の一つ「カンヌライオンズ」の地域版フェスティバルとして位置付けられ、今年で ...

  • 車載インフォテインメント、カーナビ設定は「危険な操作」にも

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    運転中のドライバーが使用するボイスコントロールシステムやタッチスクリーンといったインタラクティブな車載インフォテインメントシステムの機能は、場合によっては危険なほどドライバーの注意を散漫にさせているという。非営利団体の米自動車協会(AAA)交通安全基金は10月5日、自動車に搭載されている最新のテクノ ...

  • ノーベル経済学賞のセイラー教授が提唱する「ナッジ」が重要な理由

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞(ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)を受賞した。同教授をはじめとする「行動経済学者」たちは、心理学と意思決定理論、経済学、社会学を融合させ、世界に対する私たちの見方を変える重要かつ成熟した経済学の一分野を創り出した。セイラー教授らは経済 ...

  • 米映画界激震のセクハラ騒動、65歳が新人女優に混浴強要

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインは、自身が設立した会社「ワインスタイン・カンパニー」を解雇された。これはニューヨーク・タイムズが報道した、女優らに対するセクハラ事件を受けてのものだ。ミラマックスの設立者として知られるワインスタインは、弟のボブと共にワインスタイン・カンパニー ...

  • 米音楽ストリーミングが記録更新、1週間で「83億曲」再生

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    米ニールセンは先日、1週間あたりの米国の音楽ストリーミングサービスでの再生回数が83億回に達し、史上最多記録を更新したと発表した。これは9月23日から29日までの1週間にスポティファイやアップルミュージック等の、音楽ストリーミングサービスで再生された回数で、動画サービスに分類されるユーチューブやパン ...

  • iPhone Xは絶望的に品薄 1月までは「400万台」出荷が限界か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップル関連で最も信頼できるリーク情報を流すことで知られる、KGI証券のミンチー・クオ(郭明錤)のレポートによると、iPhone Xの生産台数は2018年の年明けにかけてかなり少ないものになり、アップルの生産サイクルに多大な影響をもたらすという。クオによるとアップルはiPhone Xの顔認証システム ...

  • 映画「ブレードランナー」続編が大コケ 中年にしか受けない説

    Scott Mendelson , Contributor

    恐れられていた事態が現実になろうとしている──。映画ファンから熱狂的支持を集めると期待された伝説的SF映画「ブレードランナー」の続編の上映が米国で10月6日金曜日からスタートしたが、客の入りはパッとしない。1億5500万ドル(約175億円)という巨額な製作予算を投じて作られた「ブレードランナー204 ...

  • 欧米に負けているが「日本の医療ビジネスは宝の山」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    なぜ医療機器・薬は貿易赤字なのか? 日本人として初めて米FDA(食品医薬品局)の審査官を務めた内田毅彦に聞いた。ここに掲げたグラフを見てほしい。医療機器も医薬品も欧米勢に圧倒されている日本の姿がわかる。薬も医療機器も貿易赤字で輸入に頼っている。しかし、これらのグラフが「伸びしろ」に見える人もいる。ア ...

  • ブリティッシュ・エアが「4億ポンド」巨額投資で目指す先

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    海洋国家ながら、世界各地との積極的な交流を続けることで、突出した発展を遂げてきたイギリス。世界の人々の行き交いを空でつないできたブリティッシュ・エアウェイズのCEOに展望を聞いた。ブリティッシュ・エアウェイズが、より一層の快適な空の旅を提供するべく4億ポンド(約585億円)の投資を決定した。いわゆる ...

  • ロックフェラー家が3邸宅を売却へ、総額83億円

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    米国の富豪デービッド・ロックフェラーが101歳で死去してから半年ほどがたち、一家は所有する3軒の邸宅を売却することを決めた。フォーブス電子版の寄稿者でもあるアリアナ・ロックフェラーが語るそれぞれの邸宅と祖父デービッドの思い出とともに、3軒について紹介する。1. ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリ ...

  • オバマも認めた社会派ラッパー、ケンドリック・ラマーが描く夢

    Alexandra Wilson , FORBES STAFF

    ラッパーのケンドリック・ラマーにとって今年は躍進の年だった。4月に発表した4枚目のスタジオアルバム「DAMN.」は、瞬く間に200万枚近くの売上を記録した。その後のツアーでは1公演あたり100万ドルの売上をあげ、フォーブスの「最も稼ぐヒップホップアーティスト」ランキングでは、年収3000万ドルで6位 ...

  • イノベーションと共に進む「人間のデータベース化」の光と影

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    今から半世紀前に製作された特撮シリーズ「ウルトラセブン」の傑作の一つに、「第四惑星の悪夢」がある。これは、人間が作り出したロボットに人間が支配されるようになってしまった惑星の物語である。ロボット集団が、膨大なデータを中央コンピュータで完全に管理する中、プログラム通りに動けず記憶力も不完全な人間は、「 ...

  • グーグルホームのハンズフリー通話で「発信元番号」の通知が可能に

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    グーグルは10月4日開催のイベントで、同社のAIスピーカー「グーグルホーム」に、シンプルではあるが非常に重要な機能を追加したことを発表した。グーグルホームから電話を発信した際に、相手側にその電話の発信元が表示できるようにしたのだ。グーグルホームのハンズフリー通話機能は米国とカナダでは無料で利用できる ...