• 19歳のメディア王 タヴィ・ゲヴィンソンらが見つめる未来

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    先日開催されたフォーブスの「アンダー30サミット」は例年以上に若い世代の活躍が目立った。台頭しているのはジェネレーションZとよばれる世代。現在10代~20代前半の彼らが、新たなビジネスを牽引しようとしている。19歳のタヴィ・ゲビンソンがフォーブスの「30アンダー30(30歳以下の有望な若手30人)に ...

  • アリババの香港メディア買収 背後には中国政府の影

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    中国のeコマース最大手アリババを率いるジャック・マーは、今度は新聞の買収を狙っている。ジャック・マーが狙うのは香港最大の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」。株式取得に向け、交渉中とされる。11月24日、ブルームバーグは関係者の話として、マーはSCMPと詰めの協議に入っており、 ...

  • 共和党の大統領候補者が望み通りに税法を3ページに出来たとしても、その結果はお気に召さないだろう

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    共和党の大統領候補者は、税法を大幅に削減したいと言っている。それはあまりに複雑で、特定の利益集団を助けるための規定で溢れている。しかしながら、法律を数ページに削減することは、財務省、そして何より内国歳入庁(IRS)に大幅な権限を与えることになるだけだ。そして、それはこれらの候補者が望むことではないだ ...

  • 人気に甘えて、NFLは問題解決を放置

    Maury Brown , CONTRIBUTOR

    これを読んでいるということは、National Football League のファンである可能性が高い。 もしそうなら、非常に大きなグループの一員ということになる。実際、北米において、スポーツファンの中で最大のグループであり、NBA、MLB、NHLその他のプロスポーツを大きく上回っている。NFL ...

  • 世界一のアプリ情報提供会社の秘訣

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界的に急成長を遂げるスタートアップはどのような戦略をとっているのか。米アップアニーの“策”とは。いまや世界12カ国にオフィスを構え、400人の社員を抱えるまで成長した、スマートフォンのアプリの市場データを提供する調査・分析会社のアップアニー。昨年には、ライバル企業のオランダ ...

  • キーストーン・パイプラインの息の根を止めたのは誰か―なぜ誰も気にしないのか

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    キーストーンXLパイプライン計画を推し進めるトランスカナダは、オバマ政権による認可拒否に先んじて申請を取り下げた。「本質的に、地球の終わりを意味する」と『ニューヨーカー』誌が評したこの計画に反対してきた環境保護団体は、申請取り下げを勝利と見なしている。政府の決定が遅れたのは、たしかに環境保護団体のお ...

  • イスラム国の宣伝に使われたメッセージアプリ「テレグラム」

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    一部では「ロシアのWhatsApp」とも形容されるメッセージアプリ「テレグラム」が新機能の「チャンネルズ」をローンチしてからまだ2か月も経っていない。そのわずかな期間に、イスラム国(ISIS)の支持者らにより、多数のチャンネルが立ち上げられ、彼らのプロパガンダが伝えられた。イスラム国(ISIS)の支 ...

  • 株価急落 アジアのユニコーン企業は生き残れるのか

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    Snapchat、Square、Dropboxといった有名ユニコーン企業(評価額が10億ドル(123億円)を超える非上場ベンチャー企業)の株価が急落している。アジアでも対岸の火事というわけにはいかず、中国やインドのベンチャー企業もこの流れに飲み込まれている。今、テクノロジー関連株の新たなバブル崩壊が ...

  • ファストカジュアルの王者「チポトレ」 食中毒で株価急落

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    11月20日午後、米国疾病管理センター(CDC)はメキシコ料理チェーンのチポトレで発生した大腸菌による食中毒の感染者が、新たに3つの州で確認されたと発表した。これを受け、同社の株価は急落した。これまでに感染が確認されたのは、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、ミネソタ州、ニューヨーク州、オハ ...

  • 政府による人身売買の取締り-サプライ・チェーン・マネジメントの新しい局面

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)は、進化し続けている。しかも、皆の関心を集めている新しい側面がある。企業の責任が、再定義されつつあるのだ。政府は最早、グローバル企業に、無責任な供給業者を避けるように要請しているのではなく、強要している。実際、多くの政府は、完全に規制することを明確に視野に入 ...

  • 資産800億円超えの23歳 オキュラス社、パーマ・ラッキーの横顔

    Jennifer Wang , Forbes Staff

    若者の台頭が目覚ましい。フォーブスが先週発表した「アメリカで最もリッチな40歳以下の起業家」の上位40人中、6人は30歳以下だった。彼らの全員がシリコンバレーで成功した若者たちだ。多くの人が学位を取得したり、企業で出世の階段を昇り始めたばかりの年齢で、彼らは革新的なアイデアを生み出し、1億から10億 ...

  • バービー人形 “人種や性の多様性”を意識したCMが話題に

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ここ数年、売上不振にあえいだ米玩具メーカー、マテル社が、起死回生の一手としてファッションブランド「モスキーノ」とコラボレーションを発表した。過去4年間、同社のバービー人形の売上は不振続きで、2014年は16%も落ち込んだ。高級人形でコレクターズアイテムにもなっているアメリカンガール(アメリカの少女を ...

  • スポーツギャンブルはマカオのカジノに新たな息吹を吹き込めるか [Part2/2]

    Muhammad Cohen , CONTRIBUTOR

    Part1はこちらマカオのカジノ収入が大幅に減少し、VIP中心のビジネスモデルが不振な中、スポーツブックメーカーはゲームに新たな息吹を吹き込む当然の方法のようにみえる。コンサルティング会社グローバル・マーケット・アドバイザーズのアンドリュー・クレバナウ氏は「スポーツブックメーカー用ラウンジはいろいろ ...

  • スポーツギャンブルはマカオのカジノに新たな息吹を吹き込めるか [Part1/2]

    Muhammad Cohen , CONTRIBUTOR

    マカオは誰もが認める世界のカジノの中心地だが、スパンコールや羽のついた衣装をまとったショーガールに加えて、必需品の1つが欠けている。マカオのカジノにはスポーツブックメーカー (スポーツギャンブル)のラウンジがない。マカオの法律のねじれが招いた結果だが、政府に修正を急ぐ様子はない。また別の法律のおかげ ...

  • 「スター・ウォーズ」に学ぶリーダーの在り方

    Alex Knapp , Forbes Staff

    『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開まで、いよいよ1か月を切った。言うまでもなくタイトルの「フォース」とは、銀河系の自由と正義を守るジェダイ騎士たちが操る神秘のエネルギーのこと。戦士であると同時に哲学者であり指導者でもあるジェダイの考え方には、ビジネスリーダーが学ぶべき教訓も多く含まれている。 ...

  • コスト高の中国でもできる!シャツ製造メーカーが作る最先端のエコ工場 [Part 2/2]

    Johan Nylander , CONTRIBUTOR

    Part1はこちら現在操業中の桂林の工場を訪ねると、現代的な断裁機や縫製機器を操作する従業員がどこまでも続く列状に並んで作業しているのを見ることができる。清潔で風光明媚なことで知られる桂林だが、皮肉なことに、1,100人以上が働いている工場内の空気の方が外気よりも明らかに涼しく新鮮に感じられた。紫の ...

  • コスト高の中国でもできる!シャツ製造メーカーが作る最先端のエコ工場 [Part 1/2]

    Johan Nylander , CONTRIBUTOR

    中国南東部の街、桂林の郊外で泥だらけの野原を眺めていると雨が降ってきた。そこは、以前レンガ会社が使っていた敷地で、表面の土は全て焼かれ、破壊された土壌はほぼ使い物にならない状態だ。しかし、今、何年も打ち棄てられていた場所に活気が戻ってきている。ブルドーザーが縦横無尽に走り回り、建設作業員たちが廃棄物 ...

  • ミレニアル世代獲得の戦略拠点 アマゾンが初の実店舗をオープン

    Daniel Kleinman , FORBES STAFF

    11月3日、アマゾンが新しい実店舗「アマゾンブックス」をオープンした。これまで多くの書店を廃業に追い込んできたオンライン小売大手の試みとしては皮肉なものだが、興味深い新たな時代の幕開けである。アマゾンブックスのバイスプレジデント、ジェニファー・キャストによれば、この店舗はアマゾンのウェブサイトの延長 ...

  • 頻繁に飛行機を利用する人がもっとも嫌なことは?

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    頻繁に飛行機を利用する人が旅でもっとも嫌なことは長蛇の列。セキュリティチェックや搭乗前、そして税関の長蛇の列。それから遅延。多くの航空会社が乗客にできるだけスムーズで快適な旅を提供しようと努力している。また、ハイエンドな顧客には優先セキュリティや搭乗ラインを設けるなどの待遇を実施している。ファースト ...

  • 興収1000億円突破か 映画『007スペクター』大ヒットの予感

    Scott Mendelson , Contributor

    映画『007』シリーズ最新作、『007スペクター』(日本では12月4日公開)は全米公開から5日間で8,300万ドル(約102億円)の興行収入を記録した。この調子でいくと、最終的な米国内の興収は1億7,600万ドル(約216億3,000万円)に達する。この数字は過去の007映画と比べてどの程度のヒット ...