• イケアが米「代行企業」を買収、家具の組み立てが一気にラクに

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    2008年当時、ギグエコノミーの旗手として注目を集めたスタートアップ企業が「TaskRabbit」だった。アプリを通じて様々な雑用を依頼できるTaskRabbitは、“タスカー”と呼ばれる個人の働き手を自宅や職場などに呼び寄せ、家具の組み立てや、人気レストランの順番待ちの代行 ...

  • 米音楽界に新星 元ストリッパーの24歳、カーディ・Bが首位に

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    元ストリッパーでインスタグラムへの過激な投稿で話題の女性ラッパー、カーディ・B(Cardi B)が、全米シングルチャートで1位の座をテイラー・スウィフトからもぎ取った。カーディ・Bのデビューシングル「ボダック・イエロー(Bodak Yellow)」は9月25日付のビルボードHot 100で首位に立ち ...

  • ヒップホップ界年収ランキング「CDを売らない24歳」が5位

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    フォーブスは9月27日、「最も稼ぐヒップホップアーティスト」ランキングの2017年版を発表した。今回のランキングで最も注目すべきは、弱冠24歳で年収3300万ドル(約37億円)を稼ぎだし、5位に初のランクインを果たしたチャンス・ザ・ラッパーだ。チャンス・ザ・ラッパーは、CDを売らない新世代のアーティ ...

  • ダイソンはEVも「高級」モデルに、価格は1000万円前後か

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    ジェームズ・ダイソン卿は過去数十年にわたり、かなり「値段の高い」ハードウェアを生み出し、売ることで富を築いてきた。そして、それらの製品は掃除機からヘアドライヤーまで、ほとんどが「空気を動かす」ために設計されたものだ。そのダイソンが9月26日、2020年までに電気自動車(EV)の製造を開始すると発表し ...

  • 人工知能は「ITで敗北した」日本企業のチャンスとなるか

    岩坪 文子 , Forbes JAPAN 編集部

    ディープラーニングなどの技術的なブレークスルーにより、AIは企業があらゆる分野のビジネスに適用するようになってきた。企業と学会の連携も進み、AIの未来について考える国際的なコミュニティも続々と設立されている。スカイプの共同創業者ヤン・タリン、MIT教授マックス・テグマーク、イーロン・マスクらによって ...

  • 注文をまちがえる料理店、世界に広がるか「てへぺろ」の輪

    小国 士朗 , Official Columnist

    9月16~18日に「注文をまちがえる料理店」を六本木で開催しました。300人ほどのお客様がお越しになり、大盛況のうちに終わりました。と言われても、そもそも「注文をまちがえる料理店」ってなんなんだよという方もたくさんいらっしゃると思います。これは一言でいうと「注文を取るホールスタッフが、みんな&ldq ...

  • 韓国「防弾少年団」が米チャート7位、Kポップ史上初の快挙

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    米「ビルボード200」のアルバムチャートでは現在、フー・ファイターズの通算9枚目のアルバム「コンクリート・アンド・ゴールド」が首位に立っている。2位にはリル・ウージー・ヴァートの「Luv Is Rage 2」が先週の4位から再浮上した。3位には前週のトップだったカントリー・シンガー、トーマス・レット ...

  • 家族で「財団」を持つ、アメリカ流セカンドライフが日本にも

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「社会貢献を少しはやっている。関心もないわけではない。でも、もっと自分らしい方法はないのか」そうした意識を持った人たちの間で、「ファミリー財団」をつくることへの関心が、今高まりつつある。かねてより欧米のちょっとした資産のある個人の間では、セミリタイアした後に、自分で財団を立ち上げて財団理事長となり、 ...

  • 米朝の応酬激化で平昌冬季五輪に暗雲? 仏は不参加の可能性

    Gabe Zaldivar , CONTRIBUTOR

    北朝鮮が国際社会に向けて発する痛烈な言葉は間違いなく、一生に一度の機会となるかもしれない五輪への出場を目指す各国のアスリートらの間に懸念をもたらしている。韓国で2018年2月9~25日に開催予定の平昌冬季五輪の開幕は、まだ数か月先のことだ。だが、「戦争」を含む隣国の相次ぐ発言が、不安をあおっている。 ...

  • WeWorkが初めて明かした「日本進出」の真意

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    時代に適した働き方が、いま求められている。Forbes JAPANは岡村製作所と共同で、新たな働き方を模索するビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』を発刊。9月27日から全国の書店・インターネットで発売する。同誌の発売を記念し、9月25日には創刊イベント「Work St ...

  • ウーバー、ロンドンで営業継続へ署名活動 新体制下で「変化」も

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    ロンドン交通局(TfL)は9月22日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの営業免許を同月30日の期限切れ以降、更新しないとする決定を下した。これを受け、同社が「反撃」に出るまでにそう時間はかからなかった。ウーバーは即座にオンライン署名サービスChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)で ...

  • シェルCEO、「ハイブリッド車へ乗り換え」発言で物議

    Jeff McMahon , CONTRIBUTOR

    欧州最大の石油企業ロイヤル・ダッチ・シェルのCEOが、EV(電動自動車)への乗り換えを検討中であるというニュースが物議を醸している。同社のベン・ファンブールデンCEOはブルームバーグの取材に応え、ハイブリッド型のEV車に乗り換える予定だと述べた。ロイヤル・ダッチ・シェルは全社的に社用車のEV転換を図 ...

  • 米国人のハロウィーン向け支出額、過去最多1兆円の見通し

    Barbara Thau , CONTRIBUTOR

    米国の小売業界にとって厳しい状況は続いているが、今年のハロウィーンは全米の小売店の業績にとって、そう恐れるべきものとはならないようだ。全米小売業協会(NRF)と調査会社プロスパー・インサイツ&アナリティクスが実施した調査の結果、米国人が今年のハロウィーンに向けて買い物に費やす金額は、過去最高額を記録 ...

  • 米市場で「すぐに売れる」中古EV/PHV車トップ10

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    中古の電気自動車(EV)を買うのが賢いと考えるべき理由はいくつか挙げられるが、購入に関しては一つ問題がある。それは、入手が困難だということだ。米国の中古車市場ではこのところ、プラグインハイブリッド車(PHV)の人気が高く、最も売れ行き好調なタイプの一つとなっている。中古車情報サイトのアイシーカーズ・ ...

  • 経済成長を「GDP」でなく「想像力」で測るという考え方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「天然資源は尽きる。しかし、人間の想像力は無限大だ」そう自信ありげな声で話すのは、MITメディアアーツ・サイエンス准教授のセザー・ヒダルゴ。彼は、経済成長を「想像力」という着眼点から捉えなおす気鋭の研究者だ。ヒダルゴが開発した「経済複雑性指標(ECI)」は、70年以上の長きにわたり、世界中で用いられ ...

  • 地球規模の課題に「新規事業の種」がある

    秋山 ゆかり , Official Columnist

    VUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)と呼ばれる予測不能な出来事が起こる事業環境で、成長戦略を実行し続けるのに悩む企業が増えています。VUCAワールドと評される現代は、未来予測ができない時代だと言われていま ...

  • 中国系画家の作品に5.6億円 上海のオークションで最高値更新

    Russell Flannery , Forbes Staff

    クリスティーズは中国本土では唯一の国際的なオークションハウスとして知られている。9月23日、上海で開催されたオークションで同社は総額1400万ドル(約16億円)の売上を記録した。当日、最も高値で売却されたのは中国系フランス人画家のザオ・ウーキー(Zao Wou-ki)の作品「Diptyque」で、5 ...

  • 輝きを失った香港、中国人から見た「返還後20年」の変遷

    Yue Wang , FORBES STAFF

    イギリスの植民地だった香港が、中国に返還されて20年が経った。香港と中国の関係はどう変わったのだろうか。北京在住の37歳の弁護士エバ・トンは、子どものころ、テレビで見る香港に強いあこがれを抱いていた。しかし、今はその香港がすっかり色あせて見える。「香港は面積が狭いなかに人が多すぎる。旅行ですら行こう ...

  • 米トップ企業の100年 フォーブス創刊からの変遷を追う

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    フォーブスが過去1世紀にわたりまとめてきた米トップ企業ランキングを見ると、畏敬の念を感じずにはいられない。米経済は、定期的に新たな巨大企業を作っては容赦なく打ちのめし、この「創造的な破壊」によって新たな雇用や富、業界、イノベーションを生んできた。今年の市場価値が高い企業ランキングで上位6位に入った企 ...

  • ビジネスとしての映画祭、カンヌのレッドカーペットの「裏側」

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    毎年5月、人口約7万人の小さな街には4万人もの関係者が訪れる。カンヌ国際映画祭は、華やかな映画祭として知られる一方で、世界最大のフィルム・マーケットが併設されるビジネスの場でもある。カンヌが“特別”な理由を探った。パリから飛行機で1時間半ほど。眩しいほどの光が降り注ぐ南仏ニー ...