• 「金」のトレンドはロンドンで動く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古来、気高くも美しい輝きで私たちを魅了してきた「金」。普遍的な価値の象徴として経済と深く結びつく一方で、人々の生活に根付き、文化的側面も彩ってきた。私たちはいかに「金」と付き合っていくべきか。渡欧中のブリオン・ジャパン代表取締役CEOの平井政光に同行し、ロンドン、ウイーンへ。前編では、ロンドンにその ...

  • Slack CEOとビズリーチ南氏が語る「いま、日本に必要なマネージャー像」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テクノロジーの進化は未来の企業社会や組織の在り方にどのような変化をもたらすのか──。AI(人工知能)などの先端的技術の導入やチャットツールの普及によりいま、組織のあり方、個人の働き方に大きな変化が訪れようとしている。“未来の働き方”イベント、読者限定100名特別ご招待そうした ...

  • 麻布がどうも凄いらしい。イノベーション聖地へ!アクセンチュアの本気

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年1月、アクセンチュアは、顧客同士の新たな出会いとイノベーション創出を促進する拠点としてアクセンチュア・イノベーション・ハブ東京(AIT)を開設した。執行役員 デジタルコンサルティング本部統括本部長を務める立花良範氏が語る、AIT開設の狙いと手応え、そして今まさにこの空間で起こりつつあるイノ ...

  • きっかけはわが子との時間。絶対に解決したい定番の混雑問題

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世の中のニーズに気づき、これまでにないソリューションを生み出すスタートアップ。企業によるスタートアップ支援プログラムは増えているが、その中でも独自のスタイルを確立し支持されているのがマイクロソフトの支援プログラム「Microsoft for Startups」だ。ここにアイデアと情熱が生み出したサー ...

  • マニー・パッキャオ、リングに上がり続ける真の理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ボクシング界の英雄、マニー・パッキャオの履歴にHANDA Watch Worldのアンバサダーという肩書が加わった。盟友となった同ブティックを展開するミスズ社長半田晴久氏とともに歩む道は、世界の貧困の根絶を目指すという壮大なチャレンジである。貧困にあえいだ少年時代世界中から愛されるこのフィリピン人ボ ...

  • そして、私はメルセデスを選ぶことになる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    メルセデス・ベンツが好きという人は多い。自動車の発明という同社の歴史、誰もが知るブランド力、そしてクルマそのものには端正な佇まいとともに高級感が溢れ、流行をも超える憧れの存在といってもいい。ただ、実際に買うことを躊躇する人も存在する。その理由は、敷居の高さであり、フレンドリーなサービスを求めたいから ...

  • メガバンク超えのARUHIがフェーズ3で示す成長戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本初のモーゲージバンクとして誕生したアルヒ株式会社。インターネット繰上げ返済サービスや本格的な住宅ローン代理店制度など、日本初となるサービスを次々と実現してきたパイオニアだ。社員数320人ながら2018年3月期の融資実行額は約7,000億円に達し、みずほ銀行を超えたようだ。さらに、CEO兼COOの ...

  • インターン殺到の背景に、企業規模を問わないマネジメント発想アリ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    売り手市場が続く採用現場。そんな中、知名度もない、事業内容も学生にとって分かりづらいものの、4,000人近くのインターンの応募が殺到するスタートアップがある。Fringe81だ。Fringe81は昨年、就活生のための口コミサイトで、サマーインターンシップ実施企業370社の中から大企業を差し置いて、総 ...

  • なぜ日本の衣服産業は世界で勝てないのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「衣服」に関わる1200年の伝統を誇る京都西陣織の老舗12代目と、インターネットによる衣料生産プラットフォームを運営する経営者との対談。第1回では「衣服」に関わる者同士、それぞれの原点について対話が展開した。対談第2回では、革新的な取り組みを続ける2人の間で「伝統をいかにアップデートしていくか」とい ...

  • 未来の衣服は宇宙服? キーマン2人が語る伝統の守り方、壊し方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    伝統と革新。それは、約1世紀もの間、世界中の人々に愛されてきた腕時計「サントス ドゥ カルティエ」のキーワードでもある。生みの親であるアルベルト・サントス=デュモンの革新的で大胆な精神は、長い時を経て今もなお、その時計に息づいている。伝統と革新とは、相反する意味を持つ言葉であるが、革新なき伝統は停滞 ...

  • 至極のシャンパーニュ、ボトルに潜む「3桁の数字」を解明する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ラベルに小さく書かれたEDITION160、EDITION163 、EDITION166の文字。この3桁の数字はなにを物語るのか。シャンパーニュ・メゾンKRUG(クリュッグ)6代目当主オリヴィエ・クリュッグ氏が明かす。ワイン愛好家であればヴィンテージ(ブドウの収穫年)がワインにとっていかに重要な役割 ...

  • 鈴木おさむのクリエイティブのコツは「掛け算」と「スイッチ」

    森永乳業 Mt.RAINIER/PR ,

    テレビ番組の放送作家にドラマの脚本家、作詞家、さらには映画監督と、さまざまな顔を持つ鈴木おさむ。豊かな発想力が、あらゆるジャンルで次々とヒットを生み出している。そのクリエイティビティの秘密や、かけがえのない家族との時間、そして、頭を切り替えるスイッチについて語ってもらった。アイデアを、どうカタチにす ...

  • 美しい海を守るために。時計界の「海の守護者」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ダイバーズウォッチを筆頭に、海をテーマとする時計は多い。ではその原点はどこにあるのだろうか? 現存する最古のスイス時計ブランド「ブランパン」は、65年も前から数々の海洋保護プロジェクトをサポートしながら、人間と海の理想的な関係性を提案し続けている。なぜブランパンは、海に惹かれたのか?海は生命の源であ ...

  • 機能性の追求から生まれた美しきデザイン「CASIO G-SHOCK MTG-B1000」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    全世界で累計1億本以上をセールスしているカシオ計算機の耐衝撃ウォッチG-SHOCK。そのメガヒット商品が35周年を迎えた。アニバーサリーイヤーに登場した上位機種「MT-G」の新型モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのだろうか──。先進の耐衝撃構造の採用で小型・薄型化した新型「MT-G」最新モデル ...

  • ブライトリング「ナビタイマー 8」 核心に立ち返り、革新を起こす

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    時間は誰にとっても有限な財産。どんなに優秀な人でも1日を24時間以上に増やすことはできない。新CEOのもと、斬新なデザインでありながら、実は原点回帰の発想から誕生したブライトリングの「ナビタイマー 8」シリーズ。ビジネスの核心・コミュニケーションのロスタイムを極限まで効率化するクラウドテレフォニーを ...

  • FUNDBOOKが描く、健全なM&Aが行われる未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    廃業率の増加。日本が抱える経済連鎖の断絶という問題に、平等で可視化されたM&Aという手法で、解決の糸口を切り拓こうとする社会起業家がいる。FUNDBOOK(ファンドブック)の畑野幸治が見つめるM&Aプラットフォームの先にある未来とは。M&Aのプラットフォーム事業を手がけるFU ...

  • 水素吸入とマインドフルネス。そのふたつに共通するものとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    似非科学として語られがちな“水素水”。しかし水素に関して結論を出すにはまだ早いというのが真相だという。アクアバンク代表取締役・竹原タカシと筑波大学大学院教授・矢田幸博がその可能性について対話する。マインドフルネスと水素の関係とは?竹原タカシ(以下、竹原):現代は、昔にはなかっ ...

  • 境界線を曖昧に──人とAIが奏でる「共創曲」の裏側

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    5月10日に東京・六本木にて開催された「サントス ドゥ カルティエ」の新作発表を祝したイベント。「サントス ドゥ カルティエ」は、ブラジル人飛行家であるアルベルト・サントス=デュモンとルイ・カルティエ、情熱を持った二人の友情から誕生した世界初の男性用実用的腕時計である。イベントでは、彼らのパイオニア ...

  • 家自体がコンピュータになり、AIが居住者のアクションを妄想する未来【落合陽一×アシュトシュ・サクセナ】

    INVALANCE blueprint , .

    CASPAR AIを開発したBoT社CEOのアシュトシュ・サクセナ氏が現代の魔法使い・落合陽一と描く住居の未来の姿。そこでは子どもたちは犬や猫と遊ぶようにAIやIoT機器と戯れ、高齢者は日常のアクションでAIの恩恵を受けることができる。そこにはもう壁のスイッチもインターフェイスも存在しない。住居自体 ...

  • 【7/25開催】お葬式×テクノロジーで業界を変えたベンチャーの戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    葬儀にまつわる悩みを解消する各種サービスで、高い注目を集めている「株式会社よりそう」。エンディング(葬儀・供養)Techの先駆けである同社は、One to Oneマーケティングに力を入れ、さらなる飛躍を目指すという。代表取締役の芦沢雅治、そしてテクノロジー部門を仕切るシステム部 部長の太田優輝に、こ ...