• 小山薫堂氏が語る、Audi R8 Coupéが醸し出す上質の正体

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    放送作家、脚本家という肩書にとどまらず、京都の『下鴨茶寮』の経営や、京都造形大学副学長としてアカデミックな分野にも関わる小山薫堂氏。2007年には交通事故削減のキャンペーンである”TOKYO SMART DRIVER”の発起人を務め、このプロジェクトは2017年7月からは&r ...

  • 時代を先駆けるタグ・ホイヤーのビジネス戦略とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ジャック・ホイヤーという男写真右:契約を交わすジャック(左)とジョー・シフェール(右)。/写真左:ジャック・ウィリアム・エドワード・ホイヤー。1932年生まれ。大学では電気工学を学び、その後アメリカに留学。帰国後にホイヤー社(当時)に入社。様々な傑作モデルを世に送り出す。「自動巻き式クロノグラフ」「 ...

  • マイクロソフト伝説マネジャーがマクラーレン570Sを語る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国の自動車メーカー、マクラーレン・オートモーティブ(以下マクラーレン)。Formula1で培ったテクノロジーと知識を注ぎ込んだハイパフォーマンスなスポーツカーをロードカーとして提供する。「僕の世代では90年代のF1での圧倒的な強さのイメージが色濃いマクラーレン。そんなマクラーレンの570Sですが、 ...

  • 「サンクスデイズ・プラチナ」が特別な感謝を伝えられる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    一緒にいて幸せだから、どんなときでも支えきてくれたから、妻やパートナーへの「ありがとう」の気持ちをカタチにして贈る。そんなハートウォーミングなジュエリー「サンクスデイズ・プラチナ」が人気だ。なぜ今、プラチナの贈り物が選ばれているのだろうか。プラチナ、と言われて思い浮かぶイメージは何だろう。地金、コイ ...

  • トップマーケター3名が実践 成果の出るデジタルマーケティングとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大量の情報を押し付ける「マスマーケティング」から、顧客との関係性を意識した「エンゲージメント・エコノミー」の時代へ──。現在、マーケティングの新しいトレンドとして、企業が消費者と様々なチャネルを通じ、密接な関わりを持つ「エンゲージメント」という関係性が注目を集めている。世界39カ国・6000社以上で ...

  • 人生の「光景(シーン)」をつくるマンション

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    マンション供給戸数で3年連続全国・首都圏トップ※を記録している住友不動産。入居者の満足度も高い同社のマンションに息づく珠玉の“美学”を紐解く。※2014年〜2016年事業主別マンション発売戸数/(株)不動産経済研究所調べマンションという「建物」をつくるのではなく、そこに暮らす ...

  • 7回目の「アプリ甲子園」が人気を伸ばし続ける理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    10代はいま、世界をどのように“実装”するのか——2017年10月15日、アプリ甲子園実行委員会(協力:株式会社D2C、ライフイズテック株式会社)主催のアプリ甲子園2017決勝大会が開催。10組のファイナリストがプレゼンを行い、優勝者を決定した。 アプ ...

  • 混迷の時代を勝ち抜く 確かな資産「金」の真価とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    谷本有香(以下、谷本):欧米諸国の保護主義化や北朝鮮の脅威など、日本を取り巻く環境は不透明感を増しています。いまの政治経済の情勢と、そのリスクをどのように分析されていますか。岸博幸(以下、岸):最大のリスクは、実は海外よりも国内にあって、東京五輪以降景気はかなり悪くなると考えています。確かにいまは景 ...

  • 多忙なビジネスリーダーのための「楽ジャケ」登場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英語のDOと品格を意味するフランス語を組み合わせ、「品格で生まれ変わる」という造語をブランド名にしたドゥクラッセ。極上の着心地のために、伸縮性あるジャージーでジャケットを生まれ変わらせた。進化と熟成を重ねて極上のジャケットが完成!小暮昌弘(以下小暮):「ダブルフェイス・ジャ ...

  • 一発で心を掴む「袖口映え」のラグジュアリーウォッチ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高級機械式時計は趣味性が高いため、“何を選ぶか”も主張になる。その人のセンスが反映されるので、格好の自己主張になるのだ。その能力はビジネスの場でも有効。シャツの袖口から時計がチラリと見えるだけで、初対面の相手にもアピールができ、しかも会話のきっかけも作ってくれるのだ。スイス時 ...

  • 野村グループ若手社員に聞く 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」 Vol.2 iDeCo(イデコ)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融の最新トレンドを野村グループの現役社員に聞く、シリーズ「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」。第2回は、2017年1月より対象が拡大した「iDeCo」。野村證券確定拠出年金部・企画課長の児玉仁志さんに「iDeCoの特徴と加入のメリット」について伺いました。──老後の資産形成のための投資と ...

  • フランチャコルタから学ぶ、地方創生3つのヒント

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    わずか50年で世界中にブランド名が浸透した、日本人のファンも多いフランチャコルタ。なぜ短期間で有名になったのか。その理由を探ると、日本の地方創生に生かすべき3つのヒントが見えてきた。 地方創生のケーススタディとしてしばしば取り上げられるイタリア各地の地方都市。パルマの生ハ ...

  • ビジネスユースに最適なTUMIの多機能にして華麗なバッグ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    強度とエレガンスを両立したバリスティックナイロンのバッグで一世を風靡したTUMI(トゥミ)。そのバッグはたゆみない進化を重ね、現在もビジネスシーンに君臨。その機能性にも注目だ。アリーヴェ「ソーヤー」ブリーフトゥミの機能性やクオリティ、パフォーマンスを継承するプレミアム・コレクション「ARRIV&Ea ...

  • 野村グループ若手社員に聞く 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」 Vol.1 フィンテック

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融の最新トレンドを野村グループの現役社員に聞く、シリーズ 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」。初回で取り上げるのは、いまさら聞けないバズワード「フィンテック」。野村ホールディングス金融イノベーション推進支援室・課長代理の池田寛人さんに「フィンテックの現在地とこれから」を伺いました。── ...

  • インテルがAI活用で600億円以上の価値を創出

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インテル内でのAI活用から見えたモノ定型業務の自動化やビッグデータの分析、将棋や囲碁の対局、自動応答サービス、自動運転など、AIを生かした最新の取り組みが近年盛んに報じられている。まだ実現は先になりそうなものも多いが、その一方で実用の段階に入ったものも増えてきた。 インテルは早くからAIの可能性に注 ...

  • 賢い投資家は実践!「第4次産業革命」の波に乗る方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イノベーションの恩恵に、投資家として向き合う──。資産運用のプロフェッショナルである三菱UFJ国際投信の村田淳生執行役員に聞く、第4次産業革命がもたらした新たな投資機会とは。イノベーションがもたらした価値18世紀の第1次産業革命以降、イノベーションによって産業は飛躍的に発展してきた。蒸気機 ...

  • SKY TREKのチャーター機でアイランドホッピング&ゴルフトリップ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ANAでホノルル到着後はそのままゴルフトリップへ。SKY TREKのチャーター機サービスで、ハワイ諸島をシームレスに移動が可能に。自由気ままな旅が実現!日本初の会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サービス『SKY TREK』。ハワイでの小型チャーター機サービスを展開するロイヤルパシフィックエアと ...

  • 「街と人に共感される」Audi R8 Spyderの魅力を探る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミュージックセキュリティーズ代表取締役の小松真実さん。小口投資のプラットフォーム「セキュリテ」が日本国内のみならず世界からも注目を集めている。ファンドの総数は707本、事業者461者、ファンドの募集総額は73億円。事業者と個人投資家の新しい関係を生み出した若きビジネスリーダーだ。 そんな小松さんはプ ...

  • 人はもうマーケティングされたくない?「マスマーケティング」の次に来るもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年の1.2兆GBから、20年には40兆GBへ──IDC発表の「THE DIGITAL UNIVERSE in 2020」によれば、全世界で新たに生まれるデータ量はここ10年で激増。世界は今、未曾有の「情報過剰時代」に突入しようとしている。 そんな時代において、マーケターは、ビジネスの前提が大 ...

  • 病院を「永続的な」ビジネスに変容させる意義とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各地域に必要不可欠な医療機関だが、その経営破綻は決して珍しいことではない。キャピタルメディカはその傷みがちな医療機関の経営・運営を受託し、コンサルティング業界で培ったノウハウで永続的に地域に貢献できる医療機関へと再構築するプロ・マネジメント集団だ。優秀なドクターが多数在籍して高度な治療を行なっていた ...