• サンフランシスコに集ったイノベーターたち 「サントス ドゥ カルティエ」イベントレポート

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    飛行家アルベルト・サントス=デュモンとルイ・カルティエの出会いにより誕生した、世界初の実用的腕時計「サントス ドゥ カルティエ」。2018年4月5日夜、その新しいコレクションの発表を記念したパーティが開かれた。開催地に選ばれたのは、イノベーションの聖地として知られるアメリカ・サンフランシスコ。サント ...

  • 0ではなく、2からのスタートを サムライインキュベート榊原氏らが語る海外進出

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年4月16日、グローバルビジネスハブ東京にて「X-HUB TOKYO EVENT 〜グローバル展開へのチャレンジ〜」が開催された。X-HUB TOKYOとは東京都主催のアクセラレーションプログラムで、東京発スタートアップの海外進出支援を目的としている。イベント内では、サムライインキュベート代 ...

  • この夏の人気アイテム! シーンを選ばないドゥクラッセの“軽快”ジャケット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    この夏に向けて、ドゥクラッセの「クール&ドライジャケット」が売れている。驚くべきコストパフォーマンスと軽やかな着心地が人気で、2着、3着と大人買いする人が多いという。フリー編集者の小暮昌弘が開発担当の寿美良昭にヒットの裏側を聞いた。小暮昌弘(以下小暮):今回ご紹介いただくのはドゥクラッセの「クール& ...

  • 全量純米大吟醸酒で急成長! V字回復を遂げた楯の川酒造の戦略とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    6代目蔵元が酒蔵を引き継いだ2002年、出荷本数は150石(1升瓶換算で約1万5000本)と山形県でももっとも小規模な蔵のひとつだった楯の川酒造。17年度の出荷本数は2000石(約20万本)と、この15年で実に10倍以上大きく成長した。赤字からのV字回復の裏で行われていたこととはなにか。山形県には現 ...

  • テクノロジーはファッションの夢を見るか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スタートはプログラマーだった。19歳でファッションリテイルのソフトウエア開発に携わった彼は、「ステークホルダーすべてが美的でクリエイティブだった」ファッション業界と出合い、たちまち、麗しのインダストリー「ファッション」の虜になる。彼はthe love of fashionの熱に導かれ、迷わず、愛すべ ...

  • イビサ島で日本酒が大人気! SAKEカクテルが導く、辰馬本家酒造の展望

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    創業356年を迎え、まさに老舗の風格を漂わせる辰馬本家酒造。35歳で代表取締役社長を引き継いだ辰馬健仁さんはその伝統にあぐらをかくことなく、数々の革新的な試みに取り組んでいるが、その目は日本の酒造業界広汎を見渡している。兵庫県西宮市の井戸「宮水」は1840年ごろに発見された。地下3~4mから組み上げ ...

  • 支持される本命、オーダースーツ・イノベーション

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    一度採寸してしまえば、2着目以降はネットで簡単にオーダースーツを注文できるサービスが人気沸騰中だ。なかでも、高品質ながら低価格で、納期が約「1週間」という早さの『カシヤマ ザ・スマートテーラー』に注目が集まっている。その躍進の理由を、株式会社オンワードパーソナルスタイル代表取締役社長 関口 猛に聞い ...

  • ビジネスパフォーマンスを高めるフィットネスの真の実力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フィットネス業界のみならず、フランチャイズビジネスに革新をもたらしたエニタイムフィットネス。来日中の同社CEOチャック・ラニオンが、フィットネスが心身へもたらす多様な効果と、それに基づいた経営哲学について語ってくれた。フィットネス事業を通じて、社会貢献に寄与する「アメリカでは老若男女問わず、フィット ...

  • ブロックチェーンで「金」をデジタル化する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金取引のECトレンドをリードするブリオンジャパン。平井政光CEOがブロックチェーン技術を用いて開発した決済システム「Bullion Pay(ブリオンペイ)」とは。(前編はこちら)所有権の改ざんを防ぐには金現物の所有権を瞬時に、“安全”に変更し、従来の取引形態では成し得なかった ...

  • 経営トップが取り組むべき働き方改革の“答え”とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    働き方改革のうねりが想像以上のスピードでビジネスの現場に押し寄せている。すでに新たなステージに移行したと言える大きな変化の波を捉え、事業を成長させるために、企業のリーダーはどのようなことに取り組むべきであろうか。働き方の改革で先を行く日本マイクロソフトで開かれたセミナーをもとに、その神髄を探る。上写 ...

  • 世界で戦う起業家が語る、海外展開に必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のスタートアップを取り巻く環境は、徐々に整備されてきている。しかし、海外展開に苦戦するスタートアップはまだまだ多いのが現状だ。海外展開をうまく軌道に乗せるためには、一体何が必要なのだろうか。経済産業省が主導する「飛躍 Next Enterprise」は、国としてスタートアップの海外展開を支援する ...

  • 人は、「無限遠」を求めている【落合陽一×三淵啓自】

    INVALANCE blueprint , .

    超AI時代を迎えつつある現代において、人々の暮らしはどうアップデートされていくのか。そしてその住空間との関わりは、いまとどのように変化していくのだろう。オーガナイザーを務める"現代の魔法使い"落合陽一が第3回のセッションで対話するのは、インターネット上の仮想空間及びVR研究の第一人者・三淵啓自。お互 ...

  • 新色が登場したばかりのTUMI「ALPHA 2」を持つべき理由

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ビジネスバッグといえば、誰しも思い浮かべるのがトゥミのバリスティックナイロンのシリーズ。そのイメージがさらに膨らむ新しいカラーのアイテムが登場した。見るからにタフなバリスティックナイロン。その質感を全面に出したトゥミのブリーフバッグは、オフィス街を歩けば常に視界に入ってくるほど多くのビジネスパーソン ...

  • 高級リゾートはシェアリングで楽しむ時代

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    現代は「モノ消費」よりも「コト消費」の時代。いたずらに所有することを追い求めるのではなく、よい体験を重ねることへと嗜好が変化している。そんな中で注目度が高まっているのがシェアリング。所有するよりも、合理的に幅広く体験していくという現代のスマートな生き方とマッチし、さまざまなサービスが生まれている。2 ...

  • バーチャル女子アナでCM?最新テクノロジーで越える、広告とユーザーとの距離

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    先進のソニーが展開しているスマホ用ニュースアプリ「ニューススイート」は、すでに6000万インストール/700万MAUを記録し、全世界70か国で展開、大きな支持を得ている。ところがここにきて既存の広告のあり方に一石を投じることになるかもしれない一手を打ってきた。それはバーチャルアナウンサーによる&ld ...

  • 未体験のEVがくれた感覚は、まるで心地よい波

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2017年末にフルモデルチェンジを果たし、2代目となった新型日産リーフがユーザーから好評を得ている。今回、その魅力を体感してもらうべく、ジャーナリストとして多方面で活躍中の堀潤氏に取材を敢行した。日頃からさまざまなメディアで鋭い意見を発信する一方、プライベートではクルマ好きとして知られ、センスある表 ...

  • アイデアがあふれるEVという可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日産リーフは、2010年に世界初の量産型EV(電気自動車)として初代モデルが登場して以降、グローバルで累計約30万台が販売されている。今回、経営者の森川亮氏にこの新型日産リーフを試乗してもらった。森川氏といえば、2007年にLINEの代表取締役社長に就任、2015年のLINE退社後に新会社C Cha ...

  • 料理・空間・心が奏でる「美味方丈」 うかいの物語のある食空間とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その出発点は1964年に奥高尾に開業した「うかい鳥山」だった。文化事業、都心への出店、株式上場などを経て、常に成長を続けるうかいは、新たに六本木ヒルズに2つの新店舗をオープンする。国内外の人々に賞賛されるうかいの原点を大工原正伸社長に聞いた。高度成長期前夜、その場所には、日本初の都市型ホテルがあった ...

  • 次世代をつくる日本屈指のトレーナーがエグゼクティブにかけた魔法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のビジネスパーソンの間でも、健康への意識は年々高まっている。政府は長時間労働撲滅の働き方改革を推進し、企業の多くは生産性重視の健康経営に舵を切った。そんななか会社経営者や医者などのエグゼクティブを中心にいまウエイトトレーニングが流行となる兆しを見せ始めている。彼らはなぜ、フィジカル強化に取り組み ...

  • 世界は「スキルエコノミー」にシフトする

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界192か国、43言語でクラウドベースのラーニングおよびタレントマネジメントソフトを提供するコーナーストーンオンデマンド。来日中の同社シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのチラーグ・シャーが、人財の可能性について語ってくれた。イノベーションはテクノロジーではなく、人が生み出すテクノロジーの ...