• 葬儀にまつわるイノベーションはいかにして拡大したか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Salesforceの新たなテクノロジー、イノベーション、ビジネスヒントを紹介していく毎年恒例のイベント「Salesforce Summer 2018」。今年は、去る725(水)に東京プリンスホテルにておこなわれ、副題には“「第4次産業革命」が変えるビジネスの未来”という文言 ...

  • GLOBAL WOMANのワーキングスタイルを洗練させる「チルコロ 1901」のジャケット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビジネスシーンにおいて、クラシックなテーラードジャケットは必須アイテムのひとつ。ジャージー素材の概念を超えた生地“フェルパ”でつくられたイタリアの名品ジャケットは、ビジネスで活躍する女性たちにふさわしい1着になる。「チルコロ 1901」のジャケットは、長時間のデスクワークでも ...

  • 瀟洒なモリッツ・グロスマン ブティックで、時計を選ぶ愉しさを体験する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    文京区にある桜の名所、播磨坂。夏には鮮やかな緑が生い茂り、閑静な住宅街のなかのオアシスのよう。小石川植物園にもほど近いこの場所にモリッツ・グロスマンのブティックはある。高級時計のブティックといえば、ラグジュアリーブランドの名がずらりと立ち並ぶ目抜き通りにあるのが常。ところが、2015年2月に世界では ...

  • 感性と美意識があれば、人間はAIに追いつかれない【落合陽一×山口周】

    INVALANCE blueprint , .

    シンギュラリティを迎える未来、人間に残されるものは何なのか。アートとビジネスの融合を目指す気鋭のコンサルタント・山口周と現代の魔法使い・落合陽一が示唆するのは感性、美意識、好き嫌いだという。AIにはわからないメッシュされる以前のアナログデータ。そこに意識を研ぎ澄ますことで、人間らしい暮らしと幸せを手 ...

  • 未開の地へ挑む2人が語る「やりたいこと」の叶え方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    45歳で未開の地・宇宙での挑戦を続ける、アストロスケールの岡田光信。一方、21歳という若さで七大陸最高峰・北極点・南極点到達を成し遂げた、南谷真鈴。世代も、活動のフィールドも異なる2名が描く「未来予想図」とは?(本記事ではダイジェスト版をお送りします。全文はこちらをご覧ください)▶家族への反発心で強 ...

  • 宇宙、北極点、エベレスト... 挑戦者たちが未開の地へ挑む理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    未開の地への挑戦を続ける、2人の人物がいる。片や宇宙空間に漂う無数のごみの除去という前人未到のビジネスを手がけ、片や日本人最年少で七大陸最高峰を制覇し、さらに北極点と南極点も踏破。大きなビジョンを追い求める二人が、自らの原点とこれからのビジョンを語り合った、対談第1回をお送りする。(本記事ではダイジ ...

  • 会社のヒーロー、「数字で測れない貢献」をしている社員は誰か?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今日、あなたは社内で何人と話しただろうか? 5人、10人ぐらいだろうか 20人話していたらかなり多い方だろう。それでは会社が急成長し、社員が100人、500人、1,000人と増えた時、あなたは自分と話したことがない、仕事も関わりのない社員をどうやって評価できるだろうか?メルカリをはじめ、急成長を遂げ ...

  • 「金」のトレンドはロンドンで動く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古来、気高くも美しい輝きで私たちを魅了してきた「金」。普遍的な価値の象徴として経済と深く結びつく一方で、人々の生活に根付き、文化的側面も彩ってきた。私たちはいかに「金」と付き合っていくべきか。渡欧中のブリオン・ジャパン代表取締役CEOの平井政光に同行し、ロンドン、ウイーンへ。前編では、ロンドンにその ...

  • Slack CEOとビズリーチ南氏が語る「いま、日本に必要なマネージャー像」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テクノロジーの進化は未来の企業社会や組織の在り方にどのような変化をもたらすのか──。AI(人工知能)などの先端的技術の導入やチャットツールの普及によりいま、組織のあり方、個人の働き方に大きな変化が訪れようとしている。そうした中、未来の組織、働き方について考えるイベント「Future of Work ...

  • 麻布がどうも凄いらしい。イノベーション聖地へ!アクセンチュアの本気

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年1月、アクセンチュアは、顧客同士の新たな出会いとイノベーション創出を促進する拠点としてアクセンチュア・イノベーション・ハブ東京(AIT)を開設した。執行役員 デジタルコンサルティング本部統括本部長を務める立花良範氏が語る、AIT開設の狙いと手応え、そして今まさにこの空間で起こりつつあるイノ ...

  • きっかけはわが子との時間。絶対に解決したい定番の混雑問題

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世の中のニーズに気づき、これまでにないソリューションを生み出すスタートアップ。企業によるスタートアップ支援プログラムは増えているが、その中でも独自のスタイルを確立し支持されているのがマイクロソフトの支援プログラム「Microsoft for Startups」だ。ここにアイデアと情熱が生み出したサー ...

  • マニー・パッキャオ、リングに上がり続ける真の理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ボクシング界の英雄、マニー・パッキャオの履歴にHANDA Watch Worldのアンバサダーという肩書が加わった。盟友となった同ブティックを展開するミスズ社長半田晴久氏とともに歩む道は、世界の貧困の根絶を目指すという壮大なチャレンジである。貧困にあえいだ少年時代世界中から愛されるこのフィリピン人ボ ...

  • そして、私はメルセデスを選ぶことになる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    メルセデス・ベンツが好きという人は多い。自動車の発明という同社の歴史、誰もが知るブランド力、そしてクルマそのものには端正な佇まいとともに高級感が溢れ、流行をも超える憧れの存在といってもいい。ただ、実際に買うことを躊躇する人も存在する。その理由は、敷居の高さであり、フレンドリーなサービスを求めたいから ...

  • メガバンク超えのARUHIがフェーズ3で示す成長戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本初のモーゲージバンクとして誕生したアルヒ株式会社。インターネット繰上げ返済サービスや本格的な住宅ローン代理店制度など、日本初となるサービスを次々と実現してきたパイオニアだ。社員数320人ながら2018年3月期の融資実行額は約7,000億円に達し、みずほ銀行を超えたようだ。さらに、CEO兼COOの ...

  • インターン殺到の背景に、企業規模を問わないマネジメント発想アリ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    売り手市場が続く採用現場。そんな中、知名度もない、事業内容も学生にとって分かりづらいものの、4,000人近くのインターンの応募が殺到するスタートアップがある。Fringe81だ。Fringe81は昨年、就活生のための口コミサイトで、サマーインターンシップ実施企業370社の中から大企業を差し置いて、総 ...

  • なぜ日本の衣服産業は世界で勝てないのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「衣服」に関わる1200年の伝統を誇る京都西陣織の老舗12代目と、インターネットによる衣料生産プラットフォームを運営する経営者との対談。第1回では「衣服」に関わる者同士、それぞれの原点について対話が展開した。対談第2回では、革新的な取り組みを続ける2人の間で「伝統をいかにアップデートしていくか」とい ...

  • 未来の衣服は宇宙服? キーマン2人が語る伝統の守り方、壊し方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    伝統と革新。それは、約1世紀もの間、世界中の人々に愛されてきた腕時計「サントス ドゥ カルティエ」のキーワードでもある。生みの親であるアルベルト・サントス=デュモンの革新的で大胆な精神は、長い時を経て今もなお、その時計に息づいている。伝統と革新とは、相反する意味を持つ言葉であるが、革新なき伝統は停滞 ...

  • 至極のシャンパーニュ、ボトルに潜む「3桁の数字」を解明する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ラベルに小さく書かれたEDITION160、EDITION163 、EDITION166の文字。この3桁の数字はなにを物語るのか。シャンパーニュ・メゾンKRUG(クリュッグ)6代目当主オリヴィエ・クリュッグ氏が明かす。ワイン愛好家であればヴィンテージ(ブドウの収穫年)がワインにとっていかに重要な役割 ...

  • 美しい海を守るために。時計界の「海の守護者」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ダイバーズウォッチを筆頭に、海をテーマとする時計は多い。ではその原点はどこにあるのだろうか? 現存する最古のスイス時計ブランド「ブランパン」は、65年も前から数々の海洋保護プロジェクトをサポートしながら、人間と海の理想的な関係性を提案し続けている。なぜブランパンは、海に惹かれたのか?海は生命の源であ ...

  • 機能性の追求から生まれた美しきデザイン「CASIO G-SHOCK MTG-B1000」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    全世界で累計1億本以上をセールスしているカシオ計算機の耐衝撃ウォッチG-SHOCK。そのメガヒット商品が35周年を迎えた。アニバーサリーイヤーに登場した上位機種「MT-G」の新型モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのだろうか──。先進の耐衝撃構造の採用で小型・薄型化した新型「MT-G」最新モデル ...