• 「新たな働き方」としての海外転職、成功への3つの条件

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1.世界経済をリードする業種で、自身のパフォーマンスを発揮する情報化社会の発達は、人々のライフスタイルに大きな変化をもたらした。ビジネスの世界では、Googleを筆頭に、既存の常識にとらわれない新たな価値が次々と創出され、働く人々の意識も驚くほど多様化している。日本においても同様で、たとえば、国内企 ...

  • ニューポルシェ911カレラシリーズが日本上陸、ポルシェ ジャパンが記者発表会を開催

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「さあ、それではご覧いただきましょう。ポルシェ ニュー911です」ポルシェ ジャパン株式会社の七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)代表取締役社長が高らかに放つ声とともに、新しいポルシェにかぶせられていた幕が取り払われた。2016年2月23日。ニューポルシェ911カレラシリーズの記者発表会が東京都内で開 ...

  • ビットコイン取引所大手bitFlyerが貫く「経営の王道」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    仮想通貨のビットコイン関連サービスが、その基盤技術となるブロックチェーンとともにフィンテックの急先鋒として注目を集めている。国内最大のビットコイン取引所であるbitFlyerは、果敢にルール作りに挑戦することで、この業界に新しい秩序をもたらそうとしている。2014年4月に国内初のビットコイン販売所( ...

  • 技術の力で金融を解放し、お金の不安を希望に変える「お金のデザイン」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「お金のデザイン」は、ロボ・アドバイザーを活用した資産管理サービスだ。低コストながら、誰もが少額から自分のライフプランに最適なポートフォリオに基づいた資産運用をすることができる。共同創業者の谷家衛がこの事業の「顔」に選んだのが、COOの北澤直だ。“伝説の投資家”として知られる ...

  • 不動産事業をソーシャルレンディングで支えるラッキーバンク

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インターネットを通じて資金の貸し手と借り手を結びつける「P2P(Peer-to-peer)」型の金融サービス「ソーシャルレンディング」が、日本でも少しずつ根付き始めている。ラッキーバンク・インベストメント(LBI)は、この分野で不動産特化型ファンドを始めた先駆け的存在だ。LBIは、2014 年春の会 ...

  • 人生を変える「無料MBAプログラム」講座 虎ノ門で開催中

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界に羽ばたくビジネスエリートに必須の条件と言えるのがMBAの取得。欧米においては、日本以上にMBAの価値が認識されており、外資系企業の多くはMBAホルダーを経営のトップレベルに起用する。また、MBA取得後に起業する人々も多く、グローバルに活躍する仲間らと情報交換が出来ることも、MBAスクールに通う ...

  • 全社員をテレワーク雇用 「ワードプレス」運営元、Automattic社の革新性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    コンサルティング企業、ギャラップの調査(2013年)によると米国のオフィスワーカーの39%が何らかの形で在宅勤務を行っている。また、2005年から2010年の5年間で、その人口は66%増加したとのデータもある。 「2013年にはヤフーCEOのメリッサ・マイヤーが『在宅勤務は社員のコラボレーションの妨 ...

  • 震災が変えた働き方 マイクロソフトが推進する「ワークスタイル革命」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2011年3月に発生した東日本大震災は東京・品川に約2500名の従業員を擁する日本マイクロソフトにとっても大きな試練だった。 「同年2月に品川本社オフィスに移転し、弊社のテクノロジーを活用して、社員ひとりひとりが生産性を上げ、革新的な働き方ができるワークスタイル変革の取り組みを開始しました。その新し ...

  • 「グロースハッカー」が地方を変える 福岡で400名のクリエイターが参加 

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グロースハッカー」――そんな聞きなれない言葉が今、これからのウェブマーケティングにおける重要なキーワードとして浮上している。グロースハッカー(Growth Hacker)とは成長を意味するグロースと“改善を加える人”という意味のハッカーを組み合わせた新語。 米国ではオプティ ...

  • 「リモートで働くのは当たり前」 異端のテック企業・ヌーラボの挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「インターネットってそもそも、会ったことも無い誰かとつながる道具じゃないですか。離れた場所にいる仲間と一緒に働くのはすごく自然なことだと思うんですよ」 テレークやリモートワークという言葉が登場する以前から、ごく当たり前にそれを実践してきた企業が九州にある。福岡を代表するテクノロジー企業、ヌーラボの代 ...

  • 佐々木俊尚氏が語る「死ぬまで働く時代」の生き方、暮らし方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ウェブにつながっていれば、どこでも仕事はできる――佐々木俊尚さんが著書『仕事するのにオフィスはいらない』で“ノマドワーキング”という概念を取り上げたのは今から6年前の2009年のことだった。その以前から、ジャーナリストとして、テクノロジーの発達が我々の暮らしにどのような変化を ...

  • IT企業が古民家に押し寄せる テレワークが生んだ「神山町の奇跡」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人口の減少に苦しむ地方自治体が多い中、抜群のITインフラと豊かな自然環境で企業誘致に成功しているのが徳島県の神山町だ。名刺管理サービス「Sansan」や「Eight」で知られるSansan株式会社を皮切りに、約5年で12社が神山町にサテライトオフィスを構えるようになった。 徳島県は2000年代から光 ...

  • テレワークで変わる日本の雇用 「子育てや介護」と仕事の両立が可能

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    企業の間で従業員の在宅勤務(テレワーク)を推進する動きが広がっている。トヨタ自動車は今年4月から、1歳未満の子供を持つ社員を対象に週に1回、2時間出社すれば残りは自宅で働けるようにする制度を導入した。事務職と技術職の多くの社員が対象となり「子供を育てやすい環境を整え、女性の活用にもつなげていく」とし ...