• 超高齢化社会の問題を解決するフィリップスのヘルステック戦略

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2017年12月5日、東京アメリカンクラブにて開催された「PHILIPS PARTNERSHIP MEETUP」。その壇上で宣言されたのは、フィリップス・ジャパンのヘルステック・ソリューション企業への大胆な転進だった。その真意を代表取締役社長の堤浩幸に聞いた。止まらない医療費の増大、明るい未来のため ...

  • 仕入れ力、販売力で不動産業界に旋風。PRESIが投資家に選ばれる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    本質的な価値をもつ不動産の販売にこだわり、創業2年目ながら、IRRは驚異的な1万8000%を達成。不動産投資のニーズをとらえ、最高の物件を提供してきたPRESIグループの両輪、石井雄也、光兄弟が未来への展望を語った。投資リテラシーの高い層をターゲットに、アパートの販売を行う、真の意図「描いていたビジ ...

  • この冬、買い足したい、ビジネスリーダーのための“軽快”ダウン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    価値ある商品づくりで定評あるブランド、ドゥクラッセ。今季発表したダウンのロングコートは、洗練された雰囲気と確かな機能性が同時に備わり、価格も驚異的。思わず大人買いしたくなる一級品だ。日本の寒い冬を乗り切れる機能と細心の気配りが随所に小暮昌弘(以下小暮):今回紹介させていただく「ウインドバリア・ダウン ...

  • 急成長するテキサスを舞台に、新しい世代へ夢を与えるプロジェクト始動

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカの不動産売買で数多くの実績を上げるリーバンズコーポレーション。地の利を生かした情報力は、他の追随を許さない。同社が日本人投資家の参加を促す新たなスキームを公表した。「アメリカ・テキサス州の活況を日本の人にわかりやすく伝えるとするなら、昭和39年の東京オリンピックをイメージしていただくといいで ...

  • 福留亮司が語る、時計とクルマの共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファード ...

  • 開拓者・日産自動車が描くEVの未来図

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年に登場し、世界中で30万台(※1)が走る日産の100%電気自動車「日産リーフ」。その2代目となる新型「日産リーフ」が2017年10月に満を持して発売され、話題を呼んでいる。そこで、日本におけるEV市場を牽引する日産自動車の日本EV事業部小塚功子部長に、フォーブス ジャパン副編集長の谷本が、 ...

  • 藤田晋が語る、行き着いたクルマ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    さる12月25日、新しいアルファードが発表された。その精悍な顔つきはよりシャープになり、大胆なフロントグリルが圧倒的な力を感じさせる。内装や安全安心機能も高級車最高レベルを備える。 Forbes JAPANでは、「ALPHARD REVIEWS」と題して、3週にわたって、ゲストによる新しいアルファー ...

  • テキサス不動産投資で失敗しないために、まず捨てるべき日本の常識とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「テキサスは、今後も経済成長が見込まれるアメリカで、最大限の投資効果が期待できるエリアのひとつです。とはいえ、どこでも良いというわけではありません。何の知識も持たず、日本の常識にとらわれて物件を選んでしまうと、ひどい目に遭うこともあります」こう警鐘を鳴らすのは、日米双方の住宅事情に詳しい、リーバンズ ...

  • ZIP WORKが提案する真の「働き方改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「限られた時間で成果を出す」。 専門的なスキルや能力をもつ優秀な人材が能力を発揮しながら、プライベートや介護、育児を両立させる。それを実現させることこそが本当の「働き方改革」だと、二葉美智子は語っている。「限られた時間の勤務でいいから、弊社が必要とする高度なスキルをもった人を受け入れたい。そんな思い ...

  • LEXUSが提供する最先端cuisineを体験

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「本能を呼び起こす食体験」を提供するイベント、LEXUS LS INSTINCT by DINING OUTが開催された。同イベントには本誌編集次長九法崇雄と、シタテルCEO河野秀和、アドライト代表取締役木村忠昭が参加。LEXUSは、なぜ「本能を呼び起こす食体験」を提供するのか? その所以に迫った。 ...

  • アメリカ不動産投資を成功させるために日本人が学ばなければいけないこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で成功する人と、失敗する人は何が違うのか。アメリカで30年以上不動産業を営むリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARUと、マネーセラピストとして多くの日本人の資産運用に有効な指針を示してきた安田まゆみが未来を見据えた投資哲学について語り ...

  • AI×住まいを落合陽一氏と議論|blueprint

    INVALANCE blueprint , .

    株式会社インヴァランスは、メディアアーティストの落合陽一氏と「超AI時代の暮らし方」について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げた。その内容は特設サイト、そしてForbes JAPAN BRAND Voice Channelにて随時展開される。インヴァランスは東京 ...

  • アメリカの不動産で次に「上がる」地域は? ダラスが注目される理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テキサス州の北部に位置するダラス・フォートワース複合都市圏は、アメリカのなかでも、特に発展が著しい地域だ。現在では、人口が500万人を遥かに超え、アメリカ全体でも第4位の大都市に成長している。アメリカ不動産に精通しているリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN & CEOであるNICK ...

  • 入居者の満足度が生む、好循環のマンション投資

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    将来への資産形成、このままでいいとは誰も思っていない自分の10年後、20年後のライフスタイルをしっかりイメージできているだろうか。貯蓄や資産は、正しい見極めのうえに立ち、長期で考えるのが鉄則だ。低金利に期待できないまでも分散投資の一翼を担う貯蓄か、それとも株式などのエクイティ商品か。働き盛りのビジネ ...

  • 女性が動かす未来をサポートする UBSウェルス・マネジメントの新提案

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ジェンダー・ギャップ指数がG7中最下位という不名誉な数字が発表された旧態依然とした日本社会。そこで女性のエンパワーメントに焦点を当てたグローバルプログラム「UBSユニーク」を展開するUBS ウェルス・マネジメントのオルガ・ミラー氏に、本誌副編集長・谷本有香が聞く。谷本有香(以下谷本):UBSユニーク ...

  • アメリカ中古不動産の流動性を支える2つの安心

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本で不動産投資を行う場合、物件の価値は築年数によって大きく左右されるが、アメリカでは、築年数よりもその物件が建てられている周辺環境によって不動産の価値が決まる。ゆえに都市開発が進み、治安に優れたエリアは、築20年、30年の物件がリフォーム、リノベーションの繰り返しにより、新築物件と何ら変わりない価 ...

  • 数字で読み解く「不動産投資でアメリカが選ばれる」3つの理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資の潮流が、日本国内への投資から海外を含めた分散投資へと変わりつつある。海外への不動産投資先として、まずは人口の増減、経済成長率が投資判断の一つの目安となるが、リーバンス・コーポレーションCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARU は、そこにこだわり過ぎてはいけない ...

  • いま、日本のクラウドファンディングが大きく変わる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日進月歩のテクノロジーとともに加速するIT新時代のスピード。これまで分業が当たり前だった業務改革・システム開発・組織/ファイナンス設計・バックオフィスを含めた運用体制の構築までOne-Stopで手がける集団が現れた!まず業務改革を行い、それを基に要件定義やシステム開発、運用設計、組織やファイナンス面 ...

  • 伝説の杜氏・農口尚彦84歳が最後に挑むSAKEイノベーション

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本酒の世界では伝説とまで称される農口杜氏が帰ってきた。「菊姫」や「常きげん」など数々の銘酒を生み出すも、高齢のため引退していた杜氏・農口尚彦さんが、新しい酒蔵「農口尚彦研究所」を舞台に酒造りに復帰するという。84歳の杜氏にとっておそらく最後となるこのチャレンジに、彼を駆り立てるものとはいったい何か ...

  • 「過去・現在・未来」を見つめ、進化への道のりを示したポルシェ

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    自動車業界を取り巻く環境が大きく変化しつつある現代において、モビリティ産業の次のミッションに着目する今年の「東京モーターショー2017」。なかでもコンセプチュアルな展示で来場者を迎えたポルシェは、そこで何を伝えようとしたのだろう。アジアで初公開となる3代目の新型「カイエン」、そして日本で初披露となる ...