• 最も腑に落ちる言葉を持つドミニク・チェンが語る組織のシナジー

    Sansan / PR ,

    共創する組織のつくり方|#3 ドミニク・チェンさまざまな学問領域をまたぐ豊富な知見と人脈、鋭い考察で時代を俯瞰する情報学研究者のドミニク・チェン。起業家としての顔も持つ彼に、名刺が持つ可能性と組織にシナジーを起こす情報の共有化と効率化について語ってもらった。「この白い箱を持ってみてください」早稲田大 ...

  • ヴェールを脱ぎ始めた「ドリームインキュベータ」のビジネスプロデュース

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    誰もやっていないこと、未開拓の領域、新しい試み。まだ深い足跡を残せていないフィールドに飛び込み顧客を導くビジネスのプロ。それが、コンサルティングの枠を超えたビジネスプロデュースで存在感を増すドリームインキュベータだ。事業創出や人材輩出で注目される同社のフィロソフィについて、ドリームインキュベータと同 ...

  • スマートロック「SESAME」は新たなライフスタイルを創造する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」で、公開わずか一カ月にも関わらず5千万円を超える額に到達し、脚光を浴びている、スマートロック「SESAME mini」。開発したCANDY HOUSEのCEOのジャーミン・グーは「ふだん使うカギをスマホに入れるだけで、世界が変わるということ ...

  • 新時代の教育論、人を前向きにさせるある「想い」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2012年に文部科学大臣に就き、国家戦略としての教育改革を主導した衆議院議員、下村博文氏。そして人材教育のコンサルタントとして、これまでに38万人の研修をしたアチーブメント代表取締役社長、青木仁志氏。そんな日本青年会議所(JC)OB二人に日本JC第67代会頭、池田祥護氏が訊く、人を育てる方法論とは。 ...

  • 愛され球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の胸熱シナジー

    Sansan / PR ,

    共創する組織のつくり方|#2 立花陽三2017年の観客動員数が177万人に達し、138億円の売上高を記録した東北楽天ゴールデンイーグルス。地元に愛され、チームの成績に左右されない黒字経営を実現した球団の組織力は、いかにして生まれたのか。楽天野球団 代表取締役社長の立花陽三に「シナジーを生み出す組織づ ...

  • 元Google人材領域のプロフェッショナルが日本の組織にシナジーを与える

    Sansan / PR ,

    共創する組織のつくり方|#1 ピョートル・フェリクス・グジバチ会社組織と個人の関係性は従来のそれとは大きく変わってきている。シナジーが生まれ、成果を上げる強い組織を築くために必要なものは何か。元Googleで、プロノイア・グループCEO、「0秒リーダーシップ」「世界最高のチーム」の著書でも知られるピ ...

  • 日本と中国で顧客基盤を共有 社内のコミュニケーションが変わる

    Sansan / PR ,

    Sansan 導入事例 #2|電巧社電気機器・電気設備の販売、配電盤等の製造、電気・空調工事やソフトウエア開発などを幅広く手掛ける株式会社電巧社。「電気のコンシェルジュ」と標語を掲げ、モノだけでなく技術込みのサービス提供に努めている。2014年には、中国・上海にDENKOSHA SHANGHAI T ...

  • 新規顧客情報の登録数が3倍 全社員のつながりが会社の資産に

    Sansan / PR ,

    Sansan 導入事例 #3|神戸デジタル・ラボ株式会社神戸デジタル・ラボは、1995年10月に創業されたIT企業で、Webシステムの開発・運用・保守、先端技術開発、情報セキュリティーサービスの提供などを行う。顧客情報の一元管理や手動で行っていた顧客データベースへのデータ入力作業の簡素化、営業機会の ...

  • クレディセゾンの「2本柱」が新規契約数前年比30%増を実現する理由

    Sansan / PR ,

    Sansan 導入事例 #1|クレディセゾンクレジットカードビジネスをはじめ総合的なノンバンク事業を展開する株式会社クレディセゾン。社をあげて取り組む働き方の革新の軸のひとつである全社法人営業では、Sansanの活用で成果を出している。「働き方革命」に取り組む株式会社クレディセゾンは、2014年11 ...

  • 「伊豆・下田」が日本のラグジュアリーを変える?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人口減による地方自治体の疲弊を食い止めるため、様々な地方創生案が実行されている。しかし一村一品運動やB級グルメなどは、イメージアップには繋がったとしても経済効果は小さい。2040年までに896の自治体が消滅するという、衝撃的な学識者のレポートもある中で、抜本的な対策が求められているのだ。そんな中&l ...

  • 女性のための本格的な仕立てと素材を備えたスーツ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    連載 未来を切り開くビジネスパーソンとクロージングVol.1 谷本有香ビジネスの最前線で活躍する3人のForbesパーソンが、「ダーバン」を着こなす連載企画。第1回目では、本誌副編集長の谷本有香が、「ダーバン」が今期より始めた女性向けスーツを仕立てた。本誌副編集長を務める谷本有香は、証券会社、Blo ...

  • EDO WONDERLAND 日光江戸村が“本物”を志向する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    侍、忍者、かぶき者、町娘に扮した観光客で賑わう「EDO WONDERLAND 日光江戸村」は、和の魅力を地方から世界に発信する重要な拠点として注目を集めている。このカルチャーパークを運営する時代村代表取締役ユキリョウイチに話を聞いた。上写真左:ユキリョウイチ◎1972年、東京都生まれ。大学卒業後、世 ...

  • ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード、日本の現在を代表するふたりの女性が選出

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    240年の歴史を持つシャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコは、マダム・クリコと同じ革新的スピリッツを持つビジネスウーマンを讃えるため、世界各国で350名もの女性たちを表彰してきた。今年、日本でその栄誉に輝いたふたりの女性とは……メゾン創業から200周年を記念した1972年よ ...

  • ドニー・イェンが語る、ブルース・リーが本当に伝えたかったこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年7月29日と8月1日の2日間、東京芸術財団とミスズの共催により、ブルース・リー没後45周年を記念した「ブルース・リー祭」が開催された。このイベントで東京芸術財団は、ブルース・リーを顕彰するため、彼を崇敬するユン・ピョウ、ドニー・イェンの両氏を招聘した。編集部ではこの機会にドニー・イェンを取 ...

  • 「革新のメガネ」を通して伊藤元重が見た可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「タッチフォーカスは、シニア世代に新しい価値を提供できる興味深い製品ですね」。そう語るのは、東京大学名誉教授にして、学習院大学国際社会学部教授であり、多くの政府審議会にも名を連ねる伊藤元重。今回タッチフォーカスを実際に使用した伊藤は、液晶レンズを搭載したこの次世代型メガネに、どのような日本の経済への ...

  • 多忙な医師の人生設計をサポート!目的から逆算する資産管理の新潮流

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    内面を見つめ直すことで資産管理に対する向き合い方は変わるというインベストメントパートナーズ代表取締役・川口一成。何のために働き、資産を増やしたいのか。各人の人生のゴールから逆算する独自の手法で、価値増大一辺倒の投資界に一石を投じる!医療法人、開業医、勤務医などの医療従事者たちがメインクライアント。そ ...

  • BMW 7シリーズ、その美と歴史 西陣織の老舗「細尾」12代目、細尾真孝が語る <前編>

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    革新を繰り返し、時代に合わせて新たな価値をもたらす日本の伝統工芸。京都から世界に新しい西陣織を発信する細尾真孝と「BMW 7シリーズ」を重ねると、時を超えて追求し続けた「美」と「継承」というキーワードが浮かんできた。「端的に言うと、そこに美しさを感じたから」。そう語るのは、1688年に創業した西陣織 ...

  • トッズ最高峰の革靴「J.P. TOD'S サルトリアル」を履いた感動の理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    マーケティングオートメーションの先駆企業マルケト日本法人代表の福田康隆氏は、東京・表参道でイタリアの靴づくりの真髄に出合う。福田康隆◎1972年生まれ。大学卒業後、日本オラクルに入社し、セールスコンサルタントとして勤務。2001年に米オラクル本社に出向し、営業職に従事。04年米セールスフォース・ドッ ...

  • ドン ペリニヨンとレニー・クラヴィッツ、惹かれあう磁力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ARE YOU GONNA GO MY WAY」で一世を風靡したロックスターであり、デザイナー、プロデューサーと多彩な顔を持つレニー・クラヴィッツがForbes Japanとともにした1時間。世界に冠たるシャンパーニュ、ドン ペリニヨンとの華麗なるコラボレーションについて語った。豊かなドレッドヘア ...

  • コニャックの王「ルイ13世」を選んだ男、「ルイ13世」に選ばれし男

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    樹齢100年を超えるオーク材で造られた樽を使い100年もの長きにわたって完成させた酒を楽しむ。コニャックの、いや、すべての酒の中で究極のラグジュアリーともいえる「ルイ13世」を愛する男たちのモノローグ。ー第1回 大江 匡(プランテックアソシエイツ代表取締役会長)ーひとり静かに1日の余韻を楽しむ「ルイ ...