• 一発で心を掴む「袖口映え」のラグジュアリーウォッチ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高級機械式時計は趣味性が高いため、“何を選ぶか”も主張になる。その人のセンスが反映されるので、格好の自己主張になるのだ。その能力はビジネスの場でも有効。シャツの袖口から時計がチラリと見えるだけで、初対面の相手にもアピールができ、しかも会話のきっかけも作ってくれるのだ。スイス時 ...

  • 野村グループ若手社員に聞く 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」 Vol.2 iDeCo(イデコ)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融の最新トレンドを野村グループの現役社員に聞く、シリーズ「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」。第2回は、2017年1月より対象が拡大した「iDeCo」。野村證券確定拠出年金部・企画課長の児玉仁志さんに「iDeCoの特徴と加入のメリット」について伺いました。──老後の資産形成のための投資と ...

  • フランチャコルタから学ぶ、地方創生3つのヒント

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    わずか50年で世界中にブランド名が浸透した、日本人のファンも多いフランチャコルタ。なぜ短期間で有名になったのか。その理由を探ると、日本の地方創生に生かすべき3つのヒントが見えてきた。 地方創生のケーススタディとしてしばしば取り上げられるイタリア各地の地方都市。パルマの生ハ ...

  • ビジネスユースに最適なTUMIの多機能にして華麗なバッグ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    強度とエレガンスを両立したバリスティックナイロンのバッグで一世を風靡したTUMI(トゥミ)。そのバッグはたゆみない進化を重ね、現在もビジネスシーンに君臨。その機能性にも注目だ。アリーヴェ「ソーヤー」ブリーフトゥミの機能性やクオリティ、パフォーマンスを継承するプレミアム・コレクション「ARRIV&Ea ...

  • 野村グループ若手社員に聞く 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」 Vol.1 フィンテック

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融の最新トレンドを野村グループの現役社員に聞く、シリーズ 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」。初回で取り上げるのは、いまさら聞けないバズワード「フィンテック」。野村ホールディングス金融イノベーション推進支援室・課長代理の池田寛人さんに「フィンテックの現在地とこれから」を伺いました。── ...

  • インテルがAI活用で600億円以上の価値を創出

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インテル内でのAI活用から見えたモノ定型業務の自動化やビッグデータの分析、将棋や囲碁の対局、自動応答サービス、自動運転など、AIを生かした最新の取り組みが近年盛んに報じられている。まだ実現は先になりそうなものも多いが、その一方で実用の段階に入ったものも増えてきた。 インテルは早くからAIの可能性に注 ...

  • 賢い投資家は実践!「第4次産業革命」の波に乗る方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イノベーションの恩恵に、投資家として向き合う──。資産運用のプロフェッショナルである三菱UFJ国際投信の村田淳生執行役員に聞く、第4次産業革命がもたらした新たな投資機会とは。イノベーションがもたらした価値18世紀の第1次産業革命以降、イノベーションによって産業は飛躍的に発展してきた。蒸気機 ...

  • SKY TREKのチャーター機でアイランドホッピング&ゴルフトリップ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ANAでホノルル到着後はそのままゴルフトリップへ。SKY TREKのチャーター機サービスで、ハワイ諸島をシームレスに移動が可能に。自由気ままな旅が実現!日本初の会員制小型チャーター機を活用した総合旅行サービス『SKY TREK』。ハワイでの小型チャーター機サービスを展開するロイヤルパシフィックエアと ...

  • 「街と人に共感される」Audi R8 Spyderの魅力を探る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミュージックセキュリティーズ代表取締役の小松真実さん。小口投資のプラットフォーム「セキュリテ」が日本国内のみならず世界からも注目を集めている。ファンドの総数は707本、事業者461者、ファンドの募集総額は73億円。事業者と個人投資家の新しい関係を生み出した若きビジネスリーダーだ。 そんな小松さんはプ ...

  • 人はもうマーケティングされたくない?「マスマーケティング」の次に来るもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2010年の1.2兆GBから、20年には40兆GBへ──IDC発表の「THE DIGITAL UNIVERSE in 2020」によれば、全世界で新たに生まれるデータ量はここ10年で激増。世界は今、未曾有の「情報過剰時代」に突入しようとしている。 そんな時代において、マーケターは、ビジネスの前提が大 ...

  • 病院を「永続的な」ビジネスに変容させる意義とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各地域に必要不可欠な医療機関だが、その経営破綻は決して珍しいことではない。キャピタルメディカはその傷みがちな医療機関の経営・運営を受託し、コンサルティング業界で培ったノウハウで永続的に地域に貢献できる医療機関へと再構築するプロ・マネジメント集団だ。優秀なドクターが多数在籍して高度な治療を行なっていた ...

  • ビジネスとITをオーガナイズするPwC Japanの千里眼

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    もはや“士業”をはじめとする専門家の縦割りが通用する時代ではない。その現実に気づき、果敢に組織の壁を越え横断的にビジネスを成功させるのが、鷹の目を持つPwC Japanグループの小山徹だ。鋭い眼差しで知性的な印象の小山徹。プロフェッショナル・ファームて ...

  • フランチャコルタについて知っておくべき3つのキーワード

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イタリア北部で造られる高級スパークリングワインである「フランチャコルタ」。近年の進境著しいこのワインについて、知っておくべき3つのキーワードから解説。 イタリア北部のフランチャコルタ地域は、16世紀より高級ワインの生産がさかんに行われていた地。そこで生み出されるワインはいまや確立されたブランドとなり ...

  • 売上1.5倍&人件費40%減!「老舗旅館のクラウド改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    社内の業務をIT化した結果、売り上げを1.5倍まで伸ばし、人件費を約40%圧縮することに成功した老舗旅館・元湯陣屋。クラウドを活用した「数字を上げる」働き方改革の事例を紹介しよう。神奈川県の元湯陣屋は、大正7年から続く老舗旅館だ。かつては10億円の負債を抱え、経営破綻の危機に陥った過去を持つ。しかし ...

  • ロボ・アド投資を体験! 質問に答えて夢をカタチに

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    お客さま一人ひとりの将来設計に沿った最適な資産運用をお客さまとともにつくり上げていく、ロボ・アドバイザーを活用した新しいかたちの資産運用サービス「ダイワファンドラップ オンライン」。Forbes JAPAN WEB編集長の谷本有香が実際に体験したうえで、大和証券ラップコンサルティング部の扇壮史に話を ...

  • 最高のパフォーマンスを発揮し続けるために、クルマができること

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    SUBARU のWRX S4に新しく搭載された“アイサイト・ツーリングアシスト” 元プロ野球選手の小宮山悟を魅了するスポーツセダンの「安心と愉しさ」とは。「この“感覚”、ホント気持ちいいな」 元プロ野球選手の小宮山悟がそうつぶやいたのは、千葉県内のスポ ...

  • 「最高級の料理」×「究極の眠り」が生み出すもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    『滞在するレストラン』をコンセプトに、本格的にホテル業界に参入したひらまつ。ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ熱海は、全客室から相模湾を望める景観が魅力。当ホテルでは最高級の食とともにこだわったのが、究極の眠りの提供だという。その真意を同社代表取締役社長の陣内孝也が語ってく ...

  • 読んで良し、飲んでなお良し、贈っても良し!秋の美酒2選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」──若山牧水。すでに暦の上では初秋のいま、酒がよりおいしく感じられる季節となった。この秋おすすめの美酒を5つのキーワードで読解、ご紹介する。古来、酒は修道院や貴族など限定された富裕な人々によってつくられ、またそのつくり方は ...

  • 急成長スタートアップCEOに聞く!データ経営が「社会的責任」である理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「なぜ、企業経営における『データ活用』が重要なのか。それは、『労働生産性向上』という国家レベルの課題解決に繋がるからです」そう指摘するのは、フロムスクラッチ代表取締社長の安部泰洋だ。2010年4月に創業された同社は、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展 ...

  • 全世界「160兆円市場」を狙え!「EC Camp2017秋」で学ぶ、越境ECの勝ち筋

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    インターネットの普及とともに、拡大を続けているEC市場。野村総合研究所の予測によれば、国内におけるB2CのEC市場は2022年度までに26兆円規模に成長する見込みだ。最近では、ネットショップ作成サービスの登場など、ECサイトが手軽に構築できるようになったことで、中小企業・小規模事業者がEC事業に取り ...