Official Columnist

石井 リナ

ミレニアルズとユースカルチャー

新卒でオプトへ入社し、Web広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティング支援に従事。初のInstagramマーケティング書籍となる「できる100の新法則Instagramマーケティング」を共同執筆するなど、デジタルプロモーションを中心にライターや、セミナー講師としても活動を広げている。その後、リアルイベントにおけるSNSプロモーションを行うSnSnap(エスエヌスナップ)にて、自身が編集長を務めるオウンドメディア「COMPASS(コンパス)」を立ち上げ、運営を行った。現在は起業し、女性向けエンパワーメント動画メディア「BLAST」の立ち上げ、運営を行う。学生時代より雑誌「ELLE girl」のラボプロジェクトにてリアルイベントの企画や運営に携わるなど、若年層マーケティングを得意とする。執筆書籍:『できる100の新法則Instagramマーケティング』インプレス社 コラム:アドタイ『#石井リナのゆとりですがなにか』朝日新聞デジタル &M『石井リナのミレニアルズトーク』

  • IGTVを考察する 5つの特徴と注目すべきプレイヤーたち

    2018年6月にインスタグラムが発表した、新アプリ「IGTV」。筆者は、インスタグラムマーケティングの本を共同執筆しており、3年間インスタグラムのマーケティングを追ってきた。ユーザーとしては、SNS化する前からの使用しており、数えれば7年間も使用していることになる。インスタグラムの歴史をたどっても、 ...

  • 日本でも#MeToo から男女平等を目指せるか

    連日報道されていた、セクハラ問題や#MeTooの声。しかし、不倫ネタのようにゴシップとして消費されているだけなのでは、という声や、ムーブメントにならず一過性のものだろう、という声さえ聞こえてくる。2017年に発表されたジェンダー・ギャップ指数において、日本は先進国で最下位(144カ国中、114位)を ...

  • マイホームよりアボカドトースト 刹那的に生きるミレニアルズ

    ミレニアルズとは、これまでにない情報へのアクセスを持つ、キャリア重視の世代である。加えて、アイデンティティと自己表現が交差していて、複雑化している。さらに、政治、環境、技術などさまざまな分野で変化が起きること、起こすことを熱望している人々だと言われている。ミレニアルズを宇宙人のように語ることは簡単だ ...

  • グローバルにおけるフェミニズムメディアの台頭

    米TIME誌のパーソンズ・オブ・ザ・イヤーにて、2016年にはSNSの流行とそれに伴う個人の台頭を象徴する「YOU」が選ばれ、2017年には、#Metoo運動に代表されるように、性的加害行動の糾弾をめざして被害経験を告白する動きとその勇気を称えるとして「沈黙を破った人たち」が選ばれました。このように ...

  • 「インスタ映え」は悪なのか? 韓国にみるミュージアム型ショップとは

    先日韓国に行ったとき、若者に注目されている流行りのショップを紹介してもらった。すると、その全てにユニークな共通点があった。ショップの中に、いわゆるアートスペース、フォトスポットを保有するお店ばかりだったということ。しかも、それは日本で考えられるような平面的なものではなかったのだ。立体的かつフォトジェ ...

  • なぜ若年層に「ミレニアルピンク」が愛されているのか

    2017年の流行を振り返ったとき、間違いなく「ミレニアルピンク」はキーワードになるだろう。それほど、ミレニアルズはその色に夢中になった。私はいま事業を運営する傍ら、SNSコンサルタントとしても活動している。その一貫として、普段から国内外のSNSをウォッチし、今時のミレニアルズの動向を探り、考察してい ...