CONTRIBUTOR

宮田 文久

フリーランス編集者

1985年生まれのフリー編集。慶大文学部社会学専攻卒業後、株式会社文藝春秋に入社。『週刊文春』文化欄(「淑女の雑誌から」「新・家の履歴書」などの連載・書評・インタビュー)で3年、『Number』『Number Do』で4年半の編集生活をおくりつつ、日大大学院総合社会情報研究科修了(博士論文は『現代日本文化における災厄の表象―「越境」と「戦争の記憶」の理論的交点―』)。『Number PLUS プロレス2016』デスクを務めたのち、2016年夏に独立。雑誌連載時より企画編集を務めたアンソロジー小説集『走る?』(文春文庫、編集協力)が2017年8月に刊行された。

  • 80年目のスタートアップ アマゾンが教えを請う元工具問屋

    フォーブス ジャパンは2018年4月号で、創業10年以上で売上高100億円未満の価値ある企業を表彰するアワード「スモール・ジャイアンツ」を創設した。アドバイザリーボード12組の協力のもと、全国から250社を選出。「カッティングエッジ」「ローカル・ヒーロー」「グローバル」「セカンド・ローンチ」「ベスト ...

  • なぜショッピングモール運営者は、「地域密着型財団」をつくったのか

    いま、「ファミリー財団」が密かな注目を集めている。元はアメリカで生まれた潮流だが、2008年来、日本でも財団法人が300万円で設立できるようになったことを受け、「家族」で社会貢献をする人々が出現しはじめている。今回紹介する大阪府門真市の公益財団法人熊西地域振興財団も、そうした新たな「ファミリー財団」 ...

  • 四肢麻痺でもエーゲ海へ 「介護付き旅行」が生み出す幸福な人生

    高齢者や障がい者をサポートするという倫理的な営みと、「福祉をビジネスとして成功させる」という野望は、決して矛盾しない。いや、むしろ、そのふたつの思いが交差するところにこそ、日本社会における福祉の未来はある──。要介護者など高齢者の付添い介護付き旅行事業を展開するNPO法人しゃらく代表理事・小倉譲さん ...