Forbes Staff

Aaron Tilley

ハードウェア及び半導体メーカーについて執筆

サンフランシスコ在住のフォーブススタッフライター。インターネットがつなぐハードウェア及び半導体メーカー等の発展する世界について担当。記事のヒントやコメントはメールアドレスatilley@forbes.comまで。ツイッターのフォローは@aatilleyまで。

  • 中国バイドゥ グーグルに対抗し人工知能技術をオープンソース化

    ディープラーニングは人工知能分野で急速に発展しているカテゴリだ。アルゴリズム解析は自然言語処理やコンピュータビジョン、機械翻訳の分野に多大なメリットをもたらしつつある。しかし、このフィールドは技術に精通した一部のエンジニアのみがアクセス可能なものと思われてきた。9月1日、中国の検索エンジン大手バイド ...

  • 音楽の聴き方を変えるアマゾンEcho、コネクテッドスピーカー「SONOS」と連携 

    コネクテッドスピーカーのソノス(SONOS)にとって、アマゾンのスマートスピーカー、エコー(Echo)はこれまで最大のライバルだった。しかし、8月30日にニューヨークで行われたイベントで、ソノスはアマゾンと提携し、アマゾンの音声認識サービス「Alexa」を使ってソノスのスピーカーをコントロールできよ ...

  • IoTで苦戦のグーグル「Nest」 主要メンバー数十人が配置転換

    サーモスタットメーカーのネスト(Nest)の社員がグーグルに移籍することが関係者の話で明らかになった。移籍するのはネストのデバイスにサードパーティーのサービスやデバイスを接続可能にするための「Works with Nest」のチームと、無線通信プロトコル「Weave」のチームだ。グーグルとネストはと ...

  • ブラック企業化するアップル 月給2万円で中国労働者を搾取、との報道

    ティム・クックがアップルのCEOに就いて5年、彼はサプライヤーの労働環境の改善を、大きな目標の一つとしてきた。しかし、非営利団体のチャイナ・レイバー・ウオッチ(中国労工観察)は、アップルの最大のサプライヤーの一社であるペガトロン(和碩聯合科技)の労働環境がさらに悪化していると指摘した。チャイナ・レイ ...

  • IoT分野の救世主と期待、IFTTTがスマートホーム連携を強化

    この数年間、IoTプラットフォームの普及を巡ってアルファベット傘下のネストやアップル、サムスン、アマゾンなどが競争を繰り広げてきた。そんな中、スマートホーム製品を連携させる上で、密かな期待を集めているのがサンフランシスコ拠点のスタートアップ「IFTTT」だ。IFTTTとは、「If This Then ...

  • iPhone 7と同時公開の「完全ワイヤレス」イヤホン アップルが独自開発

    アップルが数年前からワイヤレスイヤホン向けのBluetooth無線チップを開発していたことが、関係者の話で明らかになった。イヤホンジャックのない初めてのiPhone(名称はiPhone 7になるとみられる)と共に9月に発売される可能性が高いが、詳細は明らかにされていない。この無線チップは省電力であり ...

  • グーグル傘下のネスト、IoTの「規格統一」でインテルやクアルコムらと合意 

    あらゆるモノをインターネットに接続させるIoT分野では、統一された規格が無いことがイノベーションの妨げになっていた。しかし、IoTの規格を定める主要2団体が7月27日、手を組むことを発表した。グーグル傘下のネストが設立したスレッド・グループ(Thread Group)と、2月にインテルとクアルコムの ...

  • グーグルが出資の次世代カメラ「Light」 スマホの写真を激変させる超技術

    GV(旧グーグル・ベンチャーズ)は革新的カメラメーカーLight社への出資に向け、3,000万ドル(約30億円)のシリーズC資金調達ラウンドを実施する。Light社は「コンピュテーショナル・フォトグラフィー(CP)」と呼ばれる次世代技術をカメラに採用した企業。従来のカメラは露光時間が1つしか選択でき ...

  • 半導体ブロードコム、IoT事業を560億円で売却 サイプレスが引き受け

    IoT分野でまたもや大型買収が発表された。半導体大手ブロードコム(Broadcom)は、同社のIoT事業をサイプレスセミコンダクタ(Cypress Semiconductor)に売却する。今回の買収は4月にアナウンスされ、7月5日に正式合意に至った。買収金額は5億5,000万ドル(約556億円)とさ ...

  • iPhoneのヘッドフォン端子廃止で、メーカー向け「対応キット」が発売 

    アップルは次期iPhoneで従来の3.5ミリのヘッドフォンジャックを廃止し、ライトニング端子のみにするとの観測が高まっている。これが実現すれば、ヘッドフォンメーカーらはアップルのMFi(Made For iPhoneiPadiPod)認証に適合した製品をつくることを求められる。6月29日、アップル向 ...

  • サムスン、1300億円を米IoT部門に投資 半導体事業を強化

    サムスンがIoT部門への注力を鮮明にしている。6月21日、サムスンは米国のIoT市場に12億ドル(約1257億円)の投資を行なうとアナウンスした。Samsung Electronics社長で戦略主任を務めるYoung Sohnは「この分野で我々がやるべきことは山ほどある」と述べた。モノのインターネッ ...

  • 世界初「プロジェクトタンゴ」搭載スマホ レノボが9月に発売

    グーグルのプロジェクトタンゴ(Project Tango)テクノロジーを採用した世界初のスマートフォンを今年9月、レノボが発売する。「Phab2 Pro」と呼ばれる製品で価格は499ドル。6.4インチの端末に複数のカメラやセンサーを装備し、周辺空間を3Dでマッピングする。グーグルとレノボによると、こ ...

  • 苦戦の米ドローンメーカー3D Robotics 企業向け市場にシフト

    2009年の創業以来、大手VCによる多額の調達資金に後押しされ、注目のドローン市場で急成長を遂げたドローンメーカー大手の米3D Robotics(3DR)は、今年3月、事業再編の目的で人員削減計画を発表した。そしてこの程、米証券取引委員会(SEC)に新たに提出された書類から、同社が更に総額4,500 ...

  • 自動運転の未来を担う地図企業Mapbox スマホのGPSで大手HEREに対抗

    自動運転車には多数のカメラやセンサーが搭載されているが、最新の情報にアップデートされた正確な地図がなければ道路を走行することはできない。地図サービスを提供するスタートアップ企業「Mapbox」は、自動運転時代の到来に大きなビジネスチャンスを見出している。同社は、自動車メーカーと提携して車載インフォテ ...

  • アップル Siri連動の「スマートスピーカー」でアマゾンを追撃

    アップルは音声アシスタントSiriを活用したスマートスピーカーを開発し、アマゾンに対抗しようとしている。競合製品のアマゾン・エコーは価格180ドルのWiFi接続スピーカーで、アマゾンの音声アシスタントAlexaを搭載している。ニュースサイトのInformationの報道によると、アップルはSiriを ...

  • 村田製作所も採用するIoTプラットフォーム「Afero」、22億円を調達

    カリフォルニア州ロスアルトスに本拠を置く「Afero」の目標は、誰でも簡単にIoT開発を行えるようにすることだ。同社は、IoTデバイスを開発するためのあらゆるソリューションを提供している。例えば、同社が開発した小型Bluetoothモジュールはペアリングが不要で、独自ファームウェアによって強固なセキ ...

  • ハイパーループがドイツ鉄道、仏国鉄と提携 世界展開を視野に

    ハイパーループの実現に取り組むハイパーループ・ワン社(旧名称:ハイパーループ・テクノロジーズ)は、ハイパーループの初のデモ走行を5月11日(現地時間)に実施した。デモ走行に先がけLAに本拠を置く同社は5月10日、8000万ドル(約87億円)のシリーズBラウンド資金調達を発表した。出資元には新たに13 ...

  • グーグルが「眼に注射する」極小デバイスを開発中 特許資料で判明

    グーグルはにわかには信じられないようなテクノロジーの開発を行うことで知られている。その最新事例と呼べる技術の特許資料が明らかになった。「眼球に注射で打ち込むデバイス」だ。視力の向上に用いられるこのデバイスの特許は今年4月28日の日付。デバイスは眼球内に注射で打ち込まれ、目の水晶体や周辺の膜組織と一体 ...

  • 600ドル以下で発売の「自撮りドローン」 人工知能搭載も視野に

    「ホバー・カメラ(Hover Camera)」は、外付けHDDのような形状と折り畳み式ボディが特徴の自撮りドローンだ。開発者のMengQiuWang、通称 “MQ”が自らその使い方を実演してくれた。折り畳まれたプロペラ部分を広げ、上部のボタンを押して空中に投げ出すと、機体はす ...

  • IoTセンサーの「Helium」社が22億円調達 工場や病院での利用を拡大

    サンフランシスコに本拠を置くIoTセンサーのスタートアップHeliumは、 GV(旧グーグル・ベンチャーズ)が主導したシリーズBラウンドで2,000万ドル(約22億円)を調達した。これで同社が調達した資金総額は約4,000万ドル(約44億円)に達する。出資を機にGVのパートナーであるアンディ・ウィー ...