.

INVALANCE blueprint

超AI時代の暮らし方について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を連載。

「“ものづくり”と“価値づくり”を通じて、不動産の新たな可能性を創造する。」という企業理念のもと、東京23区を中心にこれまで計99棟※の自社開発マンションを投資用不動産として提供している不動産デベロッパーです。2016年12月より、自社開発のIoT「alyssa.(アリッサ)」を搭載したスマートホームを提供しています。2017年10月には、新たな戦略としてIoT・AI事業に参入することを発表し、その第一弾として、スマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」の開発、提供をおこなう米国のベンチャー企業Brain of Things社に投資をおこない、自社ブランドマンションである「LUXUDEAR高輪」の一部をIoT・AI搭載マンションとして、PoC(Proof of Concept)を実施しています。※2017年12月22日現在

  • 人は、「無限遠」を求めている【落合陽一×三淵啓自】

    超AI時代を迎えつつある現代において、人々の暮らしはどうアップデートされていくのか。そしてその住空間との関わりは、いまとどのように変化していくのだろう。オーガナイザーを務める"現代の魔法使い"落合陽一が第3回のセッションで対話するのは、インターネット上の仮想空間及びVR研究の第一人者・三淵啓自。お互 ...

  • デジタルデータと実空間が整合した未来【落合陽一×豊田啓介】

    超AI時代を迎えつつある現代において、暮らしはどうアップデートされていくのか。そしてその暮らしを包み込む建築物との関わりは、どう変化していくのか──。 オーガナイザーを務める"現代の魔法使い"落合陽一が第2回のセッションに迎えたのは、コンピューテイショナルデザイン時代を代表する建築家・noiz 豊田 ...

  • 超AI時代、私たちの暮らしはポジティブに変化する【落合陽一×小暮学】

    テクノロジーが類を見ないスピードで進化し続ける現代。時代の半歩先を生きる人は、いったい何を見て、何を考え、感じているのか、彼らの頭の中を知りたい──。2045年には、人工知能(AI)が人間の知性や能力を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れると言われる。「AIが人間の仕事を奪う」など、人々 ...

  • AI×住まいを落合陽一氏と議論|blueprint

    株式会社インヴァランスは、メディアアーティストの落合陽一氏と「超AI時代の暮らし方」について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げた。その内容は特設サイト、そしてForbes JAPAN BRAND Voice Channelにて随時展開される。インヴァランスは東京 ...