CONTRIBUTOR

Gary Stoller

.

I am a multi-award-winning journalist who was USA TODAY's investigative travel editor for 17 years and a founding journalist of Conde Nast Traveler magazine. I publish/edit ShortEscapes.net, an online travel guide based on the Short Escapes book series I developed for Random House's Fodor's imprint. I also published another book series, Best Beaches, for Simon & Schuster’s Frommer’s division. Considered a pioneer of the concept of investigative travel reporting, my career has been devoted to helping travelers hurdle wisely over the travel industry’s many obstacles, ensuring they have an enjoyable, economical, safe and secure experience. My articles won a National Press Club award for "consumer magazine excellence” and many Lowell Thomas Travel Journalism and Aviation/Space Writers Association awards. The articles have been quoted in numerous newspapers and on CNN, ABC's Good Morning America, NBC's Today Show, Oprah and other TV and radio shows.

  • 止まらないクラフトビール人気、米国で醸造所が急増

    アメリカがビールに熱狂している。米財務省の調べによると、米国内には9000以上の醸造所があり、半分以上の州には100以上の醸造所がある。また3月31日に発表された統計によれば、ここ数年でクラフトビールの人気が高まり、その現象が各地に広がっているという。「2013年以降、34の州で醸造所の数が倍増し、 ...

  • チップを嫌う米ミレニアル世代、3割が値上げに肯定的

    米国のレストランで最もチップを払いたがらないのは、ミレニアル世代(18~37歳)だという。「いつもチップを払わない」人はこの世代の10%である一方、より年上の世代では3%であることが分かった。個人向けの金融情報サイト、バンクレート・ドット・コムのクレジットカード部門であるクレジットカーズ・ドットコム ...

  • 働く米国人の約半数は「夏休み取らず」 有給取得率も低水準

    米国は戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)を境に、夏の旅行シーズンに入った。だが、先ごろ発表された調査結果によると、同国の半数近くの人が今年は夏休みを取る予定がないという。また、およそ4人に1人は金銭的な余裕がなく、休暇を取ることができないと答えている。市場調査会社GfKが個人向けの金融情報サイト、 ...

  • 喫煙可能な「時代遅れ」の世界の空港、日本もリスト入り

    連邦政府が行った調査で、交通量の多い世界の空港の46%が、屋内での喫煙を完全に禁止していることが初めてわかった。健康のことを考えれば、米国の3つの空港を含む残り54%の空港が「喫煙を許可している」ことが判明したことは意義のあることだろう。多くの研究で受動喫煙の害が示されているいま、屋内での喫煙はいま ...