Official Columnist

平林 聡一朗

変わりゆく農業の現在地と未来

株式会社ベジオベジコ 代表取締役。1991年生まれ、宮崎県出身、法政大学法学部政治学科卒業。2011年に起きた東日本大震災の復興支援で定期的に東北へ通ううちに、故郷・宮崎を活性化させたいという思いが膨らむ。株式会社アラタナのインターンシップ中に、当時子会社だった「あらたな村」の経営を任され、 2013年3月に代表取締役CEOに就任。同年5月にスムージー用青果宅配専門店「VEGEO VEGECO」ブランドを立ち上げる。1年足らずで売上を10倍以上に成長させ、黒字化を達成。2017年1月には生鮮食品の宅配サービス「VEGERY」を正式にローンチ、東京・根津にフラッグショップ「ベジオベジコ根津」をオープンさせた。

  • 農業革命のために変えるべき「7割のコスト」とは

    地方・宮崎で事業をやっていく中で実感した、農業が衰退していく一番の大きな原因は「食材の原価構造」による農家の収益の低さだ。特に、九州の野菜を東京で購入する際の食材コストの7割は流通コストである。野菜そのものの原価が3割で残りの7割が流通コストになっている。これは産地と消費者との距離が離れていればいる ...

  • 農家の未来は「新・3K」にあり! 二極化する地方農家の現状

    農業における3Kとは「キツい・汚い・危険」とされ、いまだに多くの社会人の就職選択肢には入ってこない。農林水産省の調べによると平成28年の全国の農家平均年齢は約67歳で、毎年上昇傾向にある。先日お会いした呉市浦刈島の農家さんが住む地域では、農家平均年齢は90歳を超えると言う。私は2013年、野菜のデリ ...