Contributor

Michael Goldstein

I've won several journalism awards, and my writing on travel has appeared in The Los Angeles Times,

I've won several journalism awards, and my writing on travel has appeared in The Los Angeles Times, American Way, Southwest Airlines Spirit, Successful Meetings and United Hemispheres. At home in the middle seat, I've got a fistful of travel reward credit cards, have spent more than six months of my life in Las Vegas hotels and I've traveled extensively across the world. Yet one of my favorite travel destinations is Independence, KS, a great American small town, where my work as a playwright was performed at the William Inge Festival.

  • 英ロンドンの空港、ターミナルでの仮眠を禁止

    航空便の遅れやキャンセルにより空港で立ち往生してしまい、機内持ち込み荷物を枕にしてターミナルで寝た経験がある人はどれくらいいるだろう? こうしたよくある不運に見舞われた旅行者に同情することなく、施設内での睡眠を禁止した空港が、ロンドンにあることを発表した。同空港では、監視員が睡眠中の旅行客を起こして ...

  • 「問題児」企業のウーバー 新CEOの下でついに大人に?

    来年に創業10周年を迎えるウーバーは、ついに大人になりつつあるのだろうか?ウーバー・テクノロジーズは今まで長きにわたり、ライドシェア業界の問題児だった。同社は2009年に創業し、サンフランシスコ拠点のスタートアップから、破壊を起こすグローバル大企業へと成長。株式上場はしていないものの、2017年の売 ...

  • シンガポール航空、世界最長便を再開 エアバス新型機でリベンジへ

    飛行機の中で丸1日を過ごし、リフレッシュした状態で目的地に到着してすぐ仕事を開始できる空の旅はいかが? これこそが、シンガポール航空がエアバスの超長距離型新機材A350-900ULRでシンガポールとニューヨークをつなぐ便で目指すサービスだ。そう、世界最長のフライトが復活するのだ。質の高いサービスと設 ...

  • 自律飛行機はまだ早い? 米調査で9割が「未来の旅」に懐疑的

    「旅の未来」への準備はできているだろうか? 2800万人の会員を擁する旅行サイト「Travelzoo」が6000人の旅行者を対象に行った調査で、90%はノーと答えた。自律走行車やパイロットなしの飛行機といった“自動の旅”に関しては、特に懐疑的だった。Travelzooのスポー ...

  • 米国で出張中のライドシェア利用が拡大、主要な「足」に

    出張旅行者が支払う交通機関の利用料(航空賃・船賃を除く交通費)のうち、米配車サービス大手のウーバーとリフトに支払われる金額の占める割合が、ますます増加している。力を増す企業があるその他の全ての市場と同様、両社は競合相手に大きな打撃を与えている。ウーバーとリフトの利用拡大から特に大きな痛手を受けている ...

  • 観光客排斥の動き強まるスペイン、外国人旅行者数で世界2位に

    欧州各地では2017年、「観光客は帰れ!」の声が高まりを見せ、テロ事件や異常気象などの発生も懸念された。だが、そうした中でも外国人の観光旅行者数は、前年比で7%増加した。国連世界観光機関(UNWTO)によると、昨年中に最も多くの外国人観光客が訪れたのは、前年に続きフランスだった。2016年には約82 ...

  • トリップアドバイザーが「警告文」表示開始、ホテル業界が警戒感

    口コミを読んで予約ができる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」のユーザーは、約3億人に上る。2017年度の売上高が15億ドル(約1680億円)に達すると予想されている同社の旅行・ホスピタリティ業界への影響力は、いまや非常に大きなものとなっている。そのトリップアドバイ ...