Official Columnist

別府 多久哉

エストニアのデジタル政府とスタートアップ最前線

リクルートホールディングスに入社後、海外プロジェクトを中心に担当。ベトナムでのオフショア開発を推進した後、R&Dチームに異動。エストニアのコネクテッドカー関連のスタートアップにエンジニアとしてジョインし、自動車用ソフトウェアの開発速度向上を目的としたオープンソース開発プロジェクトを担当した。現在はリクルートテクノロジーズにて新規事業のプロダクトエンジニアリングを担当。個人活動として、地元であり国産ジーンズ発祥の地でもある岡山発のジーンズブランド「EVERY DENIM」の立ち上げに参画し、クラウドファンディングを利用して資金を調達。テレビ東京「ガイアの夜明け」にて取り上げられた。

  • 電子居住者を増やし「世界最大の国家」に、エストニアが描く未来

    行政サービスの99%がオンラインで完結するため、「世界最先端の電子国家」と呼ばれるエストニア。2014年に「e-Residency」というプログラムを開始した。これは、同国の電子公共サービスを、世界に向けて開放するもので、世界中の誰もが、国外からであっても、エストニア国民と同様のさまざまな行政サービ ...

  • エストニアの「電子政府」を可能にした3つの成功要因

    世界最先端の「電子国家」エストニア。行政サービスの99%がオンラインで完結するため、こう呼ばれているが、北欧の人口134万人程の小さな国が、なぜこのような先進的なシステムを構築することが出来たのだろうか。今回は、その飛躍的な成長を遂げた要因についてレポートしたい。エストニアの「電子政府」の成功要因は ...

  • GDP2%分の行政コスト削減、エストニア電子政府 発展の軌跡

    エストニアでは「行政サービスの99%がオンラインで完結している」というのは前回紹介した通りだ。行政サービスがオンライン化されることで、行政や国民にとってどのような恩恵があるのだろうか。同国の行政サービスでは「結婚と離婚、不動産売却の手続以外では役所に行かなくてもよい」のである。それ以外の手続きは全て ...

  • 世界初、「国境のない国」エストニアのデジタル戦略

    「エストニア」という名前を聞いて、何を思い浮かべるだろうか。近年注目を浴びているのは、今や世界最先端のICT国家として注目される非常にイノベーティブな「電子国家」としての側面だ。さらには国民1人あたりのスタートアップ数は欧州最多にもなっており、Skypeが生まれた国としても有名だ。これから数回にわた ...