Official Columnist

斉藤 梨沙

企業がデジタルマーケティングを成功させる秘訣

兵庫県出身。複数の外資系テクノロジーベンダーで、先進テクノロジーを日本市場で拡大展開するためのマーケティング活動に携わる。2016年12月より、日本市場におけるマーケティング責任者として、ビジネス最適化プラットフォームDomoの認知・市場シェア拡大を目的とした、ブランディング、デマンドジェネレーションを推進。自らもDomoを活用したデータドリブン・マーケティングを実践している。https://www.domo.com/jp

  • データを共有できない人間の心理と透明化のメリット

    データを戦略的な資産とみなし、その利活用を推進する企業は年々増加している。しかし、組織横断的に統一されたデータを、あらゆる社員が常に共有し、利活用できる状態、つまりデータの透明化を実現できている企業はまだ少ないようだ。ではなぜ、透明化は進まないのか。その理由はほかでもない、「人」であることをご存知だ ...

  • これからの「デジタル人材」に求められること

    日本でも過熱する一方のデジタル人材争奪戦だが、テクノロジーの進化とともにその“デジタル人材”の定義が変わりつつあることをご存じだろうか。キャップジェミニとリンクトインが行った共同調査によると、調査対象企業の半数以上では「デジタル人材ギャップ」が広がりつつあるという。では、いま ...

  • データを使って組織を動かす「コミュニケーション力」の高め方

    IT専門調査会社、IDCによれば、2016年から2025年までの10年間に世界のデータ量は10倍に膨れ上がるという。マーケターは、今や当然のようにデータの活用能力を期待されるようになった。しかし、データ分析スキルを高めるだけでは不十分。あわせて、コミュニケーションスキルも高める必要があることにお気づ ...

  • 経営者とマーケターがわかり合えない理由

    「2017年までに、情報システム部署よりマーケティング部署のIT予算が上回る」。今年は、米国の調査会社ガートナーが2012年に行ったこの衝撃予測のリミットの年だった。この予測が正しいか否かはさておき、この数年、企業のデジタル投資はグローバルレベルで急拡大し、それと同時にマーケティングへの期待も高まっ ...

  • マーケターが陥りがちなデジタルツール活用の「罠」

    「うちのマーケティング部門は『忙しい』が口ぐせ。対応にも時間がかかる。デジタルマーケティングとは結果がリアルタイムで把握でき、プロセスの自動化も簡単にできるはずなのに、なぜできない?もしや、うちの担当者は・・・」 そういった状況に、マネジメント層はイライラを募らせてはいないだろうか。あなたが現代のマ ...

  • マーケターの生産性を高めるマネジメント術、5つのポイント

    IBMの調査レポートによれば、世界のデータの約90%はなんと、過去2年で作られたそうだ。また、ヒラリー・クリントンの元参謀で未来学者のアレック・ロス氏は、デジタルデータは毎年50%ずつ増えていると指摘する。しかし、経営者やマーケターがどれほど努力しようが、データの量に追いつくように毎年50%ずつ賢く ...