Contributor

Igor Bosilkovski

I write about wealthy people who shape the world in a variety of ways

I write for the Forbes wealth team. Originally from Skopje, Macedonia I earned a dual BA in film and journalism from Chapman University in California and a Master of Science in Journalism from Columbia University in New York. During my time on the West Coast I interned for Leonardo DiCaprio's Appian Way Productions, the Creative Artists Agency (CAA), and worked as a foreign correspondent for a Macedonian national daily newspaper, sometimes interviewing prominent American businessmen of Macedonian origin. Feel free to send me your tips at IBosilkovski@forbes.com Twitter: @igorbosilkovski

  • NYのホテル専用「ゴーストキッチン」が16億円調達で成長加速

    東欧のモンテネグロから米国に移民した父のもとで育ったPremtim Gjonbalicは今から20数年前、ニューヨークのホテルのレストランの仕事を手伝っていた。彼はその当時から、小規模なホテルのルームサービスがいかに非効率なビジネスであるかに気づいていたという。「部屋数が150室ほどのホテルのレスト ...

  • 24歳が設立、「世界初のロボット弁護士」企業が13億円調達

    2015年の夏、スタンフォード大学への入学を控えたジョシュア・ブラーダー(Josh Browder)は、人々が駐車違反の罰金支払いを逃れるためのプログラムを書いていた。ロンドン生まれの彼は最近になってようやく運転免許を取得したが、既に複数の違反チケットを切られている。そのうちのいくつかの違反は、不当 ...

  • 緊急通報をスマート化する企業「RapidSOS」が累計110億円を調達

    2012年の夏、大学を出たばかりのマイケル・マーティンはニューヨークにやって来た。しかし、その数週間後に彼は路上で強盗に襲われてしまった。「それは大都会ニューヨークの手荒な歓迎の儀式なのかもしれない」と彼は笑うが、マーティンはその時、人生で初めて911に緊急通報を行った。「なんだか奇妙な話だと思った ...

  • MIT卒業生が創ったデリバリーを効率化する企業、Wise Systemsの実力

    2014年にマサチューセッツ工科大学(MIT)を卒業したばかりのChazz Simsは、同校の著名研究所のメディアラボで勤務していた。Simsは同じくMIT出身のLayla Shaikley やAli Kamilに加え、ハーバード大学出身のJemel Derbaliらと共に、輸送やデリバリー分野のリ ...

  • 中古アパレルの在庫処分のスタートアップOtrium、累計40億円調達

    2013年に大学を卒業したばかりのオランダ人起業家の2人組、Milan DanielsとMax Klijnstraらは、アムステルダムでファッションブランドを立ち上げた。事業は軌道に乗り、数千着のセーターを20ヶ国で販売し、年に4〜6回のコレクションを開催していた。しかし、その後2人が直面したのは、 ...

  • リモートワーカーの業務管理ツール「Pathlight」が7億円を調達

    2011年に連続起業家のAlex Kvammeは、レストラン向けの業務管理プラットフォームー「SeatMe」を立ち上げた。事業が順調に拡大し、従業員が急増する中で彼は、社員のマネージメントがいかに大変であるかを実感した。企業社会では今も多くのコミュニケーションに電話が用いられており、意思決定の遅延が ...

  • セラミック加工の調理器具で6億円調達の「アンダー30」起業家

    2017年の年末に、ジョーダン・ネイサンはフッ素(テフロン)加工のフライパンをストーブにかけたまま放置してしまい、気がつくと部屋に煙が充満していた。その後、吐き気を感じた彼は、その原因が加熱しすぎたフライパンから発生した煙によるものであることに気づいた。フッ素加工の料理器具は、肉などが焼きつくことを ...

  • アフリカの農業をマシンラーニングで変える農業テック企業

    スタンフォード大学の卒業生でエンジニアのEli Pollakは、2011年から2014年にかけて米国の「Climate Corporation」で農業テクノロジー(アグリテック)の開発を手がけていた。Climate Corporationは2013年にモンサントに10億ドル(約1087億円)で買収さ ...

  • 金融企業のAI導入を支援するNYのスタートアップ「Accern」の躍進

    かつてシティグループのファイナンス部門に務めていたKumesh Aroomooganは、毎日数時間を企業の財務レポートの分析に費やし、必要なデータをエクセルに貼りつけていた。「それは気の遠くなるような手作業の連続の日々だった。この作業を自動化するツールがあればいいのにと思っていた」と彼は当時を振り返 ...

  • 次世代の人事管理システム企業「Truework」、累計4500万ドルを調達

    企業の人事部門の社員らは、毎日様々な業務を行っているが、最も手間のかかるタスクの1つが、各社員がローンや賃貸物件を申し込んだ際にかかってくる電話への対応だ。銀行や不動産業者が、特定の社員の収入などの情報開示を求めた場合、人事担当者はそれに応じる必要がある。ハーバード大学で知り合ったライアン・サンドラ ...

  • 「作業員のためのアプリ」で40億円を調達した28歳起業家の夢

    2014年にカリフォルニア大学バークレー校を卒業したばかりのライアン・チャンは、浄水場で化学エンジニアとして勤務していた。当時の彼が直面した課題の一つが、様々な機器に発生する機械的なトラブルへの対処だった。メンテナンスに用いるソフトウェアも存在したが、それらを用いると仕事のペースが大幅に落ちてしまう ...

  • ティンダーとバンブルの「出会い系アプリ特許戦争」の行方

    出会い系アプリの「ティンダー」が競合の「バンブル(Bumble )」を訴えた。ティンダーの親会社の「Match Group」は3月16日、ライバルのバンブルを「機能と見た目がティンダーに酷似している」として提訴した。これを受けたバンブルは3月20日、ニューヨークタイムズに全面広告を出稿し、抗議文を掲 ...

  • ビル・ゲイツが公開した「2017年に感銘を受けた5冊の本」

    読書家として知られるビル・ゲイツは自身のブログ「ゲイツ・ノート・ブログ(GatesNotes blog)」で読んだ本を定期的に掲載している。ここでは12月4日、ゲイツが発表した「2017年のお気に入りの5冊」を紹介する。「The Best We Could Do」─Thi Bui著(未邦訳)1978 ...

  • 「世界1億人」突破のNetflix、創業者の資産額は2400億円以上に

    7月17日、ネットフリックス(Netflix)は今年第2四半期決算を発表。翌18日の株価は史上最高値の176.13ドルで始まり、午後には184.91ドルまで上昇、183.6ドルで当日の取り引きを終えた。現在56歳のネットフリックスCEOのリード・ヘイスティングスは、総発行株式の3%近い1200万株の ...