Forbes Staff

Antoine Gara

金融の善悪、不穏について執筆

フォーブス投資チームのスタッフライターとして、銀行、資産管理会社、企業合併について執筆。ウォールストリートに投げ込まれる次の特ダネに目を光らせて、投資家が逃した話や株式を掘り下げたい。ミドルベリー大学とコロンビア大学ジャーナリズム大学院を卒業し、TheStreet誌とBusinessweek誌に勤務。金融記者になる前は、リーマン・ブラザーズの運命的な2008年のアナリストクラスに参加。アイディアやヒントはメールアドレスAGara@forbes.comまで。ツイッターのフォローは@antoinegara、Facebookアカウントは AntoineGaraForbes、グーグルプラスは +AntoineGara

  • 給与27%削減で、モルガン・スタンレーが黒字転換

    米国第2位の専業投資銀行モルガン・スタンレーは、債権トレーディングとインベストメント・バンキング事業の不振を大幅な給与削減で補い、2015年第4四半期に9億800万ドル(約1,079億円)の利益を計上した。第4四半期の売上は前年同期比で横ばいの77億ドル(約9,146億円)、1株当たり利益(EPS) ...

  • イスラム教徒の移民拒否はIS支持 著名投資家ソロスがトランプ批判

    世界最大のヘッジファンドを率いてきた富豪のジョージ・ソロスには、政治と世界経済のいずれについても言いたいことが山ほどある。1992年にイングランド銀行を「破たん」させ、巨額の利益を得た人物として知られるソロスは事実上、すでに引退している。だが、将来の見通しに関するその発言は依然として、市場を動かす力 ...

  • EDMフェス運営のSFX社 破産を検討中

    エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のフェスティバルやイベントを企画、運営するSFXエンターテイメントが、破産を検討している。経営破綻を回避するため資金注入も相次いで行われたが、SFXの創業者兼CEOのロバート・シラーマンと出資者らの話し合いは不調に終わり、破産する可能性が高まった。ナス ...

  • フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル株にも陰りか

    投資家は、アマチュアかスタンレー・ドラッケンミラーのような億万長者かに関わらず、急成長しているテクノロジー巨大企業のフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの株を買って、株式市場の至る所で起こっている調整から逃れている。それは、賢明な行動だと言える。なぜなら、2015年のS&P ...

  • 非難轟々 米ファイザーのタックスインバージョン合併は成立するのか

    米製薬大手ファイザーが、アイルランドの同業アラガンとの総額1600億ドル規模となる合併を発表した。いわゆる「インバージョン」を伴う合併で、ニューヨーク本社のファイザーが本拠地を法人税率の低いダブリンへ移す計画だという。有権者、有識者、そして大統領候補らから非難の声が上がる中、米政府は成す術がないよう ...

  • バリアント株急落の責任は誰に? ビル・アックマン氏が反論

    著名投資家のビル・アックマンが率いるファンド、Pershing Squareは厳しい局面を迎えている。最大の投資先であるカナダの医薬品メーカー、バリアント・ファーマスーティカルに同社は40億ドル(約4,900億円)を注いだが、バリアントには不正会計疑惑が浮上。その不正の構図はかつてマルチ販売員組織を ...

  • 投資の神、ドラッケンミラーがアマゾン株推奨の理由

    著名投資家のスタンレー・ドラッケンミラー氏によると、米国は金融危機以来続いてきた強気の市場から、弱気の市場へと変わってきたという。 そうした考えから彼は、自らの事業に再投資する成長株を買い、投資を減らして株主へのリターンを増やすいわゆるバリュー株や景気循環株を空売りしていると語った。 11月3日、ニ ...

  • 2015年注目IPO銘柄 フェラーリ、スクエア、Fitbitらの動向

    中国の電子商取引最大手アリババは昨年秋、米国で新規株式公開(IPO)を実施。史上最大規模の資金、250億ドル(約2兆5000億円)を調達した。その後もテック業界を中心に数多くの企業が株式上場を果たしている。ここでは今年から来年にかけてIPOが見込まれる企業、もしくは既に上場した企業を紹介する。 フェ ...

  • シリコンバレーの5大「非上場」企業をとりまく謎

    シリコンバレーを代表する巨大企業がかくまう“至宝”について、投資家らに明かされていない事実は意外に多い。ここでは大手テック企業の内部に隠された5つの巨大ビジネスを紹介する。 フェイスブックが190億ドルで買収したWhatsAppのその後 インスタグラムの買収は、マーク・ザッカ ...

  • 投資家・アイカーン「米財務長官に就任」説の真実味

    不動産王のドナルド・トランプが、米国大統領になる可能性があるか知りたいのなら、政治評論家ではなく、投資家のカール・アイカーンの意見に耳を傾けるべきだ。 ヘッジファンドを運用するアイカーンは、人から畏怖され、尊敬される存在だ。アイカーンはApple株の0.93%を所有する。また、天然ガス開発会社Che ...

  • 「ヘッジファンド悪玉論」に反発する“モノ言う株主”

    「アクティビスト・ヘッジファンド(Activist Hedge Funds)」と呼ばれる“モノ言う株主”らが米大企業への圧力を強めてきたことは否定できない。ヘッジファンドは企業変革のため利益を出す時間をせっついたり、株主を役員に加えたりしてきた。そのためウォール街が短期的利益 ...

  • 苦悩するスマホゲーム2大巨頭 King社とZynga社の明暗

    ソーシャルゲーム大手のZynga社は、創業者でビリオネアのマーク・ピンカスが21ヶ月ぶりにCEOに復帰すると発表した。Zynga社はかつて、ファームビルやファームビル2などのフリーミアムゲームで一世を風靡したが、その後業績が低迷。前CEOのドン・マトリックの元でも苦戦が続いていた。デジタルゲーム業界 ...

  • グーグル 新・女性CFO「年俸37億円」の衝撃   

    モルガンスタンレーの(財務責任者CFO)だったルース・ポラット氏(57)はIT最大手グーグルへの移籍により、ウォール街を遥かにしのぐ巨額な報酬を手に入れた。 グーグルが3月26日、監督当局に提出した書類によれば、ポラット氏には2015年に合計3,065万ドル(約37億円)の報酬が支払われる予定。その ...