Forbes JAPAN 編集部

新國 翔大

フォーブス ジャパン編集部 エディター

1991年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、U-NOTE(ユーノート)にてライティング業務に携わる。2015年5月にサムライトに入社。多数のオウンドメディアのコンテンツ制作を行う。2016年7月にBASEに入社。2017年2月よりフリーランスのライター、編集者に転向し、ウェブメディアを中心に複数の媒体で執筆している。Twitter:@n_sh2192

  • 創業から19年目。建設業界のオンライン化を促進させる「ユニオンテック」が9.7億円を調達

    創業19年目──この数字だけ切り取るとスタートアップっぽく聞こえないかもしれないが、現在を“第二創業期”と位置付け、建設業界を変革しようとしている企業がある。建設業界特化のBtoBマッチングサイト「SUSTINA(サスティナ)」や建設職人シェアリングアプリ「CraftBank ...

  • 仮想通貨の税務サポート「Aerial Partners」が1.8億円を資金調達──Web3.0時代の社会インフラ構築へ

    「中央集権型」から「自立分散型」へ──ブロックチェーン技術が普及したことで、プラットフォーマーなどの中央管理者が排除。非中央集権化が進み、データは個人が保有する「Web3.0の時代」がやってくると言われている。自立分散型になることで、ハッカーたちによるデータ侵入やデータ漏洩が減る一方、現在、危惧され ...

  • コードレビュー自動化の「Sider」が数億円規模の資金調達──登録者数は約8000名に

    プロダクトの品質を向上したり、エンジニア同士の知識を共有したりする上で、ソースコードの検査をエンジニア間などで行う「コードレビュー」は欠かせない。しかし、「他の人にコードを見せるのが怖い」や「作業時間が増えて非効率」といった理由から煙たがられることもある。そんなコードレビューにフォーカスし、GitH ...

  • 「引っ越し難民」で需要急増。物置シェアの「モノオク」が資金調達

    レオパレス21は賃貸アパートの施工不良問題で、天井が建築基準法の耐火性能を満たしていない物件の入居者およそ7800人に3月末までの転居を要請。入居者は突然の転居要請に加え、春の引っ越しシーズンと重なることもあり、引っ越し業者の確保の目処も立っていないことから、混乱が広がっている。「引っ越し先も決まっ ...

  • 「ツイッターはつなぎ役の2番」 SNSで引退後のキャリアを切り拓く、田中浩康の新たな生き方

    160kmを超える豪速球、観る人を沸かせる豪快なフルスイング──日本球界を代表するスター選手ではなく、決して目立つ存在ではなかった。ただ、彼がチームにいると安心感をもたらしてくれる。“いぶし銀”という言葉が似合うのが、田中浩康という選手だった。東京ヤクルトスワローズ、横浜De ...

  • 自由奔放だったセレブタレントが、ファンと社会に約束した覚悟 「ファッションを通して、当たり前を変えたい」

    明るい髪の色に、自由奔放な発言。今から10年ほど前、当時としては珍しい“セレブタレント”という独自の立ち位置を築き、一世を風靡した、タレントのマリエ。ファッション雑誌『ViVi』などのモデルとして活躍、そしてバラエティー番組への出演。一時は9つの番組にレギュラー出演するなど、 ...

  • 拡大続ける「国内オンラインデーティング市場」5年後には倍増 1037億円規模に

    オンラインデーティングをきっかけに知り合い、結婚した──そんな報告を耳にする機会も、ここ数年で格段に増えた気がする。若者にとって、オンラインデーティングサービスを通じて異性と出会うのは、当たり前の手段になってきている。北米を中心にブームが起き、日本へとやってきたオンラインデーティングの文化。現在、ど ...

  • キーワードは「ありのままで」──m-floが明かす、日本がグローバルで「勝つ方法」 

    2018年11月27日、虎ノ門ヒルズで開催されたカンファレンス「PR3.0」に登壇した、m-floのVERBALと☆Taku Takahashi。前編では「日本と海外の違い」について語られた。後編では、グローバルにおける日本の戦い方について言及した。昨今、海外の音楽市場はK-POPがブームを席巻して ...

  • WeWorkが名古屋に進出 12月には渋谷に最大規模の拠点も

    2019年1月23日、WeWork Japanが名古屋で初の拠点「WeWork Global Gate(WeWork グローバルゲート)」を2019年5月に開設することを発表した。東京、横浜、大阪、福岡に次いで、5つ目の都市への進出となる。同拠点は、2017年に開業し名古屋の新たなランドマークとして ...

  • 飲食業界の人手不足、解消へ。スキマ時間で「すぐ働けて、すぐ稼げる」サービスが登場

    昨今、深刻な人手不足に陥っているのが飲食業界だ。2018年12月に求人検索エンジン『スタンバイ』 が発表した調査によれば、飲食業界の有効求人倍率は4.18倍に達したという。これは志望者1人に対し、 4社〜5社が「うちに来てください」と声をかける状態。『リクルートエージェント』における、2018年12 ...

  • なぜ、宇多田ヒカルは世界でヒットしたのか?m-floから見た「日本と海外の違い」

    2018年11月27日、虎ノ門ヒルズで開催されたカンファレンス「PR3.0」。数あるセッションの中で、異彩を放っていたのがm-floの2人が登壇したセッションだ。「m-floが考えるグローバルPR ー「カルチャー」でつながる新しいLDHのプラットフォーム構想」と題し、VERBALと☆Taku Tak ...

  • ネットフリックスが決算を発表 「我々の競合はゲーム企業」

    先日、米国で全プランの値上げを実施することを発表したネットフリックス。この意思決定には市場も好意的な反応を示しており、同社の株価は6%以上の値上がりを見せた。そんなネットフリックスが1月17日、2018年第4四半期(10月-12月)の決算を発表した。その内容からは同社の好調ぶりが伺える。2018年の ...

  • 衆安保険とGrabが合弁会社を設立 東南アジアでネット保険事業の展開へ

    アリババのジャック・マー(馬雲)、テンセントのポニー・マー(馬化騰)、平安保険のマー・ミンジェ(馬明哲)の「三馬」が中心となり、2013年に設立された衆安保険。いまや時価総額740億香港ドル (1兆円)を超えた同社は、InsurTech(インシュアテック)企業として世界初のユニコーン企業となった。2 ...

  • ZOZO x WEAR x 同志社大で共同研究 データに基づきコーディネートをAIが提案へ

    ファッションを数値化し科学的に証明する、ZOZOグループのプロジェクトチーム「ZOZO研究所(ZOZO RESEARCH)」。同チームは1月15日、同志社大学 桂井麻里衣助教の研究グループとともに、自社グループが運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」のビッグデータを活用し、ファッション ...

  • Googleカレンダーの空き時間を自動抽出 ありそうでなかった日程調整アプリが登場

    5〜6人など複数人でのミーティングを調整する際、厄介なのが日程調整だろう。みんなが空いている日程があったと思ったら、1人だけ予定が埋まっていたり。全員が空いている日程を探すのは、なかなか骨が折れる作業だ。そんな複数人のミーティングを調整する際の面倒な作業を解決してくれるサービスが登場した。TIMEP ...

  • 保険営業の生産性向上を目指す「hokan」が1.4億円を調達、今後はAIの活用も

    ここ数年で頻繁に耳にするようになった言葉「◯◯Tech」。金融、人事、教育などIT化が遅れていた産業、業界がテクノロジーの活用によって、新たな価値を提供し始めている。数ある産業の中でも、昨今、注目を集めているのが保険業界にテクノロジーを掛け合わせた「InsurTech(以下、インシュアテック)」の領 ...

  • 2019年イッキ見したい、ネットフリックスで配信予定の「注目作品」

    年々、コンテンツ制作費を増大させ、オリジナル作品の制作に一層力を入れているネットフリックス。2018年はアニメ「DEVILMAN crybaby」の世界同時配信に始まり、12月にはベネチア国際映画祭でSVODとしては初の最高賞「金獅子賞」、そしてゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞と監督賞をW受賞し ...

  • サイバーエージェント「藤田ファンド」が再始動 凍結から約4年

    100億円規模の資金をもとに、ベンチャー・スタートアップへの投資を行なっていく──。その号令のもと、2013年10月に始動したサイバーエージェントの「藤田ファンド」。ウォンテッドリーやクラウドワークス、BASEなどの企業に投資を行っていたが、2014年秋に凍結。以後、何の音沙汰もなかったが、新年早々 ...

  • 羽田空港にLDH流の「食とエンタメ空間」 通過でなく滞在する場所へ

    三が日も終わり、年末年始休暇もそろそろ終盤。週明けの仕事初めに向け、この週末に帰京する人も多いのではないだろうか?そんなUターンラッシュで賑わうことが予想される東京・羽田空港には先日、複合商業施設「THE HANEDA HOUSE」がオープンした。第1旅客ターミナル5階に位置する同施設には、「通過す ...

  • 休暇中にまとめて観たい! ネットフリックスCEOが自ら薦める4作品

    日々、トップ画面を開くと更新されている新作コンテンツ。そして、どんどん溜まっていくマイリスト。まとまった休暇を使って、ネトフリ生活を楽しもうとしている人は多いだろう。筆者もそのひとりだ。とはいえ、膨大な数の作品……。一体、何を観ればいいものか。先日、シンガポールで開催され ...