CONTRIBUTOR

Pamela N. Danziger

.

I am a market researcher, speaker and author focused on the affluent consumers’ behavior and mindset, including the HENRYs (high-earners-not-rich-yet) mass affluent. I am a market researcher, speaker and author focused on the affluent consumers’ behavior and mindset, including the HENRYs (high-earners-not-rich-yet) mass affluent. I founded Unity Marketing in 1992 as a research-led marketing consultancy, following a corporate career in research and information management. Starting with my first book, “Why People Buy Things They Don’t Need,” I’ve written seven others, including “Putting the Luxe Back in Luxury.” In 2016 I added “Shops that POP! 7 Steps to Extraordinary Retail Success” and “What Do HENRYs Want?” to my bibliography. I am a member of The Home Trust International’s Leaders in Luxury + Design and Jim Blasingame: The Small Business Advocate’s Brain Trust. In addition to Forbes.com, I contribute to “The Robin Report,” and appeared on CNBC’s “Costco Craze.” I hold a Master of Library Science degree from the University of Maryland.

  • 米GAPの定期購入サービスは顧客の心をつかめるか

    定期購入(サブスクリプション)プログラムは、大手ブランドが熱心にその導入を進め、急速に普及しているビジネスモデルだ。よりパーソナライズされた顧客サービスに対応するため、選択肢があふれる小売市場での適切性に関する消費者のニーズに対応するための一つの方法と見なされている。実店舗やオンラインという従来の販 ...

  • 米国が求める組織トップの責任と良心、スタバCEOは示せたのか

    世界の7000社以上を対象に企業の評判を数値化して公表している米コンサルティング会社レピュテーション・インスティテュート(RI)によれば、同国のコーヒーチェーン大手スターバックスの今年の国内でのスコアは、66.6だ。上位100社に入るには、最低72.5ポイントが必要だった。スターバックスのケビン・ジ ...

  • ZARAの成功を支えるマーケティング戦略と4つの「E」

    スペイン発のファストファッションブランド「ZARA(ザラ)」は、拡張現実(AR)を体験できる店舗を増やし、ミレニアル世代の消費者を実店舗に引き寄せている。消費者の好奇心をかき立てることは、マーケティングにおいて最も強力な「プル戦略」(買い手が自発的に売り手にアプローチするよう仕掛けるマーケティング) ...

  • トランプがアマゾンに仕掛ける「戦い」、消費者も犠牲に

    ドナルド・トランプ米大統領のアマゾン・ドットコム、そしてその最高経営者(CEO)であるジェフ・ベゾスに対する態度は、あまり明快なものではない。アマゾンが商品の価格を高騰させたという根拠は、誰にも示すことができないからだ──実際のところ、多くの商品はアマゾンのおかげで、より安く入手できるようになってい ...

  • 米消費者がH&Mに背を向ける6つの理由

    ファストファッション大手、H&Mが混乱している。カール・ヨハン・パーソン最高経営責任者(CEO)は直近の決算結果について、「実店舗に弱みがある。オンラインでの売り上げが伸びる一方、実店舗の来店客数は減少している」と述べた。同CEOによれば、品揃えと商品の構成に関するバランスの悪さも、業績に悪影響を与 ...

  • 高級ブランドのオンライン戦略、グッチが一歩リードか

    世界中のウェブサイトの解析などを行い、消費者や競合他社のサイトに関する情報を提供するイスラエルのシミラーウェブ(SimilarWeb)は先ごろ、2017年中にサイトの効率性が最も向上した各部門の上位3社を明らかにした。シミラーウェブが解析を行っているのは、世界各国の8000万以上のウェブサイトだ。そ ...

  • 食料品オンライン販売はアマゾンが優勢 市場は11兆円規模に

    米国の生鮮食料品のオンライン販売の売上高は2025年、生鮮食料品の売上高全体の20%に当たる1000億ドル(約11兆円)規模に達すると見込まれている。米食品マーケティング協会(FMI)と調査会社ニールセンが共同で行った調査によれば、米国の生鮮食料品市場は、同年までに6410億ドル規模に拡大。オンライ ...

  • 苦闘する米ファッションブランド、9社は「瀕死」の状況か

    米国のファッション業界を見回してみると、サクセスストーリーよりも失敗例の方が多いことが分かる。消費者たちは、各ブランドが提供するものの多くを買わなくなっている。衣料品・服飾品の売上高は2017年、前年比わずか1.1%の増加となった。さまざまな兆候から見て取れるのは、衣料品小売業には「定常状態」が続く ...

  • 「ハロウィンは犬も一緒に」、米小売業界が期待の新トレンド

    米ペンシルベニア州には、ペットのためのライフスタイル・センター、「ゴドフリー」がある。この店のオーナーたちはペットを中心とした生活を送り、「犬は家族」を信条としている。この店では、最高品質のペットフードやアクセサリー、ペットをモチーフにしたギフトを販売しているだけではない。ペットの栄養や医療に関する ...

  • 米小売業界が「26歳」に注目する理由

    米国の26歳は、同国の小売業界がぜひともその関心を引きたい年齢の人たちだという。約480万人いるこの年齢の消費者は、人口に占める割合が最多となったミレニアル世代の中でも、最も数が多いからだ。ベビーブーム世代(1946~64年生まれ)の人口は、約7400万人。一方のミレニアル世代(1980~2000年 ...

  • 社名変更の「コーチ」を待ち構える厳しい現実

    企業にとって、社名変更は一大事だ。重要なブランド知名度を失い顧客を困惑させ、自らに差し迫った危険を招く可能性がある。米フォーチュン誌に以前に掲載された記事は企業の社名変更について、次のように述べている。「そのブランドにとって善かれあしかれ、企業が戦略を展開する中で、社名が変更されることはある&hel ...

  • ジミー・チュウ買収のマイケル・コース、「前途多難」と見る理由

    ファッションブランドのマイケル・コースは、12億ドル(約1330億円)という多額を注ぎ込み、ジミー・チュウとの「結婚」の合意にこぎつけた。だが、ハネムーンの期間が過ぎたら、両社を待ち受けているのは困難の多い道のりだろう。販売の低迷が続くマイケル・コースは今回の買収によって、売上高を大幅に引き上げるこ ...

  • ティファニーが抱える「本当の問題」とは何なのか

    「クールさ」を取り戻す方法を模索──米宝飾品大手ティファニーの現状について、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は7月9日、トップページでこう報じた。記事は主に、同社の現在の危機的状況を招いた原因は経営陣の一部にあると伝えている。特に批判の矛先が向けられたのは、前最高経営責任者(CEO)のフレデ ...

  • ナイキの新たな「デジタル戦略」、東京など世界12都市を重点化

    米スポーツ用品大手ナイキは今年、好調なスタートを切ったとはいえなかった。3月には2017年度第3四半期(16年12月~2月期)の世界全体の売上高が前年同期比5%増となり、同社にとって最大の市場である北米では、同4%増にとどまったことを発表した。ナイキにとって、満足のいく成長ペースではないことは明白だ ...

  • トップ交代のJ.クルー、必要なのは「消費者中心」思考

    最高経営責任者(CEO)の退任を発表した米国のアパレルブランド、J.クルー(J.Crew)には、先に経営トップの交代を決定したラルフローレンとの間に多くの類似点がある。両社はともに、長年にわたってファッションに関する明確なビジョンを持ったリーダーに率いられてきた。トップはいずれも米国の消費者、特に経 ...

  • ラルフローレン幹部らが語る「新CEOに必要なもの」

    ラルフローレン(RL)は5月17日、退任したステファン・ラーソン前最高経営責任者(CEO)に代わり、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の幹部パトリス・ルーベを新CEOに迎えると発表した。売上高が前年比で10%減少するなど苦境に立たされるRLは、何とか業績好転を実現させなけれ ...