CONTRIBUTOR

Janakiram MSV

I cover Cloud Computing, Machine Learning, and Internet of Things

Janakiram MSV is an analyst, advisor and an architect at Janakiram & Associates. He was the founder and CTO of Get Cloud Ready Consulting, a niche cloud migration and cloud operations firm that got acquired by Aditi Technologies. Through his speaking, writing and analysis, he helps businesses take advantage of the emerging technologies.

Janakiram is one of the first few Microsoft Certified Azure Professionals in India. He is one of the few professionals with Amazon Certified Solution Architect, Amazon Certified Developer and Amazon Certified SysOps Administrator credentials. Janakiram is a Google Qualified Cloud Developer. He is recognised by Google as the Google Developer Expert (GDE) for his subject matter expertise. He is awarded the title of Regional Director by Microsoft Corporation. Janakiram is a guest faculty at the International Institute of Information Technology (IIIT-H) where he teaches Big Data, Cloud Computing, Containers, and DevOps to the students enrolled for the Master's course. He is an Ambassador for The Cloud Native Computing Foundation.

Janakiram was a senior analyst with Gigaom Research analyst network where he analyzed the cloud services landscape. During his 18 years of corporate career, Janakiram worked at world-class product companies including Microsoft Corporation, Amazon Web Services and Alcatel-Lucent. His last role was with AWS as the technology evangelist where he joined them as the first employee in India. Prior to that, Janakiram spent over 10 years at Microsoft Corporation where he was involved in selling, marketing and evangelizing the Microsoft application platform and tools. At the time of leaving Microsoft, he was the cloud architect focused on Azure.

  • マイクロソフト製「コンピュータビジョン」開発キットの実力

    コンピュータビジョンは、AIの導入事例として最も普及したものの1つだ。顔認識を使ったユーザー認証や、在庫のトラッキングなどコンピュータビジョンは幅広い分野で活用されている。コンピュータビジョンのアルゴリズムを使うためには、ニューラルネットワークのアーキテクチャに関わる専門知識が求められ、開発者にとっ ...

  • 人工知能の次世代を担う「エッジAI」テクノロジーの威力

    大手テック企業らは近年、「マシンラーニング(機械学習)とAI(人工知能)を民主化する」と盛んに述べている。しかし、機械学習とAIは、コンピュータサイエンスと同じくらい領域が広く、複雑でもある。こうした課題を解決してくれるのが、シアトルに本拠を置くスタートアップ「Xnor.ai」だ。同社は、クラウドで ...

  • アリババとインテル、東京五輪で「選手を3D追跡する技術」提供へ

    米ラスベガスで開催中の家電見本市CESで、インテルとアリババが2020年の東京五輪に向けて、AI(人工知能)を駆使したアスリートの3Dトラッキング技術を開発中であることを発表した。この技術はインテルがアリババのクラウド向けに開発した、ハードウェアをベースとしたものだという。「3D Athlete T ...

  • AIチップ競争も激化、2019年注目の「人工知能」5大潮流

    2018年は、機械学習やAI(人工知能)を用いたプラットフォーム、アプリケーションの飛躍的な普及が見られた。これらのテクノロジーは、インターネット業界だけでなく、ヘルスケアや農業など様々な業界に多大な影響を及ぼしている。今後は機械学習やAI関連のテクノロジーがますます進化を遂げることが予想される。2 ...

  • ソフト開発の最先端を走るYコン出身企業、「Armory」の実力

    カリフォルニア州本拠の「Armory」は、ネットフリックスが開発したソフトウェア開発支援プラットフォーム「Spinnaker」を最も初期に商用利用化したスタートアップ企業の一つだ。コンテナやマイクロサービス、クラウドネイティブなテクノロジーの普及によって、ソフトウェア開発の現場は様変わりし、かつてな ...

  • マイクロソフトが買収した「強化学習AI」企業の破壊的パワー

    マイクロソフトはAI関連のスタートアップ企業「Bonsai」を買収すると発表した。BonsaiはAI領域で “強化学習(reinforcement learning)”に強みを持つ企業として知られ、買収によりマイクロソフトは自律システムや産業用制御システム分野を強化することが ...

  • 「AIで失明の兆候を発見」 グーグルが医師と連携で診断開始

    失明の大きな原因の一つが、糖尿病が原因で網膜にダメージが生じる糖尿病性網膜症だ。アメリカ糖尿病図書館のデータによると、糖尿病と診断された米国人の40%以上が、糖尿病性網膜症の兆候を示している。国際糖尿病連盟は世界で4億1500万人に及ぶ糖尿病患者らが、糖尿病性網膜症の危機にさらされていると推定する。 ...

  • 「AIを民主化」するスタートアップ マイクロソフトらも支援

    カリフォルニア州バークレーに本拠を置くAIスタートアップのBonsaiが目指すのは、「AIの民主化」だ。TensorFlow、MXNetなどの機械学習やディープラーニングのフレームワークに比べて、導入が格段にシンプルなのが特徴だ。「AIの民主化」というスローガンは、AIツールを提供する多くの企業が掲 ...

  • マイクロソフトの企業向け「IoT」プラットフォームの全貌

    マイクロソフトはIoTプラットフォームにエッジ分析やデバイス管理を行う新機能を追加した。同社は、IoTの構築・運用に必要なエンド・ツー・エンドソリューションを提供する数少ない企業の一つで、「Windows 10 IoT Core」から「Power BI」まで包括的なIoTサービスをエンタープライズ向 ...