CONTRIBUTOR

John Koetsier

Journalist. Analyst. Futurist. Dreamer.

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem. I've been a journalist, analyst, and corporate executive, and have chronicled the rise of the mobile economy. Before joining TUNE, I built the VB Insight research team at VentureBeat and managed teams creating software for partners like Intel and Disney. In addition, I've led technical teams, built social sites and mobile apps, and consulted on mobile, social, and IoT. In 2014, I was named to Folio's top 100 of the media industry's "most innovative entrepreneurs and market shaker-uppers.” I live in Vancouver, Canada with my family, where I coach baseball and hockey, though not at the same time.

  • フェイスブックは「50年後に死んでいる」 米国人の8割が悲観的

    米国人の大半は、フェイスブックは今後50年のうちに死ぬと考えている。一方で、グーグルは50年後も生き延びていると思う人が多い──。3240名を対象とした調査レポートでこの結果が明らかになった。米国の大手テック企業大手はその社名の頭文字をとって、“GAFA”と呼ばれることが多い ...

  • トランプを勝利させた「謎のビッグデータ企業」CEOの激白

    トランプの大統領選勝利に貢献したデータ分析会社、「ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)」は、これまで関わった選挙で無敗の記録を持つという。「我々はこれまで30から100の選挙戦を戦い、100%の勝率を誇る」と、同社のCEO、Alexander Nixはポルトガルのリス ...

  • 5年後には仮想通貨が主要な決済手段になる、著名投資家の見方

    2014年にティム・ドレイパー(Tim Draper)は2000万ドル(約23億円)足らずの金で3万ビットコインを購入した。現在ではそのビットコインの価値は約2億1400万ドル(約243億円)相当に膨らんでいる。ドレイパーはスカイプやテスラ、ツイッターの初期投資家として知られるベンチャーキャピタリス ...

  • AIは数十年で人間の知性を超える、ホーキング博士が警告

    11月6日、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士がポルトガルのリスボンで開催のWeb Summitにテレプレゼンス(高解像度の映像で行われるビデオ会議)で参加し、AI(人工知能)が人類に与える脅威について語った。「AIは独自の意思を持ち始める可能性がある」とホーキング博士はコンピュータで生成さ ...

  • アップストアのARアプリ「1000個を突破」 ティム・クックが宣言

    アップルCEOのティム・クックは11月2日の第3四半期決算発表の場で、アップストアで公開中のAR(拡張現実)アプリの数が既に1000タイトルを突破したと発表した。クックはARアプリの未来に大きな可能性を感じている。「ARアプリの個数が短期間で1000以上に達したことは、2008年にアップストアを立ち ...

  • ビットコインが理解できない米国人 11%が「所持は違法」と回答

    ビットコインやイーサリアムなど、各種の仮想通貨の時価総額の合計は、今や1820億ドル(約20兆円)を突破した。また、仮想通貨を用いた資金調達ICO(イニシャル・コイン・オファリング)により調達される資金の規模は、ベンチャーキャピタルからの調達額を超えたとの見方もある。しかし、ほとんどの米国人にとって ...

  • リフト幹部が語る自動運転の「AI実用化」 4つの課題

    配車サービスのリフト(Lyft)で機械学習部門を率いるGil Arditiは10月24日のカンファレンス「VB Summit 2017」に登壇し、ステージ上で他のメンバーらとAIの実用化と競争の優位性の構築についてディスカッションを行った。リフトは先日、グーグルなどから新たに10億ドル(約1136億 ...

  • 50ドルで可能なFB上の「偽ニュース」拡散 広告関係者が実証

    フェイスブックを用いた偽のニュースの拡散は、驚くほど低コストで実現可能なことが分かった。マーケティング企業「MobileMonkey」のラリー・キムCEOは先日、Mediumに投稿した記事で、「1時間で制作した偽のニュースサイトとそのサイトのフェイスブックページを、50ドル分のフェイスブック広告で宣 ...

  • グーグルも本格参入、声で買い物する「Vコマース」の新潮流

    暮らしの中に存在するあらゆる電子デバイスに、AIアシスタントが搭載されようとしている。アマゾンやグーグルらが相次いでAIスピーカーを市場に投入する一方で、様々なデバイスが音声操作に対応し、それらは究極的には新たなEコマースの流れを生み出すことになる。その新たな流れというのが、声でショッピングを行うV ...

  • 親孝行に使えると話題のARアプリ「チョーク」の実力

    故郷の年老いた両親にパソコンや家電製品の使い方を電話で教えるのは、非常に骨の折れる作業だ。そんな場面で活躍するARアプリが「チョーク(Chalk)」だ。Vuforiaという企業がリリースしたこの拡張現実アプリは、テック製品のサポートだけでなく様々な場面で活用できる。チョークの特徴は、その名の通り相手 ...

  • 絶好調のフェイスブック広告、次期決算も売上50%増予測

    シティリサーチ(Citi Research)がフェイスブックの次期決算予測を発表した。それによると、フェイスブックの広告売上は前年同期比で47%増になるという。また、10億ドルの広告費をソーシャルメディアに投じる広告代理店の一社も、今年7月のフェイスブックとインスタグラムへの出稿費が前年同期比で88 ...

  • アップルウォッチ所有者の半数が「Series 3」を購入予定 米調査

    現在アップルウォッチを所有する人の約半数が、9月22日に発売の「Apple Watch Series 3」の購入を考えているという。このデータは調査企業Fluentの2500名を対象とした調査で明らかになった。これが事実であれば、アップルは既存ユーザーの“乗り換え需要”のみで ...

  • 急拡大のAR市場、2023年に「4兆円突破」 米調査企業が報告

    テクノロジー業界で今後大きな成長が期待されるのがAR(拡張現実)だ。ここ数ヶ月でアップルの「ARKit」やグーグルの「ARCore」等、新たなAR向けフレームワークが発表された。調査企業Greenlight InsightはARデバイスやARコンテンツの売上が、2023年には364億ドル(約4.1兆 ...

  • ストリーミング「Tidal」が予想外の好調 売上は米音楽アプリ5位に

    音楽業界関係者の誰もが失敗に終わると予測した、ラッパーのジェイ・Zが運営するストリーミングサービス「Tidal」が予想外の成功を収めているようだ。アプリのダウンロード数や売上を調査するプラットフォーム、App AnnieのデータによるとTidalは米国のアップストアの売上の総合ランキングで現在36位 ...

  • iPhone Xの「顔認証」採用は警察にとっては朗報か

    アップルは9月12日、新社屋内のスティーブ・ジョブズ・シアターにおいて、iPhoneの10周年記念モデル「iPhone X」(Xの読みはテン)を発表した。同時にiPhone 8やiPhone 8 Plusも発表されたが、iPhone Xが他の端末と大きく違うのは、ロック解除方法がフロントカメラを用い ...

  • スナップチャット、2019年に売上「3300億円」突破へ 米シティ予測

    シティリサーチ(Citi Research)の調査によると、スナップチャットの運営元のSnapの売上は2019年に30億ドル(約3300億円)を突破するかもしれない。一方でインスタグラムの2019年の売上は100億ドル(約1兆1000億円)に届きそうだ。シティリサーチは8月8日、スナップチャットの今 ...

  • アプリ開発者の最大の収入源は「動画広告」 全体の33%が採用

    スマートフォン向け動画広告配信プラットフォームの「AdColony」のデータによると、上位のアプリ開発企業の33%が動画広告を採用しているという。また、アプリ開発企業の売上の55%が広告からもたらされている。AdColonyはアプリのマネタイズ分野の主要プレイヤーの一つとして知られ、トップ200アプ ...

  • 「海賊版アプリ」被害は年間4400億円 中国等で違法コピー横行

    モバイルアプリの開発者やパブリッシャーらは年間30〜40億ドル(約4400億円)の損失を、海賊版アプリに奪われている。モバイル広告企業のTapcoreによると、不正に取得したコンテンツを用いたアプリが、世界で年間140億インストールもされているという。しかし、ここで言う海賊版アプリは欧米の消費者たち ...

  • 北米「IoT企業」3000社リポート、調達資金総額は14兆円

    北米のIoT企業2888社はこれまでに34万2000人の雇用を生み出し、1250億ドル(約14兆円)の資金を調達し、6130億ドル(約70兆円)の価値を創出したことが最新のレポートにより明らかになった。これらの企業のうち、95社は評価額が10億ドルを超えるユニコーンだ。このデータは調査企業Spoke ...

  • ロボットが仕事を奪う「第5の波」 米国で1千万人が失業の可能性

    調査企業CB Insightsの最新データによると、AIやロボットの普及により1050万人の米国人が仕事を失う“ハイリスク群”とみなされるという。最もリスクが高いのは、食品加工業や調理に従事する人々だ。ファストフード業界では既にロボットの導入が進み、機械がハンバーガーのパティ ...