CONTRIBUTOR

J. Maureen Henderson

I write about early career issues.

I am a journalist, entrepreneur and marketing firm founder. I write about higher ed and early career issues. Pithily. I was pontificating about Millennials and Millennial culture back when they were still known as Gen Y.

  • 秋の憂鬱を乗り越える5つの方法

    季節はすっかり秋となった。美しい季節ではあるが、日が短くなって寒く暗い日々が近づくとともに、精神的に疲れる年末年始へのカウントダウンが始まる時期でもある。季節性衝動障害(SAD)がない人でも、悲しくなったり、人と話したくなくなったり、ただ疲れ切ってしまったりすることが多い。ここでは、秋の不調を乗り越 ...

  • 最終選考での不採用が良いことと言える理由

    私は最近、就業中の友人から、転職活動についての不満を耳にした。求職者によくある不満といえば、応募書類を送ったのに音沙汰がないことや、優秀な人材を安い給料で採用しようとする会社についてだが、彼女の問題は少し違っていた。彼女は非常に経験豊富で、履歴書とカバーレターも素晴らしい内容であるため、求人広告で興 ...

  • 最高のワークライフバランスを達成する4つのコツ

    世の中には、油断すると仕事に完全にのまれてしまうタイプの人がいる。こうした人々は、不安や競争心、さらには有害な「情熱」に突き動かされ、仕事と私生活のめりはりをつけるのに苦労しがちだ。一方で、睡眠を犠牲にすることなく仕事で素晴らしい成功を収める人もいる。このタイプは、人間らしい生活を送りつつも仕事で成 ...

  • 職場での不機嫌は「辞め時」のサイン

    仕事で難題に直面することは誰にでもある。プロジェクトの中には他よりも手間がかかるものもあり、締切りに間に合わせるためにラストスパートをかけてストレスがたまることや、時間がゆっくりとしか進まないように感じる停滞期もある。では、一時的なけん怠期と、転職活動を始めるべき兆候である慢性的な停滞期はどう見分け ...

  • 「辞めたいけど辞められない」 そう言う人がついている4つのうそ

    トランプ政権の高官らが次々と自主的・強制的に辞任する中、米メディアのアクシオス(AXIOS)は最近、他の高官たちが(当然ながら匿名で)語った「私が辞めない理由」を紹介する興味深い記事を掲載した。彼らが挙げた理由は驚くようなものではない。機能不全かつ有害な職場環境となっているとされるホワイトハウスで高 ...

  • 仕事大好き人間を雇ってはいけない理由

    私は先週、ある知人の男性と採用について話した。彼がちょうど候補者の採用面接をしているところで、どんな人物を求めているかは大体知っていたので、私はちょっと変わった質問をしてみた。「このポジションでうまくやっていけないのはどういう人?」彼の答えは、「寝ても覚めても仕事のことしか頭にない人」だった。これは ...

  • 米国の皆既日食 「経済損失760億円」は騒ぐべき額なのか

    皆既日食の観察には、誤って網膜を傷つける以外の危険もあるようだ。米国で21日に起きた皆既日食では、数十年に一度、2分半ほどしか続かないこの現象に従業員が目を向けることで企業の生産性が7億ドル(約767億円)分低下するという“戦慄”の予測が飛び出した。この数字を計算した米再就職 ...

  • 生産性を奪う夏 暑さで効率が上がる作業とは

    今年も夏の盛りが到来した。もし生産的に仕事をこなす計画が立て続けに失敗しているのなら、その原因は天候にあるかもしれない。記録破りの猛暑が当たり前となったこの恐ろしい時代、気温上昇が創造的な仕事にどんな影響を与えるのかを考えてみる価値はある。答えは端的に言えば「悪影響」だ。バージニア大学とヒューストン ...

  • 米ミレニアル女性、キャリアでは情熱より現実主義を優先

    1980年以後に生まれた、いわゆる「ミレニアル世代」の女性は、キャリア選択では自分の情熱よりも現実主義を優先する傾向にあることを示す調査結果が発表された。採用関連ソフトウエアを開発する米企業ジョブバイト(Jobvite)がミレニアル世代を対象に実施した最近の調査からは、キャリアに対する考え方にはいく ...

  • 自信のない上司が持つ5つの特徴

    経営幹部や副社長などの要職に就く人なら誰しもが自分のリーダーシップ能力にある程度の自信を持っているはずと思っているのならば、それは間違いだ。幹部たちの張り子の虎はちんけなもので、その兆候に気付きさえすれば、自分を偽りながら出世の階段を上ってきたのが誰かを簡単に見分けられる。以下にその手がかりを幾つか ...

  • 「いい人」の下で働いてはいけない3つの理由

    ダメな上司とはどんな人間なのかが分かるまでには、新人ですらそれほど長くはかからない。ちょっと仕事をしただけでも、こんな上司の下では働きたくないという例はたくさん思い当たるだろう。無礼な上司、敵対的な上司、批判ばかりする上司、ぼんやりした上司、威圧的な上司、残酷な上司、自分勝手な上司など、例を挙げれば ...

  • 自尊心でキャリアを台無しにしていませんか?

    私は最近、聡明で優秀な女性2人とコーヒーを飲み、それぞれの仕事について話した他、エゴ(自尊心)について、そしてそれがキャリア関連の決断に与える影響(決断基準を自尊心だけに頼ってしてしまったこと、もしくはし損ねたこと)について、とても興味深い会話を交わした。会話の内容は多くの示唆に満ちていた。思い返せ ...

  • 劣悪な職場を逃れた後、休憩期間を設けるべき理由

    ひどい仕事は、トラウマを生むこともある。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を崩し、天井知らずのストレスを生み、健康を害し、社会人や人としての価値に疑問を抱かせる。ひどい仕事に就いていると、より良い場所へ今すぐ逃げ出したいという衝動に駆られる。どんな仕事であれ、ここよりはましに違いない──と ...

  • 賢い人が仕事で犯す3つの愚かな過ち

    学校を輝かしい成績で卒業し、勤務先では常に活躍、元上司からの推薦状には賞賛の言葉が並ぶ──。そんなあなたは自分を追い込み、結果として出世街道をほぼ順調に進んできた。おめでとう! あなたは、どんな企業も欲しがるものの、そのうちの一握りしか手に入れられないようなトップレベルの人材となった。だが、優等生で ...

  • 高まる若者の有名人願望、3割近くが「なれるなら仕事をやめる」

    医師か弁護士か、それともユーチューバーか──?ミレニアル世代の若者たちに「将来は何になりたいか」と尋ねれば、医師や他の人から敬われる立場になることよりも、インスタグラムでダイエット用のお茶を宣伝して「有名になること」と答える人の方が多いかもしれない。少なくとも、ソーシャルメディアを通じて優れた才能を ...