FORBES STAFF

Ellen Huet

テクノロジーと、私たちの影響に関する執筆を担当。

私はサンフランシスコをベースに活動してる、フォーブステクチームのレポーターです。私はテクノロジーのニュースをカバーし、テクノロジーはそれを作った人々にどのように影響するかということを執筆しています。フォーブスの前はサンフランシスコ・クロニクルでテクカルチャーを担当し、報道ニュースや犯罪関連を学びました。ついったーでのフォローをお願いします@ellenhuetまたはヒント、アイデア、フィードバックを送ってくださいehuet[at]forbes.com。

  • 死後の「SNSアカウントはどうなる」論争の行方

    アメリカ人の多くは、自分の死後にオンラインサービスのアカウントを管理する人を決めていない。死後もアカウントを記念碑として残してほしいと願うユーザーがいる一方で、半数以上はアカウントを削除してほしいと思っていることが、4月21日に公表された調査結果でわかった。 これまでは、登録者が死去した後のアカウン ...

  • 楽天が出資のリフトVS ウーバーの値引き合戦が激化

    配車サービスの最大手、ウーバーを猛追するリフトは先月、5億3,000万ドル(約636億円)の第三者割当増資を実施すると発表した。今回の資金調達は、楽天を主体に行われ、ITニュースサイトのテッククランチによると、これによりリフトの時価総額は、25億ドル(約3,000億円)に達する見通しだ。 ウーバーは ...

  • グーグル Chromebookで狙う学校向け需要

    グーグルは今後Chromebookの学校向けの導入を期待している。Chromebookのシンプルな操作性やメンテナンスの手軽さ、安い価格は教育現場に最適かもしれない。先日、グーグルは昨年、Chromebookが幼稚園から高校までの教育機関向けに最も売れた端末だと公表した。 新型Chromebookが ...

  • ウーバーは「女性の敵」 国連ウィメンが提携を拒絶

    配車サービスのウーバーが国連機関と連携をとり「今後5年以内に女性を対象に100万人の雇用を創出する」と宣言したのは3月10日のこと。しかし、女性の地位向上を目的とする組織「国連ウィメン」との取り組みは、10日足らずで物別れに終わった。水面下で一体、何が起こっていたのか? 国連ウィメンとウーバーの提携 ...