Official Columnist

小国 士朗

番組を作らないNHKディレクターが「ひっそりやっている大きな話」

NHK制作局 開発推進ディレクター。2003年NHK入局。「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」「プロフェッショナル 仕事の流儀」などを制作。2013年に9か月間、社外研修制度を利用し電通PR局で勤務。その後、NHKコンテンツのプロモーションやブランディング、デジタル施策を企画立案する部署で、ディレクターなのに番組を作らない“一人広告代理店”的な働き方を始める。主な企画に、150万ダウンロードを突破した「プロフェッショナル 仕事の流儀」のアプリの企画開発や福祉番組「ハートネットTV」と連動しながら社会課題の解決を目指す「ソーシャルグッドプロジェクト」など。

  • NHKがAI野球解説「ZUNOさん」を作った理由

    今年のプロ野球日本一を決める日本シリーズは、大接戦の末、ソフトバンクの優勝で幕を閉じました。実はその裏で、もう一つの熱い戦いが繰り広げられていたのですが……その戦いとは「人工知能VS全野球ファン プロ野球!投球予測バトル」です。2017年春、NHKは「AI(人工知能)野球 ...

  • 注文をまちがえる料理店、世界に広がるか「てへぺろ」の輪

    9月16~18日に「注文をまちがえる料理店」を六本木で開催しました。300人ほどのお客様がお越しになり、大盛況のうちに終わりました。と言われても、そもそも「注文をまちがえる料理店」ってなんなんだよという方もたくさんいらっしゃると思います。これは一言でいうと「注文を取るホールスタッフが、みんな&ldq ...

  • 僕が「番組を作らないディレクター」になった理由

    「番組を作らないディレクターって変わっていますよね」ってよく言われます。先日、社会人大学院で講師をさせて頂いたのですが、そのときも司会の方に言われました。「今日の講師の小国さんです(会場拍手)。小国さんは変わっていて、えーとなんでしたっけ、あのフォーブス ジャパンの自己紹介にも書いてあった、変わった ...

  • 過去の広島へ、は不謹慎か 「NHKのタイムマシン」制作の舞台裏

    「NHKのタイムマシン」というアプリを作りました。これは、NHKが所有するアーカイブ映像の中に入って、まるで過去にタイムトラベルしたような感覚を味わえるというアプリです。あの映画「フォレストガンプ」でトム・ハンクス扮するフォレストが、ケネディ大統領と面会したり、ピンポン外交をやったり、ジョン・レノン ...

  • 「注文をまちがえる料理店」のこれまでとこれから

    「注文をまちがえる料理店」というプロジェクトを立ち上げました。このちょっと不思議な名前のレストラン。6月頭の2日間、都内某所で、たった80人ほどのお客さんを招いただけの、ひっそりとしたプロジェクトになる……はずだったのですが、想像をはるかに上回るとんでもない反響を呼ぶこと ...

  • イソップ物語に学ぶ、大事なことを「伝える力」の磨き方

    大事なことが伝わらない。いや、大事なことほど、なぜか伝わらない──。誰もが、そんなもどかしい思いに身をよじらせたことが、一度や二度はあるのではないでしょうか。最近でいえば、国が大号令をかけている『働き方改革』。社内に向けて「残業をしないで早く帰ろう!」と必死で音頭をとっているのになかなか浸透しない( ...

  • ちょっとズレてる「NHK1.5チャンネル」の変な中身

    俳優、音楽家、文筆家として活躍される星野源さんが、先日「第9回伊丹十三賞」を受賞されました。その中のスピーチで星野さんが話していた言葉がすごく心にひっかかったんです。ちょっと長くなりますが引用しますと、「どこへ行っても『一つに絞らないの?』とか、『何がいちばんやりたいの?』とか言っていただいたんです ...

  • 「あれ、NHKいなくていいのかも?」 一億総カメラマン時代の番組作り

    のっけから他局の話で恐縮ですが…逃げ恥の「恋ダンス」、めちゃめちゃ流行りましたよね。みんなが自由に歌って、踊って、YouTubeにアップして。羨ましすぎるほどの社会現象になっていました。恋ダンスのような、いわゆる“ユーザー参加型”のコンテンツは、ここ数年加速度的 ...

  • 「企業留学」のススメ 僕がNHKを飛び出して知ったこと

    「働き方改革」の議論が高まる中、兼業や副業、出向など他の企業や組織に行くことが推奨される世の中になってきました。かく言う僕もかつてNHKを飛び出して“企業留学”していたことがあります。その行先は、大手広告代理店の電通です。NHKには「国内派遣」という研修制度があります。これは ...

  • 隣のあの子は、なんのプロ? 噂のNHKアプリの「意外な」使われ方

    Forbes JAPAN編集部によると、前回の記事の反応が大変良かったそうです。実際みなさまから頂いたコメントを読んでみると、アプリに対する評価がすこぶる高い。記事をきっかけにアプリをダウンロードしてくださった方も大勢いたようで、本当に嬉しいです。心より感謝申し上げます。一方、僕に対しては「浮かれて ...

  • 150万DLの大ヒットアプリ、NHK「プロフェッショナル 私の流儀」はなぜウケた?

    テレビって、オワコンでしょうか?僕はまったくそんな風に思いません。それどころか最近は「テレビって可能性しかないじゃん、最高っ!」とすら思うようになりました。僕はNHKのディレクターをしています。でも、番組は作っていません。番組ではなく「番組の価値を届ける仕掛け」を作るのが仕事です。この2〜3年で10 ...